フォト

最近のトラックバック

« 簡単?実は難しい | トップページ | 充実! »

2013年4月16日 (火)

宇宙人

20130413_104909

 はい、はい、はぁぃっ、と手を挙げているかのような「ちち(仮名)」さん。目の前にいる飼い主に遊んでもらいたくて、手をかけて引き寄せようという意識がこういう姿勢に出るのでしょう。その飼い主は今日、小学校3年生の子供たちを相手に授業をいたしました。

 ごく普通の、すなわち取り立てて優秀でもなく熱心に仕事に打ち込んでいるわけでもない、さりとてサボるわけでもなく、ただただ日々の仕事をこなしている学校の先生が2人いるとしましょう。一方は小学校の先生、他方は中学校の先生としますと、ほとんどの場合、小学校の先生の方が授業の準備に長い時間をかけていると思って間違いないでしょう。教える内容は中学校の方が高度かも知れませんが、教えるための技術は小学校の方が高いものを要求されるのだろうと思います。

20130414_002032

 今日の授業でも、教卓の前に座る2人の児童が阪急電車の形をした筆入れを持っていて、先生、ホレホレと見せびらかしてくるのです。そういえば先生の高校の時の友達が阪急電車の運転士さんをしているよ、といったのが運の尽きで、そこから10分ほど電車のお話。子供をなめてかかるとエラい目に遭います。

 写真は妻が職場の机の上に置くために買った、実に4000円もするブックスタンド。これだと机の端ぎりぎりに置いても隣の人の机を侵食することがありません。ベースとなる部分が幅広く作られているので、ここに重たい本を置くようにすればしっかりと支えてくれるはずです。

20130414_001940_2

 ロンドンタクシーとロンドンバス、どちらを選ぶかちょっと迷いましたが、背の高い本やファイルを立てることを考えてバスに決定。こういう、実用的だけれども遊び心のある、見てしまうと自分も欲しくなるような文具というのはなかなかありませんが、最後に残る希望の星、デフォニクスで出会ってしまいました。あぁいう危険なお店には行くものではありません。

 で、小学生相手に何とか阪急電車の話から脱出して、本題であるローマ字やアルファベットの大文字、小文字の話に入ります。ローマ字を学習するのは小学校3年生の夏から秋にかけてのことで、それを先取りしてのローマ字の学習。さらには、PCのキートップにあるのは大文字ですから、アルファベットも大文字を覚えてもらわなくてはなりません。再び春が巡ってくる頃までに、この子たちがワードで自由自在に文章を綴れるようになるところまで仕込まなくてはならないのです。それをベースに、4年生が終わる頃にはパワーポイントでプレゼンが出来るようになっている、というのが目標なのです。

20130414_111453

 アルファベットの文字が書かれたプリントを配ると、教室内のあちこちから「エィビィシィディイーエフジィー」なんて歌声が聞こえてきます。あっちでもこっちでも、めいめい勝手に歌っております。とってもいい子たちではありますが、躾という面ではまだまだ課題が残っています。

 「はい、歌もお話もやめて、いい方を見ましょう!」と呼びかけますと「いいほうってどっちぃ」とこれまたあっちこっちから声が上がりますし、そうかと思えばそういうやりとりなど知らん顔で後ろに座っている子と話し込んでいる児童もいます。目の前にいるのが人間だなんてにわかには信じられない、これは宇宙人なのかも、と思ってしまいます。勉強が良く出来て、しかもおとなしくて礼儀正しい生徒に、最新鋭のぴっかぴかの校舎。私の前任者はそういうものを捨ててでも、この宇宙人たちを相手に授業をしなくてすむ道を選んだのです。

20130414_111605_3

 おまんじゅうの話やら、先代「クマ(実名)」さんの話、さらには飼い主が小学4年生の時から飼い始めた「ペス(実名)」さんの話まで、ありとあらゆる話を繰り出しつつ、とにかくこちらを向かせておくことに集中します。ちょっとでも面白くないと思われたらおしまい。どんなに大切な話でも聞いてなんかくれません。それが小学3年生というものです。

 黒板に3本の点線と1本の実線を引いて、「はぁい、この線が1階の床ね。その上の点線が2階の床。そのまた上の点線は2階の天井です。じゃあ、一番下の点線は?」と聞けば、あっちこっちで手が上がって「はいはいはいはいはい!」の大合唱、いやバラバラの声。一番やんちゃそうな男の子を指しますと、自信たっぷりに立ち上がって咳払い一発「地下!」とドヤ顔。満面の笑みで「はぁい、大正解!」と答える私。さながらディズニーランドの中の人です。

20130414_111642_2

 いずれ、「くぉぉらぁっ!」と叱らなくてはならない場面も出てくることでしょう。担任の先生はとっても若くて綺麗な、おしとやかな女性。温かい雰囲気のクラスではありますが、すでにあっちこっちに「身勝手」の芽が出始めています。この時期はとても大切な時期で、ここで人の話をきちんと聞くという習慣を身につけさせなくては、その後の学校生活に支障を来します。中学生相手に授業をするのと比べて、3倍から4倍のエネルギーが必要だと感じましたが、貴重な体験でした。これを嫌だと思わずおもしろがってしまうあたり、やはり私はヘンタイなのでしょう。

 なんで花園饅頭の写真なのかといいますと、お送りくださった方へのお礼の気持ちです。過分なお心遣い、ありがとうございました。しかしながら、当方、奈良近辺のご案内は完全に趣味の領域でありますので、ご希望の方は、どうぞご遠慮お気遣いなく、お申し付けください。ヘンタイな一捻りした観光名(迷)所をご案内いたします。

« 簡単?実は難しい | トップページ | 充実! »

コメント

異動先の慣れない環境で張り切り過ぎた挙げ句、発熱、喉の腫れ、悪寒に倦怠感…早くも身体を壊してしまいました。つきみそうさんもお気をつけて。

 すいどう さん

 お気遣いありがとうございます。私などはいくら忙しいといっても所詮は学校ですから多寡がしれております。現に、忙しい忙しいといいながらもぴんぴんしております。ここは一つじっくりと鋭気を養われて、肩の力を少しだけ抜いてお進みください。ご自愛のほどを。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039192

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙人:

« 簡単?実は難しい | トップページ | 充実! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31