フォト

最近のトラックバック

« 道具考 | トップページ | 名前は・・・ »

2013年10月 4日 (金)

うどん

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20131004_224943
 ブラッシングが好きではないのと、自分の体毛がびっしり絡みついた敷物に頭を突っ込んで寝ることもあって、美しい黒髪(?)が台無しになっている「くま(仮名)」さん。それにしても、黒いところと白いところがはっきりしているワンコは美人です。最近、近所のお店のレジとか、電柱とか、そういうところに彼女の兄弟かもしれんと思えるような黒柴の捜索願ポスターが貼られています。誰かに保護されて幸せにしていればいいんですけれど。そういえば、先日のウサギさんの赤ちゃん、残念ながら違う世界へと旅立っていきました。命って大事だけれどはかないものですね。

20130929_190814
 前々からいっぺん買いに行こうと思いつつ、瓢箪山という微妙な場所が災いして縁のなかったベイクドマジック。たまたま出かけた先の駅構内に臨時出店していたのと、売り子のお姉さんが好みのタイプだったのとで思わず・・・・・。

20130929_190726_2
 話題になっているとはいえ、シュークリームに焦がしたキャラメルソースがまとわりついているだけのもので、まぁとにかく甘い甘い。その分、中のクリームは甘さ控えめでバランスをとっています。各種よりどり5個入りで1200円也でしたが、持ち帰って玄関を入ってから2分で消えてなくなっておりました。まぁまぁ好評だったということですね。

20130916_171609
 食べ物関係で気になっていたものというと、こちら、うどん博物館。WAGNERの会合でどなたかがここのパンフレットをお持ちでした。それ以来、さほどうどんが好きというわけでもないのに気になっていましたが、何となく京都の街中をぶらついているときに行き当たったので入館してみました。博物館と名乗ってはおりますが、しっかりとうどん屋さんです。

20130916_171519
 入口をくぐってすぐ、こんな「ら抜き」言葉が大書されたポスター。これは実にけしからん、と一人で怒っておりましたが、まぁそう遠くない将来、NHKのアナウンサーまでもが使うようになって、市民権を確立してしまうのだろうなぁ、とも思います。その日が私の死後であることを切に願いますね。あなたの知らない死語の世界、っちゅうぐらいですから。

20130916_170354
 私がいただいたのは、栃木県の耳うどん。ホンマに耳の形です。このお店でミュージアムらしいなぁ、と感じましたところは、ずばり量の少なさ。うどんが大好きで、トイレで用を足していたら出汁の匂いがした、というほどの健啖家であれば、あれもこれもと注文して全国各地のうどんを制覇する、っていうことも不可能ではありません。

20130916_170305
 で、私が存じ上げているうどん好きな方へのオマージュ。岡山県のしのうどんです。一筋一椀、といわれるそうで、これ全部つながっているのかしらん、と思ったらさすがに途中で切れておりました。文字通り小腹が空いた、というときに訪ねるにはいいお店かもしれません。京都一の繁華街にあるという立地の良さも売りですね。

20130916_171951
 で、こちらがうどんミュージアムのイメージキャラクター、うどんくん。お店を出て歩いていたら、四条大橋のたもとで鴨川を見つめて青春しておりました。若い女性が通りかかると俄然やる気になって勧誘しまくっておりましたが、たしかに女性など比較的食の細い人にはぴったりのお店かもしれません。

20130916_172006
 明日は運動会。早く寝た方が良いのですけれど、こんな食べ物ばっかりの記事を書いていると、お腹が気になって何となく寝付かれないような・・・・・。



« 道具考 | トップページ | 名前は・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039373

この記事へのトラックバック一覧です: うどん:

« 道具考 | トップページ | 名前は・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31