フォト

最近のトラックバック

« 他人様の写真 | トップページ | 週末っ! »

2013年12月12日 (木)

あわせてひとつ

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20131211_102623

 とってもおだやかな、満たされた顔で眠っている「ちち(仮名)」さん。彼女にしては珍しく、新しく買ってもらったクッションに歯を立てることもなく、それこそ大切に扱っているかのように思えるのがほほえましいところです。換毛がずれて、結構寒い思いをしているのでしょう。それにこのクッション、体感温度が数度高くなるという、けっこうハイテクなクッションなのだそうです。そういうこともあって、ワンコの寝床にしてはびっくりするようなお値段です。 

 飼い主は12日と13日の境目を知らない間にやり過ごしてしまいました。気がついたら13日の金曜日になっていた、というわけです。合わせ鏡をしつらえて悪魔を捕まえ、願い事を聞いてもらおうと思っていたのに、実に残念です。

Images

 二右衛門マスターの地元である近鉄四日市駅のトイレの手洗い場は、実に見事な合わせ鏡になっています。ある程度の幅のある手洗い場が向かい合わせに配置されていて、それぞれの流しの前に壁一面の鏡が貼ってありますので、壮大な合わせ鏡が楽しめます。何とか自分を映さずに写真を撮ってBlogのネタに、と思ったのですがうまくいかず、第一、トイレの中でカメラ構えてあぁでもないこぅでもないとやっていると、しまいに通報されてしまいます。

 従前から言い続けていますように、悪魔を捕まえることができたら、「おぃ、離してくれ。何でも願い事聞いてやるから。」と偉そうに頼んでくる悪魔に対して、ただひとつの願いを述べて、それさえかなえば満足です。唯一問題があるとすれば、その願いがかなったかどうかを私自身が知る術がないということ。逆に言うと、願いがかなったのかどうか、それを考えることすら出来なければ、願いがかなっているということなのですが、でも、それも自分にはわからない。実に厄介です。

20131213_051013

 ですが、願いがかなったと言えないこともありません。朝刊の配達をする人が新聞を配り終えて販売店に戻るころまで職場にいて、ホントに自分はなんと鈍くさいのだろう、と自己嫌悪を通り越した感情を覚えつつ、半泣きになって仕事を終えた朝。長いこと行方不明になっていたリリパットと再会することができました。こんなところにいたなんて、気づかなかった私がお馬鹿でした、という感じだったのですが、奇しくも今日12月12日はバッテリーの日。野球の投手と捕手、それぞれのポジションを示す数字が1と2だからこの日になった、と例によって真面目に考えてるのかどうかよくわからない記念日です。リリパットリリプットも2本で一組という意味ではバッテリーです。

20131213_051039

 忙しくなりそうなら事前に時間のある時を狙って予定稿を書いておけばよさそうなものですが、なぜか頑なにそういうことをしない(できない)私。朝方まで仕事をしていて、こりゃ少しは寝られるぞと帰宅しても、寝る前にまずお風呂。そしてお風呂の前にはBlog書き。鈍くさいのに加えて融通が利かないのは子どもの頃からかわりません。

 

 そのくせ、モノに関しては「変なモン」が好きというのもおかしな話です。普通頑固者というのはオーソドックスな道を行こうとする者だろうと思うのですが、私の場合は道を外れたことばかりしております。

20131213_051133

 それでなくても字が不自由な人なのに、こんなちっちゃなペンでまともに書けるはずがないのですが、こういう小さいものは大好物なのです。この リリパットリリプットも、転勤する人に贈ろうと買いこんだのに自分が気に入ってしまって手元に残したという外道ぶり。できれば軽装で動き回る夏の時期に出てきてくれたら良かったのに、と思いますが、せっかく出てきてくれたのですから、大いに活用してあげたいと思います。明日は眠いだろうなぁ・・・・・。

« 他人様の写真 | トップページ | 週末っ! »

コメント

お忙しい時期なのでしょうが余り無理をしてはいけません。
私ごときのコメントへも丁寧なご返事をいつも頂いていますが、睡眠時間を圧迫しているようで気の毒です。
勝手気ままに書きますので、無理して返信などされないようにしてください。
くれぐれもご自愛ください。

つきみそうさん、 リリパットはガリバーで
カヴェコはリリプットでは?
疲れてらっしゃるのではないでしょうか。
あまり無理をされないようにしてください!

 すいどう さん

 とりあえず乗りきりました。早め早めに手を打っていればこういう事態にはならなかったはずなのですが、ぎりぎりになってから慌てて取りかかって何とか仕上げる、というのはもう、持病のようなもので、治らないのでしょうね。

 関船 さん

 おぉ、萬年筆のことはほとんど何も知らないので・・・とか言ってみることにします。直しておきました。ありがとうございます。

 14日の神戸はウィンナーがうまいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039442

この記事へのトラックバック一覧です: あわせてひとつ:

« 他人様の写真 | トップページ | 週末っ! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30