フォト

最近のトラックバック

« 京都散策 | トップページ | 魔法の迷宮 »

2013年10月16日 (水)

黒いペン

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20131013_183248
 例によって例のごとく、寝そべったまま餌を食べるという横着きわまりない習慣を見せつける「くま(仮名)」さん。そんなに寝てばっかりいるとロクなことはありませんよ、と言いかけて、それは自分自身に言うべきことだと気づいた飼い主。 歳のせいにしてはいますけれど、生来の怠け癖に磨きがかかって、家に帰ると寝てばかりの毎日です。職場から仕事を持ち帰っても鞄の中で一夜を過ごしてもらうばかりで、翌朝はそのままご出勤。結果、仕事の山ばかりがどんどん大きく成長していって、自分がしんどいのは仕方がないにしても、周りにまで迷惑をかけてしまうという難儀な状態が続いています。

20131017_024257
 何か改善の見込みでもあればよろしいのですが、残念ながら望み薄。何が何でも、石を囓りとってでも今日中に仕上げなくてはならない仕事をやっつけてようやく帰宅すると、夜明けまでもうまもなくという状態。Blogのネタを考えるのにも疲れて、とりあえず手近にあった3本を並べての記念撮影ですが、気をつけずにとったので真っ暗で、何を撮ったのやらよくわかりません。

20131017_024431
 こういうアングルで撮ってみると、それなりに目立つペンは目立って、黒っぽいのはわからないまま。螺鈿朱鷺と龍がほとんど見分けのつかない黒いペンとして写っています。最近のカメラは賢くて、よほどのことがない限りストロボを炊いてくれませんし、背景に白い便箋を選んだのも大ボケです。いかに賢いカメラでも、そちらの明るさに引っ張られて、肝心のペンが黒く沈んでしまったのでさしょう。もう、そんなことも考えられない、半分眠りながらの更新です。

20131017_024352
 じゃ、これでどうだ、とキャップ側から。螺鈿朱鷺と龍、余計にわかりづらくなりました。自分の腕が悪いのは棚に上げて、飛天がそれだけ美しいのだ、ということにしておくのが良さそうに思います。

20131017_024257_2
 時間的に余裕があるときに、自然光のもとでこの3本を並べて撮ってみたい、と思ってはいるのですが、明るいうちに家に帰ってくることはまずありませんし、休みの日には何をする気も起こらずただただごろごろしています。そのうちやります、とここに書いておけば、多少なりともプレッシャーになっていずれ実現するかもしれません。今日のところは、とりあえず寝ることにしたいと思います。

« 京都散策 | トップページ | 魔法の迷宮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039385

この記事へのトラックバック一覧です: 黒いペン:

« 京都散策 | トップページ | 魔法の迷宮 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30