フォト

最近のトラックバック

« 変なの | トップページ | ひいてきた »

2013年8月 8日 (木)

見直し

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20130807_084159

 気持ちよさそうですね。「くま(仮名)」さんみたいにお昼寝するのが夏の醍醐味ですけれど、勤め人はそういう訳にもいきません。学校の先生は夏休みがあっていいねぇ、とよく言われますし、実際、これが無くなったらこの仕事の魅力も半減しますけれど、ほとんどの先生は夏休み中もずっと出勤したり出張したりしています。給料もらってるんですから当然ですね。アメリカの学校の先生は夏休みに休めるかわりに給料も無い、なんてことを聞くと、さて、どっちがいいのかと一概には言い切れません。

 普段は生徒の相手をしなくてはならないので、落ち着いて取り組むことの出来ない仕事、そういうものを集中的に片付けたりするのに夏休みは最適です。私の場合、やっぱり夏休みのお仕事と言ったらアレしかありません。まぁ、それしか能がありませんから当然です。

20130807_131402

 奥の方はこれまで10年近く、私の草刈りの相棒を務めてくれた刈払機。ホームセンターで安売りされていたので思わず飛びついた、今は亡きタナカのCB-21HT。そして手前が、前々から欲しい欲しいと思い焦がれて、型落ちになった今頃になってようやく手に入れた、共立の誇る名機、SRE2310です。排気量の差はわずかに2ccほどですが、そこは天下の共立が誇る4ポートエンジンですから、実際に運転してみると排気量の差以上のパワーの差を感じます。

20130807_131551

 そもそも、ホームセンターで売られている刈払機は何であんなに安いのでしょうか。最近は電動式のものも増えてきて、「俺は、草刈だ。」なんて言いつつ防護眼鏡すらかけないで草刈りをしているCMもあったりしますから、この夏はけが人続出でしょう。これまで頑張ってくれたCB-21HTも、エアクリーナーのハウジングがどこかに飛んでいって、気分はチューニングカー。吸気抵抗ゼロでモアパワー、みたいな感じですけれど、こんな状態で使い続けているので最近はエンジン出力も低下の一途をたどり、少しでも頑固な草むらに出会うと刈刃が停止してしまいます。もっとも、安価なホームセンター仕様の刈払機を注油すらしないで10年近くこき使ってきたのですから、この個体、相当な「当たり」だったとも言えます。

20130807_131410

 さすがはお金かかってます。余計なものがカヴァーの外に出ていないので、作業中に引っかけたりする可能性がほとんどありません。酷いものになると、エンジン始動のためにひもを引っ張っただけで怪我をする、なんて機械もあるようですから、やはり仕上げは大切です。

 非力なマシンを、それも調子が落ちている状態で使うということは、常にアクセル全開、高回転域常用です。それでも簡単に草に負けてしまいますし、最近は突然エンジンが止まってしまうことも増えてきました。その非力なマシンで刈るために、力を入れて大きく振り回すという、一番疲れる刈り方を続けてきたのです。

20130807_132002

 新しいマシンには、いちびってこんなものまでつけてしまいました。これを付けておくことで刈刃を地面から浮かせておくように意識すること無く、地面に刈払機の重さを預けて刈ることが可能です。実際、死ぬほど楽ですが、このタイプは刈刃と一緒に回転しますからエンジンパワーを喰ってしまいますので、とてもじゃないけれど前のマシンには付けられませんでした。

 写真の刈刃はホームセンターで2枚980円也で売られていた安物のチップソー。同じ値段でも、どこのホームセンターのPBかによって違いがあります。このCホームのものは2度と買うまいと思わされましたが、Kナンのものはそこそこいけます。

20130808_123921

 こちらはお値段2倍、1枚で1980円というチップソー。安物は1時間ほど刈っているとナマクラになってくるのですが、こいつは4~5時間刈り続けてもまだまだ新品同様。安物買いの銭失い、というのは刈払機の刃にも当てはまることが多いようです。

 で、こういう良く切れる刃をパワーのあるマシンに付けると、刈り方も変わってきます。ゆったりとした動きで楽に刈るので、たくさん刈ってもまだ体力に余裕があります。何より、21ccの先代は40分ほどで燃料が無くなっておりましたが、23ccの2代目は1時間刈り続けてもまだタンクに燃料が残っています。今まで、ガス欠したところで休憩、というパターンで刈ってきましたが、新しいマシンでそんなことをしたら、きっと倒れてしまうことでしょう。

20130808_225320

 こんな本まで買い込んで、一から草刈りのお勉強中。朝寝坊なので、11時頃から刈り始めて午後4時頃まで、草刈りするには最悪の条件で刈っていますが、おかげで多少は体重が落ちてきたようです。草刈りをする現場に水筒を持って行けとみんなに言われつつ、面倒なので刈払機だけ持って外へ出て、ここ数日は実際しんどいなぁ、と加齢による衰えをしみじみと感じております。でも、休憩したときに水分をとると、その後刈る気が失せるんですね。根性だったら人一倍ないので、しんどくなったらすぐに座り込んで休憩し、回復したらまた刈り始める。この繰り返しで、能率は悪いけれどもぼちぼち刈ってます。

 で、この本を読むと、これまで常識だと思っていたことが次々と覆って、目から鱗が5枚ほど落ちました。明日はこれを実践してみよう、と思いつつも、さすがに今日は熱中症気味で吐き気がしますので、残念、一日お休みかもしれません。歳をとったらそれなりにぼちぼちやらないといけない、というあたりまえのことすらわかっていない私なのでした。草刈りバカですね。

« 変なの | トップページ | ひいてきた »

コメント

首回りがふくふくとして可愛いなあ。
何よりご本人いや犬が心地よさそうですね。
今日は異常な暑さだったので、草刈りナシで正解ではないでしょうか。

おぉっ!草刈りバカ一代ですか!?お身体に気をつけつつお楽しみください。
現在では4ストと電動式が主流なのですね。パンパンいってた昔の2スト草刈り機が懐かしいっ!
そういえば先日の地震誤報では震源地が奈良とのことでしたので、咄嗟につきみそうさんの安否が気になりました。誤報で何よりでした。

祖母宅で使ってる草刈り機(2スト)は30分でガス欠ですね…
回し過ぎw

 大阪のオバチャン さん

 気持ちよく寝てるのでそんなことしてはいけないと思いつつ、ついつい首回りをごそごそ触ってしまうのです。飼い主だから邪険にするわけにもいかず、さりげなく不快感を表すためでしょうか、その手をさかんになめ回してくる彼女です。きゅうきゅうと鳴きながら、ね。

 職場のお向かいは幼稚園なのですが、そこの業務員さんが「この草は本当にしぶとくて、うちの草刈り機では刈れないのよ。」などとおっしゃるので、ならばと助太刀。結局、写真の青い円盤が銀色になるまで刈りまくってしまい、夕方には草と一緒に倒れてました。

 すいどう さん

 草刈りバカ一代、刈り馬鹿日記。明日のために、右の脇を締めて、刈るべし、刈るべし。

 いまだに2ストは主流です。4ストはホンダの一部機種を除き、いまだに傾けすぎるとオイルを吹いたりエンジンが止まったりするものがありますし、何よりパワーの割りには重たい。刈払機も「パワートゥウェイトレシオ」が重視される、かつてのゼロヨン競走みたいな世界でもあります。なので、いかにホンダが頑張ろうとも、GPレーサーの世界同様、なかなかに2ストの牙城は崩せないのです。

 あの地震警報、iPhoneをdocomoで使うというヘンタイなことをしていると鳴らないのです。職員室で同僚たちの携帯が一斉に鳴り始めて、「あ、これ鳴ったら数秒できます!」とかみんなが言い始めて、で、何もなし。まぁ誤報でしたけれど、これでみんなが気象庁叩いて速報がなくなるようなことにならないことを祈ります。

 mercuryo さん

 21ccのを高回転常用で使うと45分でガス欠。それは休憩の丁度よいきっかけでした。23ccのを普通に回していると2時間経ってもガスが残ってますので、確実に死にます。作業がはかどる新しいマシンのおかげでより一層ヘバるという皮肉。

刈払機は人間がもって使うものですからね。
軽さとパワーの両立は取り回しの良さにも影響するし、プロユースの大排気量となると圧倒的に2ストですね

傾斜地を刈れる自走式のスパイダーモアなんかもエンジンがもの凄く傾く関係上2ストですね

ホームセンターで売られている刈払機は何であんなに安いのでしょうか

やまびこの共立系の格安品ブランドである共立グリーンの製品なんかだと、通常の共立ブランドとくらべてつくりが全然ちがうようですよ(笑)

使い捨て前提なんで、ネジ類は頻繁なメンテを考えてない安物

エンジンは、シリンダーの固定ボルトやピストンリングの数がへらされてたり、ポートの形状や加工が雑になってるなど

ドライブシャフトやギャケースなど駆動系はのきなみちゃっちくなってるみたいです

 犬丸 さん

 各社とも、ホームセンター販売用に特化した製品のラインナップが充実してきましたね。近所のホームセンターはどこも、このところ丸山一色になっています。強力な販売政策か何か、実施されているのでしょうか。でも、ハンドル握っただけでもうダメやなぁ、という感じがする、使い捨ての機械ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039316

この記事へのトラックバック一覧です: 見直し:

« 変なの | トップページ | ひいてきた »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31