フォト

最近のトラックバック

« 修行! | トップページ | グリコは偉大なり! »

2013年3月17日 (日)

おくれます

20130317_171048

 手ぶれしにくいのをいいことに、最近はカメラ片手持ちでグゥ~っと寄って撮ることが増えています。以前のカメラは外れの個体だったのか、「くま(仮名)」さんみたいな白黒のものを撮ると、必ずどちらかに引っ張られて変な色合いになっておりました。白いところがはっきりと白いのが彼女のチャームポイントですので、そこがしっかり写せるのはいいですね。

20130317_233801

 iPhoneにおいて、ある意味キラーアプリの一つともいえる駅.Locky。元々は各地のWiFi基地情報を収集して研究する過程で産まれてきたものだそうです。かの有名なNext Trainを愛用させてもらってきた者として、これほどありがたいアプリはありません。で、私が一番頻繁に利用する近畿日本鉄道と奈良交通バスのダイヤが本日改正されましたので、毎年春の風物詩、時刻表データの作成に取りかかることにいたしました。

20130317_233850

 こんな感じで、現状ほとんどのデータが昨年のダイヤ改正時のものです。時刻表データが古くなるとどうにもならないので、おそらくあと1週間もすると「期限切れ」という表示が出るようになるでしょう。せめて昨年アップした駅のデータだけでも更新したいところです。

 データの更新を予定している駅のうち、大和西大寺、近鉄奈良、近鉄京都の三駅については、駅に掲出されている時刻表に記載されている発着番線を入れたいので、それらの駅の時刻表を写真に撮るか、あるいは駅で配布されているポケット時刻表を手に入れる必要があります。と、いうことで、家族で夕食を摂った後、電車に乗って出かけた私です。日曜日の夜というのに、何というお父さんでしょうか。

20130317_214542

 最寄り駅から乗った電車が次駅の手前で長々と信号待ちをするので何事かと思ったら、沿線で起こった火災の影響で電車の運行が乱れているとのこと。火災は午後7時前に起こったのですが、午後9時半頃になっても電車の遅れや運休が発生しておりました。こうなるといつも出てくるのが、「俺様が乗りたい電車が何で遅れてるんだっ!」って調子で係員にくってかかるオッサンやお兄ちゃんたち。それに対して女性は「はぁ・・・・・」と仕方なさそうに説明を聞く人が多いように見受けられました。

 

 やはり、美しい女性を連れている男性ほど気合いが入るのか、雄々しく猛々しく吠える傾向にあるようです。みんなイケメンで、ファッションもバッチリ決まっているのに艶消しですね。偉そうなことを言うと、私はこんな時、黙ってじっと待つようにしています。顔かたちも着ている服もこれ以上ないほどにダサいオッサンが見苦しく騒いだりしたら最悪ですものね。

20130318_003947

 1時間ほどで集められるはずの時刻表、結局2時間以上かかって集めて参りました。あとはこれをデータ化する作業ですが、老眼の身には実につらいものです。折りたたむと名刺サイズになるポケット時刻表の文字は裸眼では読めません。これを拡大コピーしてから作業するしかなさそうです。去年は何とか老眼鏡をかけて読むことが出来たのですが、年々つらくなりますね。

« 修行! | トップページ | グリコは偉大なり! »

コメント

近鉄奈良駅や大和西大寺駅は利用客も多いでしょうからつきみそう先生ががんばって入力されなくてもどなたかがやってくださるのでは?それにしても、つきみそう先生だけかと思ったら、東生駒と富雄の入力をされている方のアップロードもとんでもない時刻ですね。びっくりです。そのうち、近鉄から感謝状がいただけるかも。

不測の事態の時こそ冷静さを見せた方が女性への印象が良くなる様な気がするのですが。世の中が変わってしまったのか?それとも都会の方はそうなのか?何れにしても田舎のおっさんには理解に苦しむ行動です。

 yerkes さん

 自分が使いたい時刻表データなので自分で作る。で、使いたいという人が他にもいるなら使ってもらえたらうれしい、というだけのことなんです。それに、人の作ったデータはここが不満、なんてことが出てきやすいので、文句言うくらいなら自分で作ろうかと。

 あと、深夜早朝その他、仕事のない時間でもなければこんなことやってられませんから、変な時間にアップされてるんでしょうね。

 すいどう さん

 おそらく、連れの女性に自分は強いのだとアピールしてるつもりなんでしょう。以前、乗っていた列車の保安機器に不具合が出て、走行中に急ブレーキで停車したことがありました。乗務員も訳がわからず、従って案内放送も出来ない状況でした。最後尾の車両に乗っていた私は、一緒にいた妻に「来るよ来るよ!」と意味不明なことを言っておったのですが、数分後には車掌をつるし上げてやろうという魂胆の男どもがわらわらとやってきました。そういう人を観察するのは、とってもおもしろくて大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039162

この記事へのトラックバック一覧です: おくれます:

« 修行! | トップページ | グリコは偉大なり! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30