フォト

最近のトラックバック

« 朝に礼拝 夕に感謝 | トップページ | 痛いけど真面目に »

2013年9月 6日 (金)

必死のぱっち

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20130907_002207

 自宅に帰ってきましたら、いつもは元気に迎えてくれる「ちち(仮名)」さんがこんな風になっておりました。ちょっと心配してしまいましたが、何のことはない、ただ眠たい旬にかかっていただけのことでした。子どもがものを食べていたり寝ていたりする姿というのが可愛いのと同様、犬も寝ている姿が一番可愛らしいですね。

 職場を出るとき、管理職がなんと言うことはない校内の備品を写真に収めているので、訳を聞いてみましたら、学校Webページの「今日の一枚」というコンテンツに使う写真だということでした。今日は何にもネタがないから・・・・・とおっしゃるのを聞いて、毎日ネタを探すのって確かに大変だわなぁ、と共感したことでした。

20130907_015825_2

 そういう意味では、今日あたりはこのネタがありがたいですね。「それ、ファイブ?」と生徒にはよく聞かれるいPhone4s。2年前の秋に発売されて、その年の暮れあたりまでは欲しくても手に入らない人が多かったものですが、私には無縁の存在でした。日の丸OS、TRONを潰した人間が社長を務める会社なんか絶対に信用できない、と頑なに思い込んでますので、機材も料金も只にすると言われたってあの会社の携帯電話だけは使いません。

 ですから、供給が落ち着くのを待って香港版のSIMフリー端末を購入し、そんなもの見たことも触ったこともないぞと腰の引けたドコモショップのお姉さんをなだめたりすかしたり、不具合が出ても文句言いませんという誓約書を書いたりして、ようやくdocomo回線で使い始めたものです。電池付きのケースに収めている関係で少し長いので、生徒たちはパッと見て「ファイブ?」と聞くわけです。

20130907_015806

 で、次に聞かれるのは「エーユー? ソフトバンク?」ってことです。そこで嬉しそうに「ドコモ」と答えますが、このときに「えっ?」って言う生徒は、すでに携帯電話を手放せなくなっている可能性が高いのです。「ふーん」と言うのは、携帯電話を持っていないとか、ほとんど使っていないとか、そういう子に多いのです。

 あくまで個人的な感触ですけれど、携帯電話をいじっている時間が長い生徒ほど、いろいろと好ましくない問題を抱えている、あるいは抱え込む可能性が高い傾向にあります。電車に乗って周りを見渡せば、みんな真剣な顔で小さな画面をにらんでいます。いわゆるガラケーが普通だった時代には、「壱億総聖徳太子」なんて言われたものですが、むしろその時代より酷くなっているように思います。かく言う私も,草刈りの現場にこの携帯電話を持って行ったばっかりに、地面に落下させてガラスに傷を付けてしまいました。

20130906_071118

 今度こそ、ドコモからiPhoneが出る、という話題であちこち盛り上がっています。ネット上では、本当だ、いやガセだと、いい大人(たぶん)が小学生の喧嘩みたいに互いの主張をぶつけ合い、罵りあっております。私も小学生の頃はそんなことをよくやってました。「ホンマやなぁ、絶対やなぁ、命かけるかぁ!」なんてことを言って、あとあとまで引きずるという・・・・・。

 正直、電波の問題がクリアになってくれればそれでいいのです。本当にドコモから出るのだとしても、あのドコモのことですから、iPhoneの良さを殺すような余計な設定をしてくる可能性があります。もしそうなら、ドコモショップで売っているiPhoneなんか買わずに、また香港から個人輸入する方がいいと考えますが、でもそれって、「多寡が携帯電話に何必死こいてんねん!」と言われる愚かな行為です。TKGよりTGだっ、というこだわりの方が数段マシです。

20130906_071159

 ご飯が炊きあがったら、まず仏壇にお供えをします。このお供え、我が家では子どもたちの仕事なので、私はその間にどんぶりに卵を割り入れて醤油を入れるなど、「卵ご飯」を作る準備を整えておくのです。

20130906_071306

 卵を割ったところにどれくらいのお醤油を垂らすのか、それは長年の経験と勘です。一子相伝、門外不出のレシピなのです。そしてそれをかき混ぜる具合についても、やはり一子相伝レヴェルのワザがあるのです。

20130906_071447

 あっつあつのご飯を、過不足のない分量だけよそって、一気にかき混ぜます。ぐずぐずしていてはいけません。ご飯の熱で卵が「煮える」ので、手早くやる必要があります。こうしてできあがった「卵ご飯」がどの程度の堅さであるのか、そこにもその家ならではのきまりがあります。

 私の妻はとてもよくできた人ですが、こと「卵ご飯」に関しては、哀しいかな堅めを所望し、絶妙の状態に仕上がった「卵ご飯」に,さらにご飯を足すという暴挙に出るのです。これは、一流のシェフが作った料理がサーヴされたとたん、ソースをババッと欠けるというのと同じで、「卵ご飯」を冒涜する行為です。

20130906_071530

 ちょっとご飯が少なすぎるのではないか、と思うことなかれ。この状態でもまだ、炊きたてだったご飯は卵を「煮て」いますから、食べ進めていく間に少しずつ堅くなっていくのです。名古屋で異様に原価率の高いこだわりのラーメンを提供するお店のオーナーが、「ラーメンなんてね、伸びるもんよ。伸びんかったら食べられんわ。」とおっしゃっていましたが、「卵ご飯」もまた、食べているうちに少しずつ堅くなっていくからこそおいしいのだと言えるのです。

 よって、私は断固、TG(たまごごはん)派です。TKG(たまごかけごはん)など認めません。一度、WAGNERの2次会でものの見事に冷めたご飯に生卵をかけて食べよというTKGが供されたことがありますが、とんでもないことです。

 って、そんなことに必死になって、何かいいことあるんでしょうか・・・・・。

« 朝に礼拝 夕に感謝 | トップページ | 痛いけど真面目に »

コメント

”そんなこと”に夢中になっている
その、過程がとても良いことなのでは、
と最近良く思います。

子供のころから卵料理が大好きです。
先日、書店で立ち読みしていたら、日本一高い卵が紹介されていました。
「彩美卵 輝」
後悔することはわかっていたのですが、これをご飯にかけてみたいという欲求に負けてしまいました。
本日、届く予定です。
これだからコレステロールの薬が効かない訳です、、、。

やばいっすね〜、卵かけ御飯!(^^)
見てるだけでお腹空いてきた〜(^^)

私もご飯少なすぎると思うけどなあ。
ちなみに今日の朝食はTKGもどき、
昨晩の冷えたご飯チンして、卵を一個かけて、鰹節を少々、
醤油を垂らして、8分くらい混ぜる。
これなら汚れる食器は一つだけ。
冷たい卵は嫌い特に白身。見た目が気持ち悪い。

どんぶりに 卵を1つ 醤油を差して、ご飯をドカッと放り込む。僕も煮えるほどのアツアツご飯が良いなぁ。

子供達は、生煮えでも良いようですし、家内は生卵がダメだとか。
それぞれあって、生物多様性を確保しています。

 関船 さん

 そ、それは自己弁護なのでわ・・・

 冗談はさておき、趣味なんて結局、そういうことなんでしょうねぇ。

 ヤッター万 さん

 え、地元には超有名なあの鶏がいるのではないですか?
その鶏と、その鶏の卵で作った親子丼もあると聞きますが。

 しかし、卵のいいやつって、本当に私みたいな味オンチでもすぐにわかりますもんね。

 whitestar_ftl  さん

 アウトッ!

 ダメです、ダメですよ。TKGは。ご飯に卵かけてはいけません。卵といたところにご飯を突っ込まなくては。これはもう、絶対です。宗教なんです。

 おいしいですよぉ。お茶碗一杯どころか,どんぶり一杯いってしまいます。

 マオぢい さん

 我が家では、私と3人の子どもたちはご飯の量これでよい派、妻は少ないぞ派、と分かれてます。でも、困ったことに娘はTKG派なのです。どこでそんな危険思想を植え付けられてきたのか知りませんが、よくないことです。再教育しなければなりません。

 きくぞう さん

 そう、そうですよね。なので、我が家では炊きたてのご飯のときにしか卵ご飯をつくりません。なのに娘は、ご飯を食べておかずを食べて、少し残ったご飯に卵かけたりしてます。これは許せません。生物多様性という意味ではよいのかもしれませんが・・・・・。

 昔、親戚が集まると寿司をとってもらったのですが、私はバッテラの白昆布が苦手で、いとこはその白昆布が大好き。他にもいろいろ寿司ネタの好き嫌いがあって、いとこがみんな揃うときれいにお寿司がなくなる、という感じでした。生物多様性ですね。森みたいですね。

昔おらの住む地方では、卵かけご飯に砂糖を入れていたような。子供の頃なので、卵も砂糖も高級品でした。砂糖は勘弁という記憶をずい分と後年まで引きずっておりました。

 くーべ さん

 それ、私の田舎にも近いので、そういう文化はありました。要は,食べられるときにご馳走食べとけ、っていう田舎の発想。昔の人はそれだけ普段質素な暮らしをしてたんでしょう。

ドコモさん iPhoneの背中にあるリンゴマークが気に入らないようです。で、アップルとしては譲れない所でしょう。
何やら今でも、すったもんだしているようですよ。

 きくぞう さん

 もしdocomoなんてロゴが入ったら、そんなiPhone恥ずかしいです。そういう誰も臨まない余計なことをするというのなら、docomoのプラスエリアがつかめるのかどうか、その辺がはっきりしてから香港版SIMフリー購入ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039345

この記事へのトラックバック一覧です: 必死のぱっち:

« 朝に礼拝 夕に感謝 | トップページ | 痛いけど真面目に »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31