フォト

最近のトラックバック

« ひいてきた | トップページ | 60? »

2013年8月10日 (土)

低温多湿

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20130810_181907

 こんな姿勢で寝ていて大丈夫なのだろうか、かえってしんどくなったりしないのだろうか、と思ってしまいますが、本人(犬)はとっても楽そうにすぅすぅ寝息を立てて寝ています。このとき、撮影者の目の前にはケージの柵があり、そこに突っ張るように彼女の後ろ脚が出ているので、ついつい肉球をプニプニしてしまうのですが、そんなことをされても目をつぶったまま、面倒くさそうに脚を引っ込めるだけの彼女です。

20130809_165453 

 私の職場は、もともとあった小学校に中学校を継ぎ足す、という形でつくられた、施設一体型の小中学校です。中学校にしか無い「技術・家庭」という教科の実習室は当然ながらそのときに出来たものですから、あたらしくてとってもきれい、なおかつ冷暖房完備というすばらしい環境です。

 傾斜地に立地しているため、この実習室、階床としては地下となり、南側には広大なドライエリアがあります。その北側に位置している準備室は窓も無く、ほぼ完全なる地下室。北側にある壁の向こうは土の中ですから、部屋全体が猛烈な湿気に包まれております。土の中ですから、夏でも涼しく、おそらくは冬の寒さもさほどではないのでしょう。でも、この湿気だけはどうしようもありません。保管してあるのこぎりの刃にうっすらと錆が浮いてくるほどです。エアコンを除湿運転しておくと改善されますけれど、誰もいない部屋でずっとエアコンを動かしておくのももったいないので、もう少し電気代少なめで除湿できる方法を模索しておりました。

20130809_165552

 コンプレッサー式、デシカント式、その両者を組み合わせたハイブリッド式というのが主なところですけれど、例によって、普通のものでは面白くない、という虫が騒いでしまいました。デシカント式に比較的近い感じですが、「砂漠の空気から水を作る」なんてことを真面目に考えている会社が出しているのがコンデンス式。その会社しか出していないということは、特許の関係で他社がやれないのか、あるいはさほどの優位性が無いのかのどちらかでしょう。とりあえず試してみたいとは思ったものの、1社しか出していないということもあってお値段が可愛くありません。中古で誰か放出しないかなぁ、とネットオークションをウォッチする日々でした。

 この会社自体、実際に一度倒れておりますし、除湿器の評判についても賛否両論入り乱れております。素直にPanasonicあたりのものを買っておけば良いのに、何故かチャレンジャーの道を歩んでしまうというのが哀しいところです。

20130809_165541

 さほど重たくはありませんが、とにかくかさばります。6リットルの水をためることの出来るタンクを抱えているのですから当然かもしれませんが、住宅に置くとかなり邪魔な感じです。それでも最近は空気清浄機をどーんと置いているおうちも増えていますから、これぐらいの大きさは問題にならないのかもしれません。

 快適な温度に冷房を効かせた室内で運転してみると、1時間でコップ1杯ほどの水を絞り出しておりました。普通こういう機械はセンサーで湿度をみて、湿気がある程度以上なら除湿する、というものでしょうけれど、こいつはとにかく空気中の水分を搾り取るようです。湿気にまみれた地下室で運転してみると、半日で3リットルほどの水が溜まりました。隣接した実習室でエアコンを運転し、部屋と部屋の間にある天窓や通路のドアを開け放った状態でのテストですから、室温が低くてもけっこうな除湿能力がある、というところはある程度宣伝文句を信じてよさそうです。この先、寒い季節になってもどんどん絞ってくれるのか、そこら辺は継続してみていかなくてはわかりません。

20130809_165603

 山奥にある母の実家では、除湿器が必需品でした。押し入れに入れてある布団が1週間ほどでカビてしまうほどのすごさでしたが、職場にあるこの部屋も同じように感じられます。洗濯済みのタオルを棚の上に置いといて、翌日使おうとしたら誰か風呂上がりに使った?という感じになっておりましたから、ここの湿気は手強いです。

 ご多分に漏れず、電気代をどんどん使うと予算が無くなってしまいますし、その電気代は市民の血税から支払われていて、私自身も市民の一人です。けれども、この部屋で保管している各種の工具類もまた、市民の血税で買ったもの。うちの職場には太陽光発電システムがあるので、この機械を動かす程度の電力なら自前でまかなえる範囲だし・・・・・ということで連続運転中です。それでも、このタンクが満タンになれば自動停止してくれますから、無駄な電気を使うことにはなりません。これだけ金属製品山のように保管するための部屋がこんな立地だということ自体、学校のこと知らない人が設計したんだろうなぁ、と思いつつも、与えられたものはしっかりと活用する、ということが使命ですからね。

20130809_165640

« ひいてきた | トップページ | 60? »

コメント

思い出した。娘のところにコンビニクーラー(Sharp製)
行っているはずなので使ってなければ返してもらおう。
今日もう一人の娘のところに行ったのだが住んでるのが3人
なのにクーラーが5台もあると言うのは無駄ではないかと
言われ、娘二人が嫁ぐ前はちょうど良かったのだと言い返したが、、、
なんか説得力に欠けるのだ。

 マオぢぃ さん

 コンビニクーラーもオークションなどではよく見かけますね。安く出てます。それも検討したんですけれど、普通だから面白くないし。

小さいもの、便利なものこそ正義!という昨今の風潮に対するアンチテーゼとしてうってつけな存在かも?
私もモノに見え隠れする開発者の意思(妄執?)という何とも弱いです。

すいどう さん

そういえば、まだインターネットもなかった頃、某社製のPCを愛する人たちの集まりで知り合った巨大な人は、ひたすら小さなものが好きでした。出先で通信するなんて頭がおかしい人、という風潮があった、神話時代のお話です。でも、その頃から技術は進んで、今や電車の中で携帯端末の画面見てない人の方が少ないですものね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039318

この記事へのトラックバック一覧です: 低温多湿:

« ひいてきた | トップページ | 60? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31