フォト

最近のトラックバック

« 痛いけど真面目に | トップページ | やられた »

2013年9月 8日 (日)

大阪漫遊

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20130908_000518

 笑っているように見える「ちち(仮名)」さん。おやつにもらった、固いガムに肉を巻き付けたものを囓っているところです。カラオケなどで慣れない人が熱唱すると、大きく口を開けるところで目が閉じてしまいますが、それと同じことなのでしょう。

 飼い主は、ヘルペスがあまりに痛いのでこの週末はずっと寝て過ごすつもりでしたが、部活動の引率に出かけた妻が予定より早く引率が終わったのでどこかへ行くかと誘いを受けたので、それではと服を着て家を出ました。

20130908_172427

 グランフロント大阪にある、お洒落なもんじゃ焼きのお店にて。ここのお店には永谷園のお茶漬け、なんていうもんじゃもあって、そりゃ何じゃ、という感じでしたが、隣のテーブルに座ったグループが注文されたので拝見することが出来ました。ずばり、お茶漬けでした。そう、お米が入っているのです。今度行ったら食べてみようと心に誓ったことでした。ただ、周りのテーブルを見渡すと、お好み焼きだけでなくもんじゃ焼きまでお箸で食べている人が多くて、大阪の文化もこれまでか、と暗い気持ちになりました。

20130909_004008

  グランフロント大阪へ来たのは、とりあえずいろんなお店があるからです。私の趣味だけであちこち行ったのでは妻も面白くないでしょうからね。まぁ、その辺の目的は一応達したかと思います。

 何となく嫌韓ムードが漂い始めているわけですが、私はもともと韓国由来のものはあまり好きではありません。一人一人はいい人でも、国としての韓国はもう、立派な敵国です。けれども、私も含めて日本人が大好きなのが、LINE。そしてこのLINE、学校など教育現場では大変な脅威になっているのです。まぁLINEやってる会社がもともと韓国資本だから・・・っていうのはあまりにもアレですけれど、なんでもかんでもLINE、っていうのもそろそろ考え直さないといけませんね。

20130909_004022

 単純に、値札が嬉しかったというだけのお買い物。大阪のど真ん中でこの値札。しげお兄さんとか親方とか、あるいは北の旅人とか、そういう系統の方が同行していたら洒落にならない値札です。

 これを買ったのはグランフロント大阪にあるappbank storeです。softbankとdocomoのお店が目と鼻の先にあるのですが、この20日以降はさぞかし賑やかになることでしょう。

20130909_003914

 それにしても爆発的にあっちこっちで露出しているのがくまもんとふなっしー。流行り物が嫌いな私は無視していたのですが、妻が購入していたのがこれ。ふなっしーの梨饅頭なんてものまで売られていたのには笑いました。iPhone関連のアクセサリを扱うお店なのですが。

20130909_003938

 で、ここグランフロント大阪には、たしか伊東屋さんが入っていたはず。前回訪ねたときには、あまりの人の多さにメゲて探索を諦めたのですが、おちついてネットで調べると、めちゃくちゃ目立つ紀伊國屋書店の一角にあるというのがわかりました。実際に行ってみると、こじんまりとした店舗ながら、萬年筆の品揃えもバッチリで、なかなかいい感じです。

20130908_184513

 で、ヘンタイな私が気に入ったのがこれ。筆まかせ、っていうネーミングに惚れました。何ともポップな色使いですけれど、これ、毛筆です。このディスプレイの一段下には、呉竹の毛筆が並べられているのです。

20130908_184540

 実際に手にとって書いてみましたが、サインペン並みの堅さの穂先なので、私のように字が不自由な人間でも何とか毛筆っぽい文字が書けます。結婚式の披露宴とかお葬式とか、そういうところの受付で筆ペンがあると本当に往生しますが、こういうのが置いてあれば大丈夫です。もっとも,それで字の汚さが解消されるわけではないのですが・・・・・。

 痛い痛いといいながらの大阪漫遊でありました。面白いこと、楽しいことをしていれば痛さも紛れるかと思いましたが、残念ながらそういう段階を越える痛さで、これはもう、一日も早く痛いのに慣れて、つきあっていくしかなさそうです。

« 痛いけど真面目に | トップページ | やられた »

コメント

オリンピックを自国に呼ぼうと努力するの国というのは理解出来るのですが、嫌いな国がオリンピック開催国にならないように努力する国って一体..とは思います!?
筆ペンはある意味究極のフレックスニブなので興味はあるのですが、万年筆と違って耐用年数が短いのでは?と考えると中々手が伸びません。毎日使ったとしてどれくらい保つものなのでしょうか?

 すいどう さん

 案外保たないような気もしますね。ちなみに筆ペンの穂先というのは大阪府内にそのほとんどを生産している会社があるのだとか、以前聞いた覚えがあります。

 その筆にしても、中国から朝鮮を経由して我が国に伝わったものですけれど、いまやその、お世話になった国々が敵国としか言いようのない状況にあるのは情けない話です。

自分は、中々言いづらい立場だったりするのですが、
「一人一人はいい人でも、国としての韓国はもう、立派な敵国です。」
には、まったく同意せざるを得ません。
まったくもって、国としての意識がないというのか、
その行動がどんな影響を及ぼすのか、全く分かっていない
そんな気がしてなりません。

筆まかせは、個人的にはあんまりでした。。
自分としては、
やはり筆ペンはぺんてるがよいですね。
しかし、今年はフリクションのおかげか、
95周年がためか、はたまた両方か。
パイロットが非常に元気ですね!
気になるのは、楓のキャップレスぐらいですが(汗)

 関船 さん

 子どもの頃から今まで、数え切れないほどふれあった彼の地の人たちはみんなよい人たちでした。それだけに,政策として日本を敵視して国民をあおる、というのは本当に残念です。こうなると、人と人とのふれあいでお互いが「悪い連中じゃないな」と理解し合うことしか解決策なさそうにも思います。

 うむ、堅い穂先の筆ペンがダメ、という人は、字が上手な人に多いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039347

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪漫遊:

« 痛いけど真面目に | トップページ | やられた »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30