フォト

最近のトラックバック

« 使用前 | トップページ | やめたほうがよさそう »

2013年7月28日 (日)

まにあっくな広島

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。作成者が馬鹿なんだからしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20130727_092426

 駅のホーム。「鉄」な人であれば、奥に見える黄色い115系電車から、広島近辺ではないかと想像されることでしょう。撮影したのは午前9時半頃でしたが、すでに相当暑くなっておりました。暑いからアロハ。後ろからでも、眼鏡をかけていらっしゃることがわかります。斜めがけされているカバンには、MONTBLANCなんていうタグがぶら下がっています。声をかけるべきだろうか、知らないふりをしておくべきだろうか、悩むところです。

 この後すぐ、真っ赤に塗られた115系電車が滑り込んできました。ここ広島から呉まで、およそ30分で結ぶ快速安芸路ライナーです。キンキンに冷房の効いた車内に乗り込んで、歴史に名を残す大盗賊の名前(を半分にしたもの?)を口に出すと、お互い笑顔でご挨拶となりました。

20130727_101331

 それから30分の間は、昔の人が集落を構えた土地の特徴ですとか、四日市近辺の産業についての考察ですとか、呉線沿線の風景から考察されることですとか、実にアカデミックな内容についてお話をいたしました。二右衛門半氏が現在のBlogに移転される前に続けてらっしゃった旧Blogなどでは、よくそうしたお話が出ていたものです。えっ? よくそうした?浴槽した?ここは広島だけに、ひょっとしたら・・・・・。

20130727_101550

 会場をお借りしたビューポート呉の方の手により、部屋の前に表示がされておりました。名古屋からひかり号で広島入りされた二右衛門半氏と呉駅の改札口では、東京から飛んで来られたM氏、E氏、O氏、海を渡ってこられたY氏、呉市内の坂を下ってこられたN氏という、それだけを見れば震え上がってしまうような(強)面々が我々2名を待っていてくださったそうですが、2人とも全く気づかずに駅から出てしまいました。人間というもの、きわめて危険な状況下では生き延びるために必要な情報だけを選択して取り入れ、それ以外の情報を見ない、聞かないようになる・・・・・という話を思い出しました。

 待っていてくださった皆さんに拉致されてと合流して、会場である呉会員会館に到着すると、ケロリンさんがお待ちでした。かなり早く到着されたということで、駅まで出向くなどということはせず、どっしりと会場でお待ちになっていたとのこと。大物感がにじみ出ています。

20130727_102919

 二右衛門マスター継承順位2位の方、マスター、そしてケロリンさん。3人が囲んでいるペンケースの中身が大変なことになっていました。ここ呉でのWAGNER開催に合わせて、マスターのコレクションからセレクトされた、セーラー萬年筆とそれに関係のある萬年筆たち、というテーマ展になっていたのです。詳しい方たちがさらに加わって、あぁでもないこうでもないと実に研究会らしい論議が進んでいたのが印象的でした。

 WAGNERに参加して帰宅すると常に浴槽が待っているという、アルキメデスの原理を現代に継承している「広島の二右衛門半」さんは、今回はぐっとおとなしく、萬年筆1本だけを手に入れてご満悦の様子。けれど、最後の最後、もうすぐ逃げきりというところで、二右衛門マスターのカバンから出てきたのが葉巻関連の革製品グッズ。実は広島の二右衛門半さんは喫煙具関連にも造詣が深い方なので、その革製品を見るなり降参。ことのついでに海泡石を使ったセーラーのボールペンを買おうか見送ろうかと悩み倒している白髪猫さんの背中に真空飛び膝蹴りを食らわせておりました。白髪猫さんは、なすすべもなく陥落です。

20130727_120347

 会場となったビルと隣り合う飲食店で、珍来軒の呉冷麺が食べられるということで、お昼ご飯はそれに決定。ですが、気のせいか本来のお店で食べるのとは少し違う感じがしました。夏はやっぱりI.P.A.なんてことを言って昼間っからビールをあおっていたので、もともとたいしたことない味覚が余計におかしくなっていたのかもしれません。

 このあと、お約束通りに大和ミュージアムへ行って、そうこうするうちに夕刻となって2次会に突入。近くて楽だし、ということで、2次会もこのお店で開かれることになりました。実は私、WAGNERそのものよりも呉の夜を楽しみにしていましたので、それについてはまた次回。

20130727_120452

« 使用前 | トップページ | やめたほうがよさそう »

コメント

二右衛門半さんの旧ブログ(楽天:2008.9-2009.7)について勘違いされているのではないでしょうか。旧ブログの最後の一週間は少し陶器の話なども混じりましたが、それ以外はほとんど筆記具一筋という感じのブログでした。少し話題を広げられたのは、新ブログに移行後のことだと思います。

 yerkes さん

 あちゃー、またやってしまいましたか。何より驚きだったのは、二右衛門マスターの旧Blogがそんなに前のものだったこと。Yahooブログに移られたのは最近、なんてボケた認識をしておりました。なにごともしっかり確認しないとダメですね。ま、間違いを犯す人間に限って確認しないってのは世の常ですが・・・。

 ちゅうことで、これ以上間違った内容を世にまき散らさないために、そしtえ、私がいかにいい加減な記事を書いているかという事実はしっかりと晒しておくために、コメントだけ残して本文は削除しました。ただ、このBlogは個人的な備忘録的という意味合いもあるので、今までの記事を手元に残したままBlogを閉鎖するにはどうしたらいいのか、その方法をプロバイダに問い合わせているところなので、即閉鎖というわけにもいかないのがじれったいところです。

まあまあ、どうぞ早まったことはなさらないでください。
二右衛門半さんの旧ブログに言及していただいたおかげで、久しぶりに旧ブログを訪れることができました。古い記事を読み返してみると、つきみそう先生がコメントをつけ始められたのが2008年12月、私(別名でしたが)の初コメントが2009年1月でした。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 yerkes さん

 もうそんなに前のことなんですね。私個人のことで言うと、一つのことをこれだけ長く続けることが出来たのは生まれて初めてです。それだけでも収穫ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039303

この記事へのトラックバック一覧です: まにあっくな広島:

« 使用前 | トップページ | やめたほうがよさそう »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30