フォト

最近のトラックバック

« この日 | トップページ | 久々にエヴァ »

2013年1月18日 (金)

虎ブルー?

20130109_074809

 お散歩から帰ってきて、長男に遊んでもらっている「ちち(仮名)」さんをじっと見つめている「くま(仮名)」さん。そういう場面だけ見ると、完全に圧倒されているように見えます。彼女の方が年長ですし先住犬なので、飼い主としては優遇してやりたい気持ちになるわけですが、犬の社会は完全な実力社会で、年功序列制なんてありません。小柄でおとなしい「くま(仮名)」さんは、体格と勢いに勝る「ちち(仮名)」さんに圧倒されっぱなしのように思えますが、そこは年の功で、肝心なところはしっかりとおさえてきます。若くて勢いはあるけれど経験が浅くて思慮分別に欠ける「ちち(仮名)」さんに対して、「くま(仮名)」さんの貫禄勝ちというか、いかにも老練な、という表現がぴったりくる感じです。

20130105_100434

 自宅近くの駅で電車を待っているときに見つけてしまった看板。そういえば虎舞竜とかいうバンドもあったなぁ、なんて思いながらパチリ。行政が宣伝すると、センスが良いのか悪いのか、反応するのにも苦悩するような看板がいとも簡単にできあがるものですね。

 PILOTのスーパー500を使おうとキャップを開けたら、キャップの内側に固定されているはずのバネかつらがペン先に被さった状態でずるりと出てきて焦ったことがありました。そのときの画像がこちらにありますが、何ともグロテスクな、見たくないお姿です。萬年筆関係のそういったトラブルは、修理する術を持たない私にとっては本当に心臓に悪いものです。

20130118_235335

 今日も元気で活躍中の2本。上がスーパー500で、下が復刻版のウルトラです。特にウルトラはキャップの機密性が非常に高いのが特徴で、キャップを引っ張ると、落とし込み嵌合の部分が外れる「カチッ」という音よりも、「スポンッ」という音の方がよく聞こえるほどです。インクを入れたまま、しばらく使わないでしまい込んであったのですが、昨年末のWAGNER年末大バザールに持参しました折に普通に書けたのには驚かされました。

 長女が高校入試を控えた年の2月に父が亡くなり、神社へお参りしての合格祈願ができないので、ならばと安倍文殊院というお寺にお参りしてこのウルトラで奉納する般若心経を写経したのも懐かしい思い出です。漆塗りの軸はよく手になじむといいますが、私自身が緊張していて汗びっしょりだったのでいかに漆塗りの軸といえども滑りに滑り、実に難儀しながら書き上げたことを覚えています。

20130118_235514

 歩留まりが非常に悪いという問題があるとはいえ、このウルトラは是非再生産していただきたい萬年筆です。製造販売されていた当時の定価が6万円ということでしたが、今つくれば7,8万円、あるいは10万円を超えてしまうでしょうか。そうなると、萬年筆は柔らかなペン先でなければ・・・・・という昨今の風潮では売れないでしょう。私個人としては、柔らかなペン先は大好物ですけれども、実用する萬年筆は固いペン先の方がよいと思っています。けれども、10万円を超えるような萬年筆を実用に供するために買う、という人も滅多にいないことでしょう。

20130118_235612

 今週は拙Blogに怒濤のごとく英文のスパムコメントが寄せられて、仕事中も休憩時間にスパムの削除に追われるという状況でした。スパムコメントを排除する有効な手立てもなく、何を目的にそういうコメントを送りつけてくるのかも解りません。そんなトラブルのあった1週間が終わり、心安らぐ週末を迎えますが、気になることもいろいろとあるので職場でお仕事をして過ごすことになりそうです。

 この時期といえば進路関係の仕事が山積みです。今年初めて3年生を担当する若い先生が、いわゆる内申書を手書きしなければならないと知って結構ビックリしていたのを見て、そういえば若い頃、内申書を気持ちよく書くために、とか何とかこじつけて、3年生を担当するたびに新しい萬年筆を買っていたことを思い出しました。今の時代、内申書もほとんどの学校で電子的に作成したものを受け付けてくれるようになりました。便利で楽ちんではありますけれど、萬年筆を買うための口実、錦の御旗がまた一つ減ってしまったのは実に寂しいことです。

20130118_235439

« この日 | トップページ | 久々にエヴァ »

コメント

使わない万年筆、使えない万年筆(このニュアンスの違いは大きい!)を思い切って全て処分する事にしました。でもセーラーライフタイムのデッドやプロフィットマット18k等々…余りにマニアック過ぎて値段になりません(泣)。最近は沢山持っている事が段々とストレスになってきてしまいました。つきみそうさんの様に古い万年筆でも大切に使う事が出来れば良いのですけどね(笑)

 すいどう さん

 その昔はたくさん入るペンケースを職場にまで持って行って、暇なときなどは罫紙に近鉄の駅名を端から書いていく、なんてことをして無理矢理萬年筆を使っておりました。

 そういう萬年筆の処分はやはりWAGNERのミニペントレですね。放出されるときには九州へ駆けつけねば。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039103

この記事へのトラックバック一覧です: 虎ブルー?:

« この日 | トップページ | 久々にエヴァ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31