フォト

最近のトラックバック

« かんじょう | トップページ | なら瑠璃絵 »

2014年2月11日 (火)

コーン立て

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20140211_103359

 布団代わり(?)にトイレ用のトレイをかぶって寝ている「ちち(仮名)」さん。囲まれた狭いところが大好き、という犬の性質は、大昔、まだオオカミだった頃の記憶から来るものなのでしょうか。柴犬はオオカミの遺伝子を最も色濃く残している犬種だともいわれることにも納得です。

 早朝からアルバイトに出かける娘に起こしてもらったのが午前4時半。そこから風呂に入ったり、昨夜やり残した仕事を片付けたりしていて、気がついたら時計の針が7時を回っていました。今日は奈良市民マラソン開催日。立哨員は7時50分までに受付を済ませて、バスで担当する場所に配送されなければならないので、そこら辺にある防寒着をかき集めて、慌てて家を出ました。カメラもiPhoneも持って行くのを忘れて、肝心の市民マラソンの様子は撮影できませんでした。

20140212_005156

 受付といっても、名前を名乗るわけでもなく、ただ何班に配属されているのかを告げるだけです。黄色いヤッケ、本大会のプログラム、使い切りのカイロ、粗品のタオル、そして軍手を手渡されてしばらく待つと、それぞれの班の責任者が現れてあなたは誰ですか、と名前を確認していくというシステム。事前に何の打合せもせず、当日いきなり集まってくる人たちを掌握するのに適したシステムです。

 小学校や中学校、そして高等学校の教師はもちろんのこと、子どもさんを空手教室に通わせているお母さん、なんてレヴェルまで、実に多くの人が動員されています。4キロほどの遠藤に20メートル間隔で人を配置しようと思ったら、それぐらい手を広げないと集まらないのでしょうね。

20140212_005205

 寒いから軍手がもらえるのかと思っていたのですが、そうでもないようです。防寒のためだけなら、もっと安価なイボなしの軍手になるはずです。それがイボ付きということは、このイボを活かしたお仕事が待っているということですね。

 

 バスで現場まで運ばれて、降りたところで簡単な説明を聞きます。片側2車線の道路を片方だけ潰してマラソンコースにするので、その間、残っている方の2車線を交互通行にしてクルマを流します。そのために第一車線と第2車線とを分けているライン上にロードコーンを置く、というのが私たちのお仕事なのだそうです。一応、ランナーに何か起こった場合はその対応もお願いします、ということになっていますが、携帯電話も持っていない私などは何一つできることがなさそうです。

20140212_005400

 交通規制開始に先立ってパトカーが走ってきて、「コーンを設置してください。クルマが流れてきますから気をつけて!」と指示されるのですが、おまわりさん、怒ってるんですか?というようなぶっきらぼうな口調に笑ってしまいました。毎年この仕事を引き受けている人も多いようで、遠くからパトカーのマイク放送が聞こえるとさっさとコーンを並べ始めています。それを見て、私のような新米も真似をしますから、結局、パトカーが現場に来る頃には作業が完了している、というケースがほとんどでした。

 

 配置についてから解散するまで約2時間。じっと立っているのは想像する以上に冷えます。交通規制が解除されるところでコーンを撤去し、迎えのバスを待つ、ということになっていたのですが、立哨員はみな、バスを待つことなく徒歩でメイン会場まで戻りました。そうでもしないと体が温まらないというのも大きな理由です。一度やれば十分ですけれど、マラソン大会の裏側の一部を体験させてもらったのはよい経験でした。何より、こうして1日分のBlogネタになった、というのが大きいですね。

« かんじょう | トップページ | なら瑠璃絵 »

コメント

お疲れさまでした。このインフルエンザが流行る時期に多くの人を集めてイベントをするなんて、主催者として危機管理認識に問題があるのでは?などというのは、私達(?)のようにスポーツをしないものの理屈なのでしょう。健全な心と身体を有したスポーツマンはそんな疾病には罹患することはないのでしょうから(笑)。

 すいどう さん

 そういえば、ランナーたちのほとんどはランニング用
のパンツの下にスパッツですか、そういうものをはいて
走ってらっしゃいました。ただお一人だけ、背が高くて
美しい女性(姿勢がものすごく良かった)が古典的な姿
(上はタンクトップ、したは昔ながらのランパン)で
颯爽と走ってらっしゃいましたが、血行が良くなって
あらわになったお肌は真っ赤っかでした。みていてとても
寒そうでしたが・・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039503

この記事へのトラックバック一覧です: コーン立て:

« かんじょう | トップページ | なら瑠璃絵 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30