フォト

最近のトラックバック

« ぼう然 | トップページ | おだんご »

2013年9月18日 (水)

見た目だけでは・・・

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20130918_215232
 珍しくおとなしい「ちち(仮名)」さん。犬だって生き物ですから、その日その日で気分にむらがあるのも当然のことでしょう。毎日こんな具合なら、本当に手のかからない可愛い子、ということになるのですが、だまされてはいけません。彼女は単に眠たいだけなのです。

20130918_231502
 昨日、ペンの素材となるべき「棒」といっしょに写っていたペンのうちの1本。小田急ロマンスカーのボールペンです。本来であれば去る8月3日のWAGNER三島大会において、「はい、お土産!」といただく予定のものであったのだろうなぁ、と厚かましく考えております。無念にも途中まで出向きながら呼び返されたのですが、実際にはその前途の交通網が混乱していて、もしそのまま進撃していたらそれはそれで別のBlogネタを得ることになっていたはずです。

20130918_231414
 小田急と言えばロマンスカー。ならば我らが近鉄と言えば・・・・・やっぱりビスタカーでしょう。現行ビスタカーは更新工事を受けてはいるものの、登場したのは私が高校生だった頃ですので、すでに35年ほど経っております。もうそろそろ、次のビスタカーなんて話題も聞きたいものですが、登場当時と違い、現在では同車は「汎用特急車」として扱われているほどですし、観光特急「しまかぜ」などにも2階建て車両がありますから、次期ビスタカーはあるいはないのかもしれません。

20130918_231658
 こちらもBromfield氏からいただいたボールペン。しかしながら、この私が一目も五目も置くほどの「イチビリ」である氏が普通のものをくださるわけもなく、これまたヘンタイなものであろうというのはすぐにわかりましたが、どこがどう「変」なのかはすぐにはわかりません。

20130918_231738
 リフィルを繰り出したお姿。こういうのを撮っている時点で、私は構造を理解し手いるわけですので、これはオモロい、とばかりにダマされてくれる相手を探しにかかります。折良くというべきか折悪しくというべきか、22歳になったばかりの長男がすぐそばにおりましたので、おい、これどうだ、と手渡してみました。

20130918_231748
 ノックしたところを再現してみました。当然ながら、エェッという反応。それでも手から離さず数回ノックしてみて、ノックするたび発光する色が変わるということも確認したところで、ではペン先はどうやったら出るのか、というところを探索し始めるのはさすがに理系の人間です。

20130918_231800_5
 あちこち触りまくっているうち、ペン先の部分をヒネるとリフィルの先が出てくることを発見して、ようやく一息ついて、感想を一言。「一瞬カッコえぇと思った自分が哀しい・・・」と。まぁそうかもしれませんね。実にばかばかしいですが、それこそが「変なモン」なのです。全国の「変なモン」道を究めようとされている皆様、どうぞご精進くださいませ。

20130918_231757

« ぼう然 | トップページ | おだんご »

コメント

 ペン・ポイントにも光があるということは、過去に Fischer Space がデスク・ペンで出していたのと似ていて、暗いところでも書けるようにするため、ですかね?仮にそうだとしても、緑や青の光が必要な暗がり、という状況は思い浮かびませんけど...。

 monolith6 さん

 文字通りの、「色もの」かと。まぁ別段書き味がおかしいわけでもなく、ごく普通に使えるボールペンです。でも、光っているところは人に見られたくないような気も・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039357

この記事へのトラックバック一覧です: 見た目だけでは・・・:

« ぼう然 | トップページ | おだんご »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31