フォト

最近のトラックバック

« 代償行為 | トップページ | 磨きをかける »

2013年5月 1日 (水)

見分ける

20130501_235441

 あ、今日はちちめくり。写真撮ってくれ・・・・・と娘に頼んで撮ってもらった1枚。長男と長女、二人がかりで鉦や太鼓で気をひきながら撮ってくれたものです。その割には意味のわからん妙なアングルだと思われるでしょうが、ちょっとひいてみるとこんな感じになっているのです。

20130501_235428

 なぜか彼女は、ケージの柵にかけた洗濯物みたいになって甘えるのです。最初、ケージの前で寝転がっている飼い主に甘えるためにこうして首をぐぐっと下げるのだろうと思っていたのですが、写真のように立っている家族が上から手を伸ばして撫でてやってもこんな風になりますので、彼女が甘えるとき特有の姿勢、ということなのでしょう。

20130427_170035

 校内の部屋の鍵が3本。やはり学校の鍵にはこうして大きめの木片をぶら下げておくのに限ります。ホテルのルームキーなどと同じ考え方ですね。油性サインペンでJと書いてあるのが技術の実習室に附属する準備室の鍵で、その真上が実習室の鍵です。二つまとめて金工木工室の鍵、ということなのですが、あとひとつ、茶色い革紐がつけられたキーがどこの部屋のものなのか、これまでわからないままでした。

 金工木工室の鍵を使うのは技術の先生。それと一緒になっているのですから、やはり技術の先生がよく出入りする部屋の鍵であるはずです。しばし考えて、ひょっとしてあそこか、と思い当たる部屋があったので試してみたところ大正解でした。皆さんのお考えはいかがでしょうか。

20130429_215927

 刻みの形こそ違うものの、全体的なシルエットが同じキーばかり何本も持ち歩いていると、いざ部屋の前に来て鍵を開けようとしたときに時間がかかって仕方がありません。油性サインペンで色を塗ったり文字を書いたりしてもすぐに消えてしまいますので、マニキュアを塗るとよい、という話も聞いたのですが、身の回りに何色ものマニキュアを使い分けているような女性もおりませんので、鍵を見分けやすくするために買ったのが写真の商品です。こういうものが置いてあると、あぁやっぱり東急ハンズだなぁ、と思うのですが、同じ東急ハンズでもそう思わせてくれる店舗は多くありません。

20130429_215949

 ただの輪ゴムのようにも見えますが、内側にキーがはまり込む溝が作られていて、装着するとこんな感じになります。この鍵は逆三角形になっていて、サイズ的にもぎりぎりでしたが、何とかはめ込むことが出来ました。よく売られているキーカバーなどと違って、ほとんどもとのキーと同じ大きさに収まるのがありがたいところです。

20130429_220942

 5本のキーを区別したかったので、4色セットのキーリングというのも理想的でした。5本のうち4本に色違いのリングをセットしておけば、何もつけていないものと併せて5本のキーが目で見てすぐにわかります。先ほどの金工木工室とその準備室のキーには同系統の色のリングを装着してあります。

 コンピュータ室に小学3年生を入れて授業をする、学級教室からコンピュータ教室まで児童を引っ張ってきて、ドアの前でこの鍵を見せ、「さぁ、この部屋の鍵はどれでしょう!」なんてやると、ハィハィハィとあっちこっちで手が挙がって、誰もが「宝のキー」をあてる挑戦者に立候補しようとします。部屋の鍵を開けるぐらいのことで盛り上がってわぁきゃあ言ってもらえるなんて、実に幸せで面白いことですね。

 

« 代償行為 | トップページ | 磨きをかける »

コメント

やはり部外者には判断が難しい御質問ですが、技術の先生が出入りする所となると…
工具倉庫や油脂類(オイルや軽油等)の倉庫などになるのでしょうか?
う〜ん検討もつきせんね(笑)。

 すいどう さん

 はい、そう来る人が多いだろうとは思っておりました。工具類を収めてあるのが準備室というわけで、不正解です。

 なんと、今時の技術の先生はコンピュータを使って授業をしたりもするので、正解はコンピュータ教室でした。普通の教室2つ分ほどもある広い部屋にノートPCながら40台がズラッと並んでいるのは壮観です。

それぞれに鍵を使い分けておられるのですね。

僕の勤務する公共施設は、面倒くさいので鍵は全て統一されております。昔の管理者の時から同じ鍵を使って居ますので、安心なんだか不用心なんだか判りませんが、、、

 きくぞう さん

 さすがと言うべきかどうか、同じ部屋で入り口が二つある場合にはどちらも同じ鍵、という風にはなっています。そのあたり、新しく出来た施設の良さでしょうね。増築を繰り返した古い施設などですと、マスターキーが3種類、なんて珍妙なこともよくあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039209

この記事へのトラックバック一覧です: 見分ける:

« 代償行為 | トップページ | 磨きをかける »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31