フォト

最近のトラックバック

« be・・・ | トップページ | それでも・・・ »

2013年5月11日 (土)

場違い

20130511_212841_2

 なかなか雄々しいお姿の「ちち(仮名)」さん。けれども実際には食卓について夕食中の飼い主に向かってウォウウォウと鳴いているのです。今の職場に異動してきてから、生徒が何かやらかしたので遅くまで学校に残らなければならない、ということはなくなりましたが、一番苦手とするところの時間割編成に忙殺されて毎日深夜のご帰館ゆえ、犬をトリミングに連れて行くこともままならない状態。けれどもこんな状態ですから、近いうちに決死の覚悟で爪を切ってやらなければなりません。

20130511_172009

 皆さん忙しいのは同じようで、土曜日曜だとなかなかトリミングの予約が取れません。仕方がないから電車にでも乗るか、というわけで、明日まで有効のスルッとKANSAI 春の3Dayチケットを消費しているうちに、なぜか姫路まで来てしまっておりました。ここまで来る途中、iPhoneの画面が読めないからと高速神戸で降りていわゆる100均ショップをのぞいたら、予想はしていましたがきっちり売ってるのですね、105円(税込み)の老眼鏡。こういうものを作っている人たちの生活ってどうなんだろうと、恩恵を受けながらも心配になります。

20130504_203624

 相も変わらず人の多いグランフロント大阪。こちらはPaper Mintというお店です。店名からも想像されるように、店内はさまざまな紙もので埋め尽くされております。女性限定というわけではありませんが、品揃えやお店の雰囲気など、男性が入るとちょっと場違いな感じがしないでもありません。

20130504_203702

 このお店が入っているフロアは、案外楽しめると感じました。グランフロント大阪を見て回っていると、どこもかしこもファッションファッションとうたわれていて、私のような薄汚いオッサンがうろうろするのがはばかられる雰囲気です。着るものはスーパーの処分投げ売り専門の私ですから、せっかくの「ファッション」をぶちこわしにしてしまわないよう、服や靴など身につけるものを扱うお店には近づかないようにしています。けれども、 ちょっとひねりのある家庭用品とか雑貨などを見ると、場違いなのを無視してお店に入ってしまうのが難儀なところです。

20130504_202503

 これこそ、絶対に足を踏み入れてはならない感じのCampo Marzioさん。ちょっとおしゃれな萬年筆を出しているメーカー、ぐらいの認識しかなかったのですが、その萬年筆と同様、カラフルでお洒落な文具や革製品などを扱っているお店です。

20130504_202348

 店内を回っているうちに、ディスプレイされているポートフォリオがズルッと床に滑り落ちたので、それを拾い上げて店員さんに渡しつつ、撮影許可をいただきました。こういうカラフルなもの、おしゃれな女性が持っているといい感じなのでしょうけれど、私みたいな者にはとても持てませんね。結局のところ、グランフロント大阪はお洒落すぎて私なんかの行くところではない、というのが結論です。それほど変なモンを売ってるわけではない、ということを確認できたので、もう用はない、というのが本当のところなのかもしれませんが・・・・・。

20130504_202307

« be・・・ | トップページ | それでも・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039219

この記事へのトラックバック一覧です: 場違い:

« be・・・ | トップページ | それでも・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31