フォト

最近のトラックバック

« ナイター | トップページ | 完全バランス »

2013年6月 6日 (木)

民生用

20130531_233449

 飼い主の帰宅を知ってうっすらと目を開けた「ちち(仮名)」さん。食い気が毛皮をまとっているかのごとき彼女ですけれど、さすがに眠気の方が勝っていたのか、おやつをくれと騒ぐこともなく、そのまままぶたを閉じたのでした。草木ですら眠るという丑三つ時なのですから、いかに夜行性の犬とはいえ、眠るのも当たり前です。

20130601_134039

 先日、さる萬年筆専門店にお邪魔しておりました時に、クロネコヤマトの人が来て、お店の方が早速荷物を開梱しはじめたので、何だろうと見守っておりました。奥が荷物から出てきたもので、手前がこれまで使われていたもの。萬年筆愛好家にとってはおなじみの超音波洗浄機です。

20130601_133944

 お店がオープンしてから5年間、ずっと活躍してきた洗浄機。私のペンも何度かお世話になったことがあります。そして、ついに動かなくなったので新しいのを購入されたのですが、型番も色も、何もかも同じもの。結局のところ、そんなに選択肢があるわけではないということなのです。

20130601_133926

 本来、眼鏡などを洗浄することが想定されたものですが、アクセサリーなど小物を洗浄するときのためにステンレス製のカップが附属します。萬年筆関連の洗浄にはカップが二つある方が便利なので、ガラスのビーカーを追加して使われていたのですが、これからはステンレスのカップ二つで運用することができるわけです。

 お店の方が取扱説明書を確認すると、家庭用なので業務用には向きません、と明記されておりました。5年で壊れた、というより、よくぞ5年もってくれた、というわけです。

20130601_134006

 我が家にも超音波洗浄機があって、いつも洗浄力に不満を感じつつ使っているわけですが、業務用とか工業用の強力なヤツですとメッキなど簡単にはげてしまうでしょうし、運が悪ければ部品が壊れることもあるでしょう。超音波洗浄機で洗ってもびくともしないペン、などというものを半流の方が持ち込まれたのを何度か見たことがありますが、そういうものは特に年代物ですので、本当は超音波洗浄器に入れてはいけないはずです。そう考えると、民生用というのは頼りないようでいて、けっこういいバランスをついて造られているものだと改めて感心せずにはいられません。

« ナイター | トップページ | 完全バランス »

コメント

我が家の超音波洗浄機はすっかり洗浄後のニブ乾燥台となっています。使ってないなぁ。
小型の遠心分離機があれば洗浄に向いてるような気がします。機械の原理はタイムマシン(強制的に時間の経過を図る)なので数日分の浸け置き洗浄の効果が短期間で得られるのではないかと…。

 すいどう さん

 萬年筆の洗浄に加速試験的なものは危険なのかもしれません。超音波洗浄機でも工業用のものではメッキやインレイなどがいとも簡単にはがれ落ちてしまうそうですから、遠心分離機ともなるとたとえ小型でも・・・・・でもやってみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039245

この記事へのトラックバック一覧です: 民生用:

« ナイター | トップページ | 完全バランス »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31