フォト

最近のトラックバック

« オマケの勝ち負け | トップページ | 今か今か »

2013年3月20日 (水)

壊れる!!

20130321_001953

 ニタ~っと笑っているようにも見える「ちち(仮名)」さん。愛用のクッションを引きずり回し、振り回して、中綿をおおかた放り出してしまったようです。ケージの外まで飛び散るほどですから、思いっきり発散したことでしょう。それでスッとしたのか、ごらんの表情で寛いでいるのです。

20130319_070210

 そのうちオーヴァーホールしなくては・・・・・と思っていたら、キッチリ壊れました。キネティックの電気を起こす部分はジャァラジャァラと音を立てていますので、電気を蓄えるキャパシタがダメになったのかとも思いましたが、竜頭を引き出すとまっすぐに出てこない、というのを見て絶望しました。とりあえず、修理お見積もりです。

20130319_065752

 時計がないと仕事に支障を来しますので、写真の黒い時計を買いました。ソーラー電波時計がいいかな、なんて思って探してみたのですが、ほとんどがごっついクロノグラフ、あるいはワールドタイム付きのものでした。機械に弱いし老眼だし、そんな機能は要りません。パッと見た瞬間に「図形」として時間をとらえられる、それが一番大切な機能です。

20130319_065821

 あと、必要だと言いながら腕にはめるのは好きではなく、夏場などはきっちり手首がボロボロになることから、チタン側、チタンブレス必須です。なら革バンドでもよいではないか、などと言う方もいますが、私ほど汗をかく人間につきあわされる革が可哀想です。電波ソーラーでチタンでシンプルなの、というとこれぐらいしか選択肢がありませんでした。

20130320_233117

 かつて3月といえば、指導要録を仕上げるためにペンを握って字を書きまくる時期と決まっていました。私などは萬年筆を使っていましたが、水性ボールペンやらゴリアテやら、その人その人でお気に入りの筆記具があったものです。今や「フリクションは使わないでね」と注意喚起をしなければならない時代です。

 定型的な評価評定はPCから印字してしまいますが、もうあと30人ちょっと、というところでプリンタが壊れてしまいました。予備役に入っていた同系機を引っ張り出してきましたが、顔料インク使用機種ゆえノズルが詰まってどうしようもありません。

20130320_233130

 まともに紙送りが出来なくなったのが1台、紙送りは完璧だけれどインクノズルが詰まって全く印刷できないのが1台。器用な人なら二個一して何とかするのでしょうけれど、そんな技量もなく、結局はamazonのお急ぎ便におすがりすることになりました。

 何でこの時期に急に不機嫌になったのか。異動する際は荷物になるからこのプリンタを置いていこう・・・・・と密かに考えていたのがプリンタにバレたのかもしれません。

20130320_233333

 3月に入ってから立て続けに3台もプリンタが壊れて、1日たりともそれなしでは過ごせないので結局代替機を調達して、と、何とも無駄なことを続けています。プリンタは便利ですけれど、異動先に持って行ってもおそらく設置する場所がないでしょうから、結局置き土産ということになりそうです。

 やはり、「あともうちょっとだけ」という気持ちが不幸を呼び寄せるみたいですね。ここは学校の先生の口癖、「家に帰るまでが○○○です!」を思い出して、気持ちを引き締めていかなければなりません。牛角で白ご飯「超盛り」食べてしまうような、やけくそな感じではいけませんね。

20130319_200931

« オマケの勝ち負け | トップページ | 今か今か »

コメント

授業などで使うのであれば、時計よりスマートフォンの方が、字が大きくて読みやすいのではないかと拝察いたします。もっとも、授業中に時間確認のためチラチラ見るのであれば、やはり時計が良いのでしょう。
僕の父親は、かまぼこ板に時計の形に彫り込みを入れ、チョークボックスの蓋に貼り付けて居りました。電車の運転手みたいにしていたのですが、多分これを机の上に置いて授業を行っていたのでしょう。

僕自身は 時折人前で話しをさせていただく時、MacのKeynoteに時計や経過時間を映し出して使っています。

 きくぞう さん

 話をしているときにいかに時間を知るか、というのはなかなかに難しく奥深い命題です。教室で授業をしている場合ですと、時計見なくても生徒の様子であとどのくらいかがわかるのですが、教務主任というのは学校の中の時計番みたいなもんなので、やはり腕時計、それも正確なのがないと何かと不便です。異動すればおそらく一担任からのスタートなので、春からは少しは気楽に過ごせそうです。

ご栄転おめでとうございます。
次は、いきなり教務主任からのスタートで、教頭、校長と 登ってゆかれるのでしょう。多分 教頭職 が一番大変かと思いますが、激務で体を壊されませんようにお気を付け下さい。

でも、教員OBの父親が言うには、教壇に立っていた時が一番楽しかった!!そうです。もっとも、30年近く昔のことです。

 きくぞう さん

 教務主任という仕事はしんどいけれどもおもしろかったです。車に乗せてもらうよりは自分で運転する方がいい、という性格なので、そう思うのも当然かもしれません。栄転かどうか、その辺は4月になればわかりますけれど、学級担任なんてできるのかなぁ、と長い長いブランク故に心配しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039165

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れる!!:

« オマケの勝ち負け | トップページ | 今か今か »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31