フォト

最近のトラックバック

« ビンゴッ! | トップページ | アホを見にアホが行く »

2013年9月15日 (日)

イメージこそ命

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20130915_221458
 台風が近づいてきて雨風が激しくなったので、夕方のお散歩は中止。さぁ行こうか、と声をかけてもらえないのでひたすらフテ寝するしかない「くま(仮名)」さんです。こういうときはあんまり可哀想なので、フローリングになった玄関ホールで少し遊んでやります。そういう床であれば、万が一粗相をしても始末が簡単だからですが、犬にとっては足下が滑るのでそんなに快適な遊び場所ではないようです。

20130915_224320
 見る影もなく醜く膨らんでしまった神戸ル・ボナー謹製のペーパームーンです。お洒落な街、神戸。その神戸でも指折りのお洒落な鞄屋さん、ル・ボナー。本来ですと私なんぞが出入りしてはいけないお店なのですが、萬年筆つながりで何とか出入りさせていただいております。で、名前からしてこんなに膨らましてはいけないのですが、昨日名古屋から帰ってくるときにはこんなお姿になってしまっていたのです。

20130915_224515
 少ないようにみえても、ペーパームーンには入れすぎとも言える荷物の量です。上段に並んでいるのがWAGNER会場でいただいたモノで、下段が持って行ったモノたち。ただしその中には、お湯呑みとかメモ帳とか、余計なモノも含まれています。

20130915_224605
 降りそうなときは鞄の底に折畳傘を沈めておきます。その手前は大ぶりな扇子。右の黒いのは無線LANルータ。あと、携帯電話の電池が保たないので予備の充電池と、電車で周りの人がうるさいと感じた時に音楽を聴いて心の平穏を保つためのイヤホンです。あと、写しているので写せないのですけれど、ここにカメラが加わります。雨が降りそうになければ傘を放り出しますし、会場に無線LANがある、あるいは有線LANの接続口がないことがわかっていればルータもお留守番ですので、鞄の中身はもっと少なくなります。

20130915_224642
 昨日の四角い芯を使うシャープペンシル、これがWAGNERの会場入りしてすぐに見せられたモノだったのですが、それに続いて昨日一番の大物を「お土産」としていただいてしまいました。正直なところ、お土産にいただいていいものかどうか悩んでしまうほどの立派な代物ですので、それについては1日分の記事を費やします。ほかにも、難儀な宿題付きのお土産なんてのもいただきましたけれど、写真は「恐怖の」じゃんけん大会でゲットしたモノ。じゃんけん大会に関しては、関東地区開催とはいえ相当にエグいものを出展した経緯がありますので、これは祟りが来るかも・・・・・と怯えていたのですが、萬年筆研究会らしい良いモノをいただいてしまいました。

20130915_224906
 軸の外装は革を巻いたような手触りに仕上げられています。ペーパームーンを持つのもはばかられますが、COACHとなれば別世界のモノです。そばに寄ることも手にすることもありません。ブランド品というのはそれなりの人が持ってこそのモノですから、ファッションセンスのかけらもない私などは近づくことすら許されないのです。

20130915_225104
 ペン先はツルンツルンで刻印も何もないのですが、キャップリングにブランドのロゴが刻印されている、それがこいつの売りなのです。ご存じのように、これは雑誌の付録萬年筆。すでに本年3月にぺん★ぱれーどっ!でチェリーさんが記事にされているモノです。そこで扱われている個体はペン芯のインク保持力が全くダメといったことが書かれていますが、この個体はどうなのでしょうか。いずれにしても廉価の中華萬に高望みをするのは酷です。

20130915_225228
 私がル・ボナーの鞄を提げていたり、あるいは「ホンマモンの」COACHの製品を使っていたりしたら、それはちょっと犯罪モノです。やはり上等なモノはイメージが大切。そう考えると、雑誌の付録で性能にも難あり(かもしれない)萬年筆にブランドロゴを入れることを許したのは、COACHとして何か戦略的な意味があったのでしょうか。ル・ボナーの鞄を提げているみすぼらしいオッサンと同様、どうも、その名を貶める効果しか産まないような気がしてならないのですが・・・・・。

« ビンゴッ! | トップページ | アホを見にアホが行く »

コメント

これは今書店に並んでいる今月号のブランドマックス万年筆付きを紹介する為の布石でしょうか?
とは言えこのコーチ万年筆、私の工具箱の底で、ジャンクとして眠っています。幾ら弄ってもペン芯が駄目で気持ち良く書けないんです。

 すいどう さん

 あ、例のアニエスベーでしょうか。あれもこいつと全く同じ匂いがしますし、同じモノではないかとにらんでます。そうなると、買う値打ちもないと・・・

鞄屋のおぢさんもどこかで言っていたような気がしますが、昔のCOACHはアメリカらしいワイルドさがあってよかったけど、いまのブランド化してしまったCOACHは無粋に高価なだけでしょう。

 くーべ さん

 私みたいなもんでも知っているほどのブランドは、多かれ少なかれそういう変遷を経ているようですね。それが時代の変化にうまくあって生き延びているブランドもあれば、失敗してどこかに吸収され、名前だけになっていたりとか。まぁ、ブランドにはかかわらない人なので何がどうなのかよくわかりませんけれど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039354

この記事へのトラックバック一覧です: イメージこそ命:

« ビンゴッ! | トップページ | アホを見にアホが行く »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31