フォト

最近のトラックバック

« 初のペア像 | トップページ | あふさかのせき »

2012年10月22日 (月)

布教活動の難しさ

20121021_151746

 気持ちよさそうに眠る「くま(仮名)」さん。その傍らでは「ちち(仮名)」さんが大きな声で自分の存在をアピールしています。いわゆるかまってちゃんという存在は人に疎まれやすく、そうではない人ほど人にかまってもらえますが、犬もまた同じです。

 休み時間になれば教室から職員室へ一目散。あぁでもないこぅでもないと教師につきまとう生徒。昔からそういう子はいましたけれど、最近、そんな子が猛烈な勢いで増えてきています。恐ろしいのは、そういう子がそのまま大きくなったような大人がこれまた増えてきていること。私たちのような職業の者は、これをどうしていくのか、どういうことが出来るのか、ということを本腰を入れて考えなくてはならないと強く感じます。

20121022_224906

 仕事で使っている萬年筆たち。上のキャップレス2本は胸ポケットが定位置で、それぞれに軸と同じ色のインクが入っています。これからの冬服シーズンには両方同時に持ち歩くようになります。真っ赤なプラチナ・プレジールはPILOT823が使えなかったときに採点用として活躍してくれましたが、現在は予備役。それでも、カートリッヂさえ填めればすぐに採点できる利便性は捨てがたいので、常に職場のデスク上で待機してもらっています。

20121022_224941

 下の4本は職場のデスク上のDo You Know Me? と書かれたふざけた湯呑みの中が定位置。カスタム楓は黒インクの中~太字。LAMYサファリは中字で青インク。デスクペンはPILOT製で、合金製ながら旧型カスタムと同じような形の「爪ペン先」付き。そして採点専門のPILOT823コースニブつきです。

20121022_225146

 様式に書き込んでいくようなときはデスクペン一択ですが、下手くそな字で細字のペン先というのは最悪の組み合わせなので、何かタイトル的なものを書くときなどは楓。これだけ字幅が違います。デスクペンのカリカリした感じは、狭いところにかっちりと字を埋め込んでいくような用途にぴったりです。

20121022_225331

 他の人の机上にメモを残すような場合、黒い地で地味に書いてあるよりも色つきの文字の方が目立ちやすく、読んでもらえる可能性が高まりますから、鮮やかなブルーのインクを入れたサファリも常備してあります。強調したいときなどは採点専門の823でドドドッと書いて迫力のメモのできあがりです。

20121022_225256

 隣に座っている新人君は、なんとラッションペンでテストの採点をしています。あのフェルトを固めたような、それでいて固いペン先が紙とこすれる音が好きではなく、聞いているだけでいかにも採点しにくそう、と感じてしまうヘンタイの私は、「これで採点したら3倍速くなるよ!」と823をちらつかせているのですが、なんといってもボールペンに最適化されたような持ち方と筆記角度ゆえ、この気持ちよさがうまく伝わっていないようです。

20121022_225409

 今日の夕刻、名古屋の某社長の熱烈なファンになってしまった同僚と一緒になって萬年筆の布教活動をしておりましたが、誰も彼も無茶苦茶に立てて強筆圧で書くものですから、この気持ちよさを十分感じてもらえません。30代後半というのに、萬年筆を使ったことがない、という人も一人や二人ではありません。けれども、私たちがあまりにもすらすらと書くのを見て、あぁこれは慣れたら相当に良さそうだな、ということぐらいは感じ取ってもらえたようです。友人や知り合いで、熱心に布教活動をしている人が何人かいますけれど、きっと苦労しているのだろうなぁ、ということがようやくわかった秋の夕暮れでした。

« 初のペア像 | トップページ | あふさかのせき »

コメント

正しい書き方も一緒に紹介しないと、なかなかうまく書けないのでしょうね。私、友人に布教してますが、正しい書き方を紹介した方が布教成功しているような気がします。

 達哉ん さん

 萬年筆布教の第一人者のお言葉、重みがあります。何となく高そうだし面倒臭そうだし、という障壁を取り除くのがまず難儀ですね。そしtえ、書いてみてもそんなに気持ちよくはないという。それは角度の問題などでしょうね。めげずに布教、頑張ります。

楓はキレのある良い筆跡が出てますねぇ。筆記時のしなりが目に浮かぶようです。
布教活動はチョコチョコやっていますが、押し付けにならないようにするのが難しいです。取り敢えず興味があるそぶりを見せた人に手持ちのペンを格安で譲るなどして職場での万年筆使用者を増やすようにしています。

 すいどう さん

 100円のボールペン、なんてよく言いますけれど、100円出さなくてもそこら辺でもらったボールペンでちゃんと字が書けますから、萬年筆に関して値段を口にするのはタブーかもしれません。でも、言いたくないほど聞く人が多いのも事実でして、お、これ書きやすいね、いくら?と来て、値段を聞くと文字通り筆を置いて去って行くわけです。

 楓のペン先は萬年筆文化遺産に指定していただきたいほどのものと思っております。名品PILOT65直系、実にいい感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039015

この記事へのトラックバック一覧です: 布教活動の難しさ:

« 初のペア像 | トップページ | あふさかのせき »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30