フォト

最近のトラックバック

« 誰か買いませんか | トップページ | バイザー »

2013年7月22日 (月)

再会ラッシュ

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。作成者が馬鹿なんだからしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20130722_220331

 おぉ、かえってきたのね、とりあえず遊ぼうよ、ってな感じで笑っている(と人間が思っているだけ)「くま(仮名)」さん。こういう表情の犬に「笑ってるんやねぇ」なんてにこやかに話しかけたりすると、犬は人間が喜ぶのだと学習してこういう表情をつくるようになるのだそうです。実際、家の中で飼い主が子どもたちを叱りつけていたり、八つ当たりして怒鳴り散らしたりしていると、頭としっぽをさげ、しょぼんとした感じで立ちすくんでいる彼女の姿を見ることになります。落ち込んでいる人間を見つけると寄り添ってくる、と言われる犬の能力、なかなか侮れないものではないでしょうか。

20130721_203040

 こうして写真に収まったのを見ると、水族館にいるような感じです。でらくろさんが作ってくださった萬年筆洗浄キットに漬けたグランザスネオの首軸に、アルカリイオン水を注ぎ込むとこんな感じになります。もう2日ほど漬けたままですけれど、今でも注入するとペン先からインクがゆらゆら出てきます。超音波洗浄機にかけるか、いったんペン先を抜いて洗うか、そういうことでもしないと頑固な汚れは取れそうにありません。

20130722_220516

 今年は30年の教師生活で20回目となる中学3年生担当ですが、最初に担任した中学3年生がもう41歳。昨年の夏、100人ほどが集まって同窓会を開いてくれたのですが、今日のサッカーの試合でそのときの勤務校のチームが試合をしているのに立ち会いました。監督さんは25年前の私と同じぐらいの年齢ですが、その頃の私なんかとは比較にならないほどしっかりした優秀な先生です。「校長も応援に来ると思います」と聞いて、あぁ懐かしいなぁ、と。その学校に私が勤務していたときのサッカー部の監督が、今やその学校の校長なのです。

20130722_220608

 はたして、試合後にグランドの隅っこに立っていたその人と、「おぉぅ!」と再会。もう25年ほど顔を合わせていませんけれど、お互い、すぐにその人とわかったのでした。まぁその頃の私は教師未満どころか人間未満、そしてその監督はとにかく熱血で生徒とぶつかってはトラブルばかりの毎日。お互い、そういう話をすると恥ずかしいことばかりなのでしょうけれど、あの頃あの学校では毎日を過ごすことに精一杯で、私たちはそこをくぐり抜けてきた「同志」という感じなので、あの頃の自分の未熟さなんて、もうどうでも良いのです。

20130722_220702

 そういえば1週間ほど前、さる教育系の団体から学校に寄付をいただいて、その伝達に来られた人もまた、同じ学校で毎日をともにした先生でした。これまた、そばに寄っていくだけで「おぉぅ!」と固い握手。箸にも棒にもかからず、信任着任の挨拶、というところで「アイツは3日持たないだろうな」と言われていたという私ですが、四半世紀ぶりに再会を果たした先生たちが支えてくださったので、何とかこの職にしがみついていられたのです。

20130721_203205

 今の職場は若い人が一杯ですが、さて自分は、10年後、20年後にこの人たちと再会したとき、まっすぐ目を見て挨拶できるのだろうか、と考えてしまいました。やっぱり、日頃思っているように、何の役にも立たない、ただ無駄に歳を重ねただけのオッサンなのではないだろうか、という、恐怖感のようなものをおぼえてしまいます。それほどに、今の若い先生たちは皆さん優秀なのです。案外、教育の未来は明るいのかもしれません。

« 誰か買いませんか | トップページ | バイザー »

コメント

お気持ちはとてもよく分かる且つ出過ぎたことを言っているのは承知の上で敢えて書かせて頂きますが…やはり清掃を目的としたペン先抜きは禁じ手級の技だと思われます。
師匠も調整を目的とする最低限の対処は別にしても、頻回な抜き差し作業はペン先ペン芯の固定力が弱まりズレが発生しやすくなると注意されています。
ペン芯に於けるエアとインクのラインさえ確保されれば性能面に於ける影響はほぼ無視できる範囲だと考えられますので、洗浄の際は分解無しで納得するまで水責め、がベターだと思います。
もしかしたら私がずぼらで色残り等が余り気にならない故の台詞なのかもしれませんが…。

 すいどう さん

 ありがとうございます。何だかんだ言いながら、もう3日もこの状態で放置しております。あとはペン先を超音波洗浄機にかけるぐらいかな、と思っております。

 実際、セーラーなんかではそれほど心配しなくても良いのですけれど、メーカーやモデルによってはペン芯のフィンを折ってしまうというトラブルも良く聞きますね。まぁこれ、さっさと抜いて掃除できるくらいなら、調整の勉強に邁進していたと思います。出来ないのはわかってるので、はじめから自粛モードですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039297

この記事へのトラックバック一覧です: 再会ラッシュ:

« 誰か買いませんか | トップページ | バイザー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31