フォト

最近のトラックバック

« 大惨事! | トップページ | おかげがある »

2013年1月13日 (日)

大麻をいただく

20130113_214514_2

 トロンとした目の「ちち(仮名)」さん。さてはタイトル通り、飼い犬にまで危ないものを吸わせたのか・・・・・なんて通報しないでください。がっしりと飼い主に押さえ込まれた彼女の肉球に長女がみつろうクリームを塗り込んでいるのですが、初めのうちこそ何とか逃れようとガサゴソしていたものの、この段階ではもう諦めてじっとしていたのです。「くま(仮名)」さんほど肉球を触られることを嫌がらないということもあるのかもしれません。

20130113_165101_2

 ふと思い立って、お昼過ぎからお伊勢さんへ行ってきました。自宅にお祀りしてある御神札はもう10年以上もそのままですので、小正月である15日、あるいは昔のお正月である立春までに新しいものをいただいて来なければ、と思っておりました。伊勢神宮でいただく、神棚のお社の中に入れるお札が「神宮大麻」なのです。先日初詣に行きましたのに、前の日までは覚えていて当日コロッと忘れてしまう、といういつものパターンにハマってしまいました。我が家の子供たちに人気の豚捨てのミンチカツを買う、という大義名分、さらにはお天気が崩れるという予報にもかかわらずお昼を過ぎてもいいお天気も背中を押してくれました。

20130113_223954_2

 おかげ横丁にある豚捨でコロッケやミンチカツを買うのに30分以上は並んだことと思います。三が日や松の内の間にお参りするとものすごい人だろう、というので今日あたりお伊勢参りをする人が多いのでしょう、むしろお正月よりも混雑しているような感じがいたしました。さらには伊勢市の成人式が今日だったこともあって、おい大丈夫か、というような風体の若いのがそこら中にたむろしていて、飲酒運転が疑われるような乗り方でそこら中を車で走り回るので、道路の混雑もお正月以上でした。朝の通勤時間帯よりも昼間の方が所要時間がかかる、というのにも似た事情もあったように思います。

20130113_165148_2

 今日は行きも帰りも五十鈴川駅を利用しました。皆さんの伊勢さんへのお参りには判で押したように宇治山田駅を使われますので、駅と駅へ向かう道路の混雑は相当なものです。行きの特急列車がすでに禁煙席しか空いていないという状態でしたので、これはいかんと帰りの特急列車も早くからおさえにかかったのですが、そこら辺は皆さん考えることが同じですので早々に売り切れてしまいました。午後4時過ぎに五十鈴川駅に戻ってきて、午後6時前に発車する列車まで空席なしでしたので、それよりは早く帰り着ける宇治急を使いました。

20130113_165407_2

 大阪上本町から宇治山田まで運転される急行列車が「宇治急」ですが、初詣シーズンの休日などは五十鈴川まで延長運転されます。宇治山田駅ではホームから落ちるのではないかと心配になるほどの混雑ですが、一駅手前から乗るだけのことで、五十鈴川駅は閑散としております。お好きな席をお選びください、という乗り方が出来るのです。おかげでゆったりと乗れた・・・・・のは一駅だけで、宇治山田駅で車内は夕方のラッシュ時並みの混雑となりました。

 利用した列車には5200系が充当されていました。4扉が標準の近鉄車にあってこの系列は3扉でクロスシートですので、座席定員の面では優れていますが、通路などに立って乗るとなると、つかまるところが少ないので難儀な車両です。もちろん吊革もあるのですが、なぜか立っている人の多くが座席の背もたれにつかまります。それが長い時間となると、次第次第に座席に体を預けるような姿勢になってくるので、立っている人だけではなく着席している人にとっても快適とは言いがたい状況になってしまいます。

20130113_165420

 とにかくひどかったのが私のそばに立っていたおばちゃんのグループで、宇治山田から名張まで、狭いだの混んでいるだのという話題だけを延々と大声で話し続けておりました。じっと私の顔を見ながらそういう話をしていましたので、まぁアンタ立ちなさいよということだったのだろうと思います。若く見られたことを喜ぶべきか、変なのにとりつかれたことを悲しむべきか複雑なところですが、あまりにうっとうしいので耳栓型のイヤホンをしっかりと挿し込み、目をつぶって音楽を聴きいておりました。

 特急で帰ろうと思ったけれども空席がない、という家族連れなんかには実にお気の毒な状況でしたが、やはり電車は空いているより混んでいる方がいいですね。お伊勢さんにお参りするのに自動車は禁物。近鉄利用が一番便利です・・・・・などと言いつつ、明日はクルマで氏神様にお参りして、同じように御神札をいただいてこようと思っております。

« 大惨事! | トップページ | おかげがある »

コメント

ここ数日の記事で
みつろうクリームが欲しくなってきました(笑)
ラナパーとの明確な違いなどはあるんでしょうか?

あと確か春節は必ず旧暦一日なので、
立春と春節は一致しないはずです。

 関船 さん

 ラナパーでもいいと思いますけれど、艶はみつろうクリームの方が出るような感じがします。

 私は日本土着の「神さん」関連ですから、春節は関係ありません。中国の人は大切にされますけれどもね。旧暦に合わせるのはなかなか大変ですから、節分の翌日、で良いかと。

うちでもお伊勢さんへ行って、赤福本店で赤福買って食べたいねぇ、といっておりますが、なかなかの混雑なようで大変そうですね。
五十鈴川駅からお伊勢さんへお参りするのと、宇治山田駅からお参りするのと、時間はどのくらい違いますのやら。ま、つきみそうさんは歩いたほうがいいですよね。

参考になります。happy01

考えてみれば、神宮さんとは関係ないですね・・・
最近、旧暦や何やかんやを授業で聞いたので、つい書いてしまいました。

 くーべ さん

 宇治山田から内宮さんまで歩くのはかなりの根性がいるでしょう。普通の日常生活で「歩いて行く」という距離ではありません。その点、五十鈴川駅はそのむかし(内宮前)と駅名票に表記があったぐらいですので、ここから内宮入り口の宇治橋まで、ちゃっちゃっと歩けば15分から20分ほどです。途中、猿田彦神社のある浦田町の交差点にはでかいでかい赤福のお店がありますし。

 関船 さん

 ではついでに、なんで明治5年に日本が太陽暦を採用することになったのか、チョコッと調べてみると面白いかと思います。あと、中国にも春節はじめ祝日がいっぱいあるようですが、祝日に休むと別の土曜か日曜を出勤日にする、なんて事も行われているようです。

もうとっくに2回目の成人式を超えておりますので、今時の新成人は正に違う国の人という位に価値観が違っているのでは?と思っています。私もいつか万年筆の欲から解放されて聖人になれるよう精進したいと思います…が、その時の聖人記念ペンは何を入手しようかと考えている辺りが既に俗人です(笑)

 すいどう さん

 萬年筆の聖人というのはどのような人なのでしょうね。古今東西のありとあらゆるものに通じていて、修理も調整もできれば「半」でもあり、それでいてコレクターでなく、唯一これだけ、という1本で達筆、でしょうか。そんな人、見たことないですね。

御伊勢さんにはお参りしたいけれど、人混みは嫌。そんなへそ曲がりな我が家は、毎年1月1日の夜に伊勢詣でを敢行します。
内宮さんの近くの駐車場に、待たずに止めることが出来るので、安楽です。でも、そう言えば 外宮さんにお参りに行ったことがありません。アカンなぁ。

 きくぞう さん

 学生の頃からしばらくは、毎年、大晦日の夜10時過ぎに外宮さんへお参りして、それから内宮へ移動して正殿の前でNHK第2放送ラジオで第9を聞きながら年明けを待ち、時報とともに玉垣の中へとなだれ込む人たちにもまれつつ参拝。そこから終夜運転の近鉄で奈良の桜井まで戻って大神神社にお参りして、さらには橿原神宮へも行き、最後は京都へと上って北野天満宮そのほかへお参り、なんていう初詣のはしごをするのが通例となっていました。猛烈に寒くてたまらなかったのだけを覚えていますが、車で行けるのなら楽勝ですね。1月5日までの間は夜間も参拝できるというのを知ってはいても、寒いし暗いしで、あまり行く人がいないのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039098

この記事へのトラックバック一覧です: 大麻をいただく:

« 大惨事! | トップページ | おかげがある »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31