フォト

最近のトラックバック

« まくら | トップページ | ゴルフショップ »

2013年8月19日 (月)

似合うか?

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20130815_230527

 妙に改まった感じの「ちち(仮名)」さん。今朝、お散歩に行きたがらないという彼女をみてどこか悪いのじゃないかと家族みんなでわいわい言っておりましたが、行きたがらないそのわけは、オーブントースターでパンを焼く香ばしい匂いだったのではないかという疑惑も浮上してきております。食べさせてはいけないのだけれど、我が家のワンコたちはバタートーストが大好きなのです。

 名古屋とその周辺で暮らしている皆さんにとっては、「トーストなんて、家で食べるもんじゃなかろう。」という意識が強いようです。我が家では昔から、日曜の朝とか母親が忙しい朝なんかはパン食と決まっておりました。「代用食」なんて言っておりましたね。

 先日、ふとしたはずみで立川談志師匠が演る「芝浜」を見たのですが、「俺はねぇ、マクラなんざやらないんだよ。いきなりつぃっと噺に入ればいいんであってね・・・・・」とかいいつつ延々枕を振っている、その中にも「代用食」という言葉が出てきて、あぁやっぱり日本人は朝からご飯を炊いてお味噌汁をすすらないとダメなんだなぁ。などと改めて思いました。そういう私は、もう20年以上も朝ご飯を食べない生活を送っています。

20130803_201923

 あぁ、これネタにしよう、と写真を撮ったのはいいけれど、そのまんま放置してしまうことがよくあります。これもそんな1枚で、我が家の近所、といっても歩いて行くにはちょっと辛い場所にあるの「丘の上食堂」です。もう長いこと、そう10年以上も行きたい行きたいと思っていながら、どこにあるのかすら正確には知らなかったという食堂。名物はずばり、ソーセージです。

 妻は何度か行ったことがある、と言っておりましたが、ついにタイミングが合って、妻と二人でお邪魔したのです。そのとき、おもわず持っていたiPhoneで撮ったのがこれ。看板も、ドアも、そしてドアに書かれた店名も、どれもこれもよい感じではありませんか。

20130803_194224

 お店に入って左手、一番奥の席に陣取って、うしろを振り返ったところです。写真中央奥に見えているガラスケースの中には、さまざまなソーセージや焼き豚なんかが鎮座しております。ここでお会計をするわけですので、展示会に子どもを連れて行ったら出口でグッズが売られていて、欲しくなった子どもがねだって泣く、というパターンを自ら体験できます。満腹になっていてもなお、実においしそうに思える加工肉の数々。これは危ないです。

 丘の上食堂、なんて名前、関西では滅多になさそうな感じです。こういうお洒落な、それでいて中身がわからないような店名はやっぱり東京の専売特許で、関西では「何をえぇカッコしとんねん!ソーセージ食堂、でえぇやないかっ!」と親方みたいなオッサンに怒られておしまい、です。でもここは奈良、それも比較的お洒落と目されている地域にあるので、まぁ許してあげましょう。

20130803_201906

 ついこの間、夫婦で名古屋へ行ったような気がするのですが、妻は今朝から一泊で名古屋まで部活動の練習試合の引率に出かけています。そして私は明日、名古屋へ日帰りで生徒の引率。よっぽど名古屋に縁があるのですね。

 縁があると言えば、今日のお仕事。今日の私は、ただひたすら痩せることを願ってあえて炎天下で草刈りに励んでおりました。大分県で痛ましい事故がありましたので、遠からず「学校で刈払機使うなんて非常識っ!」と保護者の皆さんが騒ぎ始めるはずです。なので、生徒のいない時間、いない場所限定で草刈りをしていたのですが、そこに生えていたのはほとんどが「オオマツヨイグサ」でした。えぇい、この偽者め、と言いながら刈っていたのですが、実のところ、太宰治がたたえた花は、本物の月見草ではなくてこれなのだという説が有力です。

 でも、大人の背丈を超えるほどに育ったオオマツヨイグサ、いくら背が高いとはいえ、富士山に似合うとは、私には思えませんでした。

« まくら | トップページ | ゴルフショップ »

コメント

そうです。あなたと名古屋の縁はスピンターンの轍のごとくきっても切れないザウ。当方は名古屋方面はとんと縁がございませんが・・・。

くーぺ さん

でも、名古屋は名古屋でも北区には縁がないのです。パンはカリカリより柔らかいのが好きですし。

マツヨイグサの仲間は、南米原産の物ばかりです。従って、日本には移入して来た物ばかり。富士山に似合うとは思えません。

ところでマツヨイグサの連中は、種間交雑を容易に起こすことでも知られており、幾つかの種が混じって生えているところでは、中間種がゴロゴロ出来てしまいますから、分類上非常に難しい事になっているようです。

名古屋の北区のメーカーが作っている(まだ作っているの?)カリカリのパンに砂糖をまぶしたのは生駒で売っていたのでは?

 きくぞう さん

 そうなんですねぇ、なんで太宰はこんなものが富士に似合うと感じたのか、まぁ太宰ですから訳わからなくてあたりまえ、というところでしょうか。

 実際、これってオオマツヨイグサ? 何か違う、と感じるものが生えています。同じ場所で草刈りしていても、群生ごとに形が違っているのが素人にもわかるほどです。

 マオぢぃ さん

 なので、お菓子屋さんではなくてパン屋さんが作っているカリカリ砂糖付きのものを買います。生駒どころか、そこら中で売ってますもの。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039327

この記事へのトラックバック一覧です: 似合うか?:

« まくら | トップページ | ゴルフショップ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31