フォト

最近のトラックバック

« 紅葉の名所 | トップページ | ライトアップ・1 »

2013年11月25日 (月)

エラい人

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。 

20131125_190806
 動物病院の待合室で、不安そうに飼い主を見上げている「くま(仮名)」さん。このあと、一番触られたくない耳の中を綿棒でこすられ、脚のできものに注射針を刺されて、きれいな巻尾もだらんと垂れ下がってしまった彼女です。あまりに気持ち悪そうに頭を振るので受診させたのですが、結果、耳の中には雑菌多数、カビまで生えているという可哀想な状況。飼い主が仕事に追われてバタバタしていると飼い犬も不幸になるといういい例です。

20131126_035100
 土曜日曜の夜には、来たるべき平日5日分の食材を買いこむためにスーパーマーケットに出向いて、いっしょに夕食も済ませてしまうというのが我が家の恒例行事。けれども、日曜の夕食時にそれを敢行するのは結構大変なことです。自宅からそう遠くないところにある大きなショッピングモールの駐車場は、変なところに駐めると自分の車に戻って来られなくなりそうなほど広大ですが、それでも「空き」がありません。更に我が家は5人家族なので、飲食店に入るのにも悪条件です。昨日の夜もエラい人で、結局は駐車スペースが見つかりませんでした。仕方がないので「空くまで待ってるから4人で行っておいで。」と宣言して私だけが車で待機。土曜の晩にしっかり食べたので朝昼抜きでしたので、「総菜か弁当でも買って帰ろうか?」という呼びかけを断って、1日絶食となりました。

20131126_035121
 ヘモグロビンA1cなんてものが幅をきかせるようになる前なら、こんな時は「チャンス!」でした。血液検査の一夜漬けができたものですが、今ではそんなことをしても一部の検査結果が良くなるだけです。服用している薬も残り少なくなってきて、近々主治医の元に参内しなくてはならない身。丁度いい機会なので、今日もまた絶食しておりました。妻が夕食がわりに焼いたトーストを1枚くれたので、それがまさしくbreakfast。とっても短い断食でしたけれど、体重もまぁまぁ落ちたので、今週はこのペースで続けてみようかと思います。

20131126_035241
 インク吸入に関しては少食で知られるシェーファーのヘンタイ吸入シリーズ。カートリッヂも、「普通の」コンヴァータも使える身でありながら、あえてタッチダウン方式にこだわったのがこちらのレガシーです。「エラい人」が使う場面で見劣りしないように、立派な仏壇仕様となっています。このペンに関しては、2年前にどーむさんが解説されていますので、詳しいことはそちらをご覧ください。

20131126_035337
 この4月に学校給食のある職場に来て、20年以上も続けてきた昼食抜きという生活が一変し、今まで以上に体重が増えました。半年以上、ようすをうかがっていたのですが、どうやら必ず給食を食べなくてはならないということでもなさそうなので、まずはそこから改善していこうかと思います。お昼ご飯を食べると、夕食が待ち遠しくて仕方がないのですが、お昼を抜いてしまえばそれほどでもありません。現在の、昼も夜もしっかり食べる、という生活をやめれば、少しはシャープになるかもしれません。それでなくても今の職場、けっして居心地は悪くないのですけれど、周囲の人がみんな優秀で「エラい人」ばっかりですので、その中で自分一人がダメ人間という状況は常々心苦しく思っております。働かざる者喰うべからず、っていうこともありますし、ロクな仕事も出来ないのであればせめて食べないようにしてバランスをとる、というのもいいことかもしれません。ま、どうせ続かないのでしょうけれど・・・・・。

20131126_035207

« 紅葉の名所 | トップページ | ライトアップ・1 »

コメント

疲れた方のエライ人にならないように、
くれぐれも、ご自愛ください。

子供にしっかり食べないといけないと指導しておいて、
先生が実践しないとダメでしょう。
「お残しは許しませんで~~~」by 給食のおばちゃん

まぁ失礼な言い方したら「野垂れ死にまっしぐらの生活」を優先させてまんなぁ。そもそも血中に全量で5gぐらいしかないグルコースを脳と赤血球で6g/h消費してしまいまんので、肝臓に備蓄したグリコーゲンで命を繋いどるわけです。そのグリコーゲンもどないに肝臓の大きな人でも120g程度しか備蓄できませんから、絶食やら昼食抜きやらがどないな結果になるかはいわんでもわかりますな。腹空いてどかっとより一日必要量をちょこちょこがよろしんでっせ。

私は食べ過ぎてすぐに内臓を痛めるタチなので、つきみそうさんのストイックさには感嘆してしまいます..が、お身体に負担を掛けるのはダメですねぇ。何事もバランスを取るといいうのはホント難しいものです。

 関船 さん

 もともと能力がないところに仕事をため込むものですから、実はもう、エラい人、エラいことになってしまっています。

 マイぢぃ さん

 教室で食べないので、子どもにはわからない、というのをいいことにして・・・。はじめから食べないのでお残しではありません(きっぱり)。

 くーべ さん

 おっしゃるとおりです。父親もそういう死に方でした。遺伝もありますし、多分同じ道をたどるのでしょう。あと望みは、できるだけスパッと逝きたい、っちゅうことぐらいですが、この生活ですと長引く方向に行きそうですね。困ったもんです。

 すいどう さん

 内臓に負担をかけてしまったときには断食です(笑)。でも、慣れない人が1回でも食事を抜くとエラいことになるようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039425

この記事へのトラックバック一覧です: エラい人:

« 紅葉の名所 | トップページ | ライトアップ・1 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30