フォト

最近のトラックバック

« 見えてると・・・ | トップページ | 龍 »

2013年10月12日 (土)

つろく

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20131006_155520
 こんなことをされても、眠たいときはそのまま寝ています。せっかくの美人が台無し、という「くま(仮名)」さんです。目元の感じなど、かなり歳をとったなぁという感じで、まだまだ気が早いとはいうものの、彼女とお別れしなければならない日は確実に来るのだなぁ、なんてことを思います。もっとも、彼女より飼い主の方が長生きするという保証なんて、どこにもないのですけれども。

20131012_140357
 ま、そういう暗いことばかり考えていても仕方がないので、自分が糖尿病を患っていることも忘れて、江戸堀 木田さんで生じょうゆ定食。大阪道頓堀の名店「大黒」の流れを汲む絶品のかやくご飯が100円引きでセットされた一品。そこに、名物のちくたま天。半熟卵とちくわの天ぷらです。写真は店主の手によって完璧に仕上げられた状態。うどんと直角に並べられた大根おろしとねぎ。そこにスダチを搾って、お醤油を二往復半かけたら、けっして混ぜることは許されません。Do'nt Mixを堅く守りつつ、一度に2筋ほど箸で引き上げて口に運びます。

20131012_140338
 同行していた妻は、かやくご飯がそれほど好きというわけでもないので、生じょうゆの単品。そこに東京や名古屋の方からリクエストが入ったので、不本意ながら「玉子めし」を追加してみました。見てわかるとおり「たまごかけご飯」であり、私の主義からすると本道ではないものです。まぜてしまえば皆同じ、なんてことを言う人もおりますが、卵ごはんすなわちTGと、卵かけご飯TKGとは似て非なるもので、それを同一視するなど、とんでもないことです。

20131012_140526
 混ぜてみた感じは堅めです。この大きさの器でしたら、卵2個は割りたいところです。卵をとく前に醤油を入れ、しかる後にかき混ぜてからあっつあつのご飯を迎えるのが正道です。そのように調製されたものだけが卵ご飯を名乗ることができるのです。

20131012_134532
 おでん。これは関東煮(かんとだき)ではないのか、おでんで良いのか、などと東京方面から突っ込みが入っておりましたが、まぁ「おでん」で良いでしょう。冬の寒い晩、自宅で炊くのは断固として関東煮ですけれど、もうすぐこれも死語になりそうな感じです。

20131010_212659
 近所のスーパーにあるATMコーナーに貼られていたポスター。この「つろく」という言葉ですら、妻は知らないと言いますし、そもそも,こうやって取り上げられていること自体、余り使われなくなっている言葉だという何よりの証拠です。そして「関東煮」という言葉も、頼りにしている京都で「かんとうに」と読むことがあるのだとか。絶滅危惧語です。

20131013_002215
 お腹いっぱいになったところで、妻は帰宅し、私は神戸を目指します。趣味の文具箱とほぼ同じ大きさ、厚みも眼鏡の横幅より少し狭いぐらいのかなり大きな箱。400本生産で国内流通予定が225本という、PILOT創立95周年記念「龍」の箱です。

20131013_002311
 別に1番から順に国内に出されているわけではないのでしょうけれど、国内225本と聞いていてこの番号を見ると、正直滑り込み的な感じを受けます。ネットでさっと検索してみた限りでは、神戸元町一番街にある文具店にも1本入荷しているようで、お店で声をかけると見せてもらえるのだそうです。とにかく本数が少ないので、予約した人がお店に撮りにいったらそれまで。店頭に展示されるということがほとんどない萬年筆になりそうです。

20131013_002400
 90周年螺鈿朱鷺と同じく、紙箱の中には桐箱が収まっています。5年前はこの日もが凝った結び方になっていたのですけれど、今回は普通の蝶々結びに変更されたそうです。箱を開けることなく保管する人、開けてはみたけれど、あとはインクを入れず、眺めて満足する人がほとんどでしょう。私はもちろん、インクを入れます。

20131013_002459
 附属のインクは使わず、色彩雫シリーズの「深海」を入れることにしました。細字希望でしたけれど中字を確保してもらうのがやっと、ということだったのですが、細字に近い中字で、なかなかしまった線がかけます。日常使いにするものでもなく、たまに手紙を書いたりするのに使う程度でしょうから、丁度よいところかと思います。

20131013_002603
 このあと、六甲アイランドへ出向いて「名人」に写真を撮ってもらったのですが、それについては明日以降のお楽しみです。

« 見えてると・・・ | トップページ | 龍 »

コメント

うどんもよろしし記念の蒔絵万年筆もよろしなぁ。どうせいつかは死ぬんやし生きてるうちに喜び噛みしめる瞬間をようさんもちたいもんです。

 くーべ さん

 なんですかね、その、残り時間というか、そういうものを何となく意識するようになってきました。その割りには毎日無駄に時間を過ごしていたりもするわけですが。

残り少ない時間を無駄に使うというのは、本当の贅沢だったりして。。。。
ん? 私?
そこまでは、、、、諦めておまへん。
 

皆さんパイロットの周年記念モデルを何周年まで入手することが出来るかの競争ですね(笑)。

あ゛~、ヤバイです、卵かけ~www

昨日、伊東屋さんで展示してました竜の万年筆www
チラ見でしたが、でかいですね~・・・
写真が楽しみですwww

 マオぢぃ さん

 あそこが、ここがと文字にすると、生きているのが不思議なくらいですけれど、それでも実物は元気だったりする。
 人間って、実に面白いです。

 知り合いの医者の座右の銘が、一病息災。でも私は一病どころか・・・・・。

 すいどう さん

 バカだなぁ、と思ったのが、このペンを見た瞬間に次の百周年はどんなものになるんだろうかと考えたことです。前の螺鈿朱鷺を見た折にはそんなこと思わなかったのですが。

 whitestar_ftl さん

 いけません。卵「かけ」ご飯ごときで興奮していては。

 伊東屋さんでしたらきっと、昇り龍も展示されていたことでしょうね。5年前も、「朱鷺」の大きさに見とれました。やはりお値段のこともあるので、昇り龍の方は今から注文しても間に合うかもしれないのだとか。1本いかがでしょう。

木田のおススメは生醤油と書かれていますが、
私のおススメはひやかけです。
ここのひやかけはお出汁がキンキンに冷えていますので
クソ暑い夏場に食べるとお腹の底まで冷えます(笑)

ごまお さん

真夏でも木田の大将、手を真っ赤にしながらうどんを締めてますもんね。ひやかけ、そういうの大好きです。

卵ご飯は、御説の通りであると、大いに賛同いたします。
ですが、おでんはいけません。
だし汁で煮含めた後に掛ける物が、八丁味噌を酒で溶いた あの味噌でないと おでんとは言いたくないです。まして、つゆと練りカラシだなんて 冒涜も良いところです。
煮含った卵と、味噌が混じり合うあの素晴らしさ。ごぼ天のあの隙間に、忍び込んだ味噌と、逃げそびれた出汁の奏でるハーモニーの素晴らしさ。
ああ、今年は あの 素晴らしいおでんが食べられないかと思うと、非常に悔しくて、、、

きくぞう さん

関東煮命の私にして、何故に木田のおでんを許すのか。それは、かけられているのが辛子味噌だからなのです。具材によっては細かく刻んだ柚子の皮も。これなら許しましょう、というできかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039381

この記事へのトラックバック一覧です: つろく:

« 見えてると・・・ | トップページ | 龍 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31