フォト

最近のトラックバック

« 廃盤・存続・復活 | トップページ | 聖地への道「半」ば »

2013年8月 2日 (金)

「半」で三島へ

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。作成者が馬鹿なんだからしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20130802_183735

 脚をケージの柵に突っ張って体の向きをコントロールしながら、大きな欠伸をしている「くま(仮名)」さん。そろそろ老齢というべき年齢にさしかかっている彼女のこと、床ずれとか起こさないように寝方も工夫しなくちゃ、なんて考えていろいろやってみているのかもしれません。

 何でこんなに更新が早いのか。今日は数年に一度の「バルス祭り!」ですので、いつも更新しているぐらいの時刻にネットのトラフィックが最高潮に達します。それを少しでも軽減してあげたい、ということがひとつ。でも、自分自身も「ばるすっ!」てやるのですから、あんまり説得力のある答とは言えません。

20130802_194434_2

 8月1日からAEON系で販売開始となった即席麺。夏らしく、清涼感あふれるものになっております。新もん喰いの私がこんなのをみてスルーできるはずもありませんので、さっそく買ってきて試食。そのレポートを早く上げたいから早めの更新、というのでもありません。だいたい、このBlogはアテにならない情報を垂れ流します、ときっぱり宣言しているのですから。

 アテにならないついでに、明日のWAGNER三島大会、関西や中京圏から行くのにちょっとヒネった方法はいかがですか、という提案をしてみます。交通費が少しだけお得で、参加費もしくは昼食代ぐらいは浮くかもしれず、なおかつ「鉄」な行程を考えてみました。明日の土曜日、することがない人はこんなレジャーもありますよ、ということで。

20130802_194450_2

 平城遷都1300年祭・メイン会場の最寄り駅であった近鉄大和西大寺駅から、東海道本線の三島駅まで、少し経済的で、ある程度の実用性もある、そんな行き方はないものか、というのが出発点でした。

 安く行くだけなら青春18切符で片道2300円。でもそれだと、朝の5時49分に京都駅から電車に乗って、三島に着くのが12時18分。帰りは三島発17時23分で京都着が23時50分。京都駅まで車で行くか、金曜と日曜は京都に泊まるかしないという無茶な行程です。大和西大寺から一番朝早い電車に乗っても京都駅には6時過ぎにしか着きませんし、京都から大和西大寺まで行く最終電車は23時41分発なのです。どちらも微妙に間に合いません。三島滞在は約5時間で、これはまぁそんなもんでしょう。

20130802_194711_2

 大和西大寺から京都まで近鉄で出て、そこから三島までは新幹線自由席を使う、というのが普通の行き方で、これで片道10820円。7時6分に電車に乗り始めて三島駅で降りるのが9時55分。楽だし早いし最強です。また、金曜日の晩に京都から夜行バスに乗って沼津まで行くという手もあって、これなら大和西大寺から京都まで、そして沼津から三島までの電車賃も含めて7520円です。実用的なものでいくとおそらくはこれが最安値ですが、沼津に朝の8時頃到着してからどうやって時間を潰すのか、という問題があります。何より夜行バスに乗ってしまうと「ばるすっ!」ができません。

20130802_195055_3

 イタリアンの方は氷で締めて冷水を注ぐというのがポイント。冷水を注ぎすぎるとスープ方のできあがりになりますので注意が必要です。何事もやり過ぎは禁物ですから、ある程度の時間に三島に着いて、そこそこ滞在でき、しかもちょっと安い、というのが理想的です。また、道中に面白いものが含まれていないと「鉄」になりません。

 そこで、大和西大寺発5時7分の始発電車に乗るパターン。大和八木で乗り換えて三重県の名張まで行き、ここから1日1本だけの「名張発名古屋行き急行」で名古屋を目指します。通称名張ループと言われる運用で、名古屋線所属の車両と大阪線所属の車両が併結されて運行されることで有名でしたが、最近はどうなっているのか確かめてみたいところです。

20130802_194917_3

 おそばの方は氷で締めるだけ。こいつには水を入れません。水入りなし、すなわち名張から名古屋まで乗り換えなしというのを特急以外で経験でき、なおかつ伊勢中川でスイッチバックですから、なかなか「鉄」です。全線どこまでも乗れますという近鉄の株主優待乗車証を金券ショップで買えば1500円、名古屋には8時48分に到着します。

 名古屋から静岡まで「ぷらっとこだま」を利用すると4500円。静岡から三島までの在来線運賃が1900円ですから、トータルで7900円。三島到着は11時42分とまぁまぁです。帰りも同じパターンで行くなら、三島駅発17時38分の列車に乗れば良いので、滞在時間も5時間半ほどになります。

 ちなみに、新幹線を一切使わない場合は三島到着が13時過ぎとなり、帰りも16時過ぎには三島駅を出なければなりません。電車で三島まで往復したという事実が残るのみで、紙様のありがたい講座を拝聴することも出来ず、これでは三島まで行く意味がありません。

20130802_194703_2

 「ぷらっとこだま」を使わずに名古屋から三島までを新幹線で通すと1160円アップの9060円ですが、三島到着は10時45分で、帰りも三島発17時38分のこだまに乗れば、名古屋から先、近鉄の有料特急を使うことなく、ほぼその日のうちに奈良まで帰ってくることが出来ます。ただ、「ぷらっとこだま」は前日までに購入せねばならないので、この記事を書いている時点ですでに利用不可です。そこで、豊橋から三島までの間、普通に新幹線自由席を利用するプランを考えてみました。

 名古屋と豊橋の間は名鉄を使って1080円ですが、なごや特割2土休日とか、まる乗り1DAYフリーきっぷなんてものを使うと750円。豊橋から三島までは新幹線自由席で5350円、奈良からトータルで7600円となり、三島到着は11時45分で「ぷらっとこだま」とほぼ同じです。帰りも三島発18時25分のこだま号に乗れば大丈夫。京都から三島までずっと新幹線を使うプランと比べて片道だけで3000円以上お得なので、WAGNER参加費2000円と昼食代1000円が捻出できます。復路で浮く3120円は自分への日当です。いくら好きとは言え、長時間列車に揺られ、あちこちで何度も乗り換えるというのはしんどいものですからね。

20130802_194554_2

 単に安さだけを求めると、三島まで電車で往復してきました、っていうだけのことになってしまいますが、お昼頃から閉会までWAGNERの会場にいることが出来て、その後ちょこっとお土産でも見ているうちに新幹線の時間が来る、というのがいい感じです。問題は朝早く起きなければならないことと、大和西大寺に帰り着くのが8月4日午前0時を少し過ぎてしまうことです。万一、帰りに「しんどいなぁ」となったら、名古屋から大和西大寺まで1560円也で近鉄特急を利用する手もありますし、それを前提にするなら名古屋へ9時過ぎに着けばよいので、少しだけ宴会に顔を出してからさよなら、ということも出来ます。

 さぁ皆さん、今夜は「ばるすっ!」と叫んだらすぐに寝て、明日は三島へ行きませんか。意外とお得に行けるでしょ?

 なお、私ごときが調べた内容ですからどこか間違っている可能性も少なからずあります。大筋で合っているはずですけれど、ご利用は自己責任でお願いします。

« 廃盤・存続・復活 | トップページ | 聖地への道「半」ば »

コメント

目がっ!目がぁ〜っ!!と毎回やられるムスカも何だか可哀相ですね。
ジブリ映画はいつからか(話題集めのために)アイドルやタレントなどを声優として使うことが多くなり何だか違和感を感じています。
最新映画の主役の声優がエヴァの監督と知った時も耳を疑ってしまいました(笑)

くまさん 愛らしい姿ですねぇ。
こうしてワンコたちがのんびりしている様を眺めると、本当に癒されます。
ウチのワンコもいよいよ白髪が増えてきたみたいですので、それなりの年なのかなぁ、、、なんて思っております。いつまでも元気に走り回って遊んでいて欲しいですよね。

 すいどう さん

 だれかムスカ大佐の側にたったスピンアウト作品なんてものを作りませんかね。非難中傷の嵐を受ける覚悟で。

 エヴァ、あの監督だから作れたのだろうけれど、あの監督でなかったならばもっと意味の通る作品になっていたかもしれません。

 きくぞう さん

 チャイさんとのお話を伺っていてうらやましいのは、ご主人様の傍らでおとなしくネンネして、おうちの中でもちゃんとお行儀良く過ごしているのだというところ。我が家の犬たちは躾がなっていないので、勝手にウロウロさせておくと犬自身の身に危険が及びます。なのでケージの中で過ごす時間が長くなってしまうのです。可哀想なので今から必至で躾をしようかな、とも思うのですが、昼間は家にいないのでそれも難しそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039310

この記事へのトラックバック一覧です: 「半」で三島へ:

« 廃盤・存続・復活 | トップページ | 聖地への道「半」ば »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31