フォト

最近のトラックバック

« 熟しゆくバナナに想う | トップページ | 吊しているから? »

2013年5月30日 (木)

はんな号

20130527_214033

 画面からはみ出さんばかりに長々と寝そべっている「くま(仮名)」さん。彼女くらいになるといろんな事を知り尽くしていて、あぁこの調子では何もしてくれないなぁとか、少し甘えてねだったらおやつぐらいは出てくるだろうとか、そういうところがよくわかっていますので、飼い主が帰ってきてもすぐには反応しないことが多くなっています。

20130531_030811

 ワンコと同様、あぁ、最近ずっとほったらかしやなぁ、と毎日見ているのがこちら。沖縄のは首里城で買い求めたものですが、その気になればちょいちょいと組み立てられるものなのに、封も開けずに放置したままです。今日も帰り道ではんな号を見かけました。こいつに出会うのはまだ人が起きている時間という感じがします。この時間を過ぎてしまうと、今度は新聞配達の人に出会うことになります。

20130531_030947

 こちらもお手軽なペーパークラフトシリーズ。沖縄への修学旅行の思い出に、ちょいちょいと造ってそこら辺に飾っておいてやろうと思ったものの、今日まで鞄の中で眠ったままでした。週明けから,生徒たちは「修学旅行の思い出」を整理する作業に入りますので、何とかこの週末には組み上げてしまいたいところです。

20130531_030510

 こんな風に吊すのはバナナを虐待するようなものだ、というコメントもいただきましたけれど、私にはこれしか出来ないのが辛いところです。普通のバナナなら、とっくに食べ頃という感じの色になってきました。

20130531_030552

 木になっていたときの姿で保存するのが正しい,のであれば、こういう向きで吊さないといけないことになります。ネットに入れて吊すとか、大がかりな装具をつけるとかしないと無理な感じもしますので、もうしばらくは「虐待」を続けていくしかなさそうです。

« 熟しゆくバナナに想う | トップページ | 吊しているから? »

コメント

ペーパークラフトで思い出しましたが、
仏さんのくだりは完成したんでしたっけ?


【業務連絡】
例の割引チケット入手しました。
お店に預けてありますので立ち寄られた際は
受け取ってください。

せっかくのお楽しみに水をさすようなコメントを差し上げて申し訳ありません。私にもどうすればという解決策はありません。ただ、気になったので検索してみましたら、太くて長い茎にバナナの房が付いた状態で販売されているものを見かけました。これなら茎を杭などにしばりつけると自然に近い状態での熟成ができそうですね。でも、いろいろ読んでいて島バナナは他者に販売するようなものではないことが分かりました。それぞれの家の庭に生えていて、その木で熟成したものをその家の人が食べるというものなんですね。そもそも、つるすことなど考える必要もないようです。
わざわざ撮影していただいたノーマルポジションのバナナ、この状態だと熟した実は自重を支えきれず自然にボトリと落ちそうですね。しかも皮の一部を木に残して。皮まで剥いて、どうぞ食べてくださいという風情で落ちているわけだから、見つけた動物は嬉しいでしょうね。本当にうまくできています。

 ひろなお さん

 例の文化財は目が悪いので超ゆっくりと進行中ですが、進捗状況を報告するまでには至っておりません。

 いつもありがとうございます。

 yerkes さん

 お盆のお供えには島バナナ、というのがいいですね。現地の人は少々高額でもお供え用に買い求める、なんて話も検索でヒットしてご覧になったことと思います。

 確かに、房の先っちょが空を向くように木についていれば、熟したらぽとり、ですね。けれども、普通に私みたいな吊し方をしていても、房の要の部分が腐ってバナナがぽとり、というのは良くあるみたいです。

わざわざ撮影してくださった5枚目の写真、造形としても見事なものだとながめていてふと思いついたので、また調べてみました。果物の熟成をもたらすエチレンガスはストレスを受けた部位から発生するので、バナナの場合は果実の重みがかかる付け根の部分から出てくるそうです。このエチレンガスの対空気比重は0.98で少しだけ軽いので上に向かって流れます。5枚目の写真を見ていると、先生の(?)指のあたりから出たガスが果実にまとわりつきながらゆっくりと上昇している様子が見えるような気がします。

 yerkes さん

 多分それは、私の汚い手から立ち上る邪気か毒気の類いではなかろうかと推察いたします。

 冗談はさておき、房の要の部分、少しずつですが傷んできたように思えます。食べられるようになるまでもう少しですね。

Webで探してみると、修理やオリジナル品をオーダーで対応してくれるショップが結構ありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039238

この記事へのトラックバック一覧です: はんな号:

« 熟しゆくバナナに想う | トップページ | 吊しているから? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30