フォト

最近のトラックバック

« 月は見ず、恥を見る | トップページ | オクリン »

2012年10月 1日 (月)

哀しきトレドの日

20120930_154037

 「くま(仮名)」さんの寝姿を見て、その日の気温を知る。我が家ではそれが当たり前になっています。この時期の朝夕の涼しさは、ときに「冷え込み」とも表現できるようなものになったりもしますので、犬たちの寝方にもそれが反映されます。夏の間はエアコンで冷やされた部屋の中でも大の字(というのが正しいのかどうか)になって寝ていた彼女たちも、これからの季節はこうして丸くなって眠ることが多くなります。

20120930_154102

 こうやって丸くなった自分の内側に鼻先を突っ込んで眠ると、息苦しくはないのだろうかと心配になりますが、犬にとってはむしろ落ち着く姿勢なのでしょうね。私などは風邪を引いて寝ているときなど、少しでも鼻の通りが悪いと目が覚めてしまい、一晩中うろうろしたり鼻の下にメンソレータムを塗り込んだりと大騒ぎなので、こんな風に眠れるのはうらやましいと感じてしまいます。ちなみに、犬も寝言を言います。飼い主に何かを訴えている夢を見ているのでしょうか、いびきの合間に、キュン、なんて鳴いたりするのが笑えます。

20121001_005628

 拙Blogでは、2009年に毎月1日はトレドの日、なんて企画をやっておりました。久々にトレドで字を書こうとペンケースを開けたところ、コロコロッと何かが転がりました。よく見ると、こんな哀しい光景が。かつて東西ドイツ統一記念のM800でも経験した、インナーキャップの破損です。

 そのときは吸わせていたPILOTの色彩雫「朝顔」が怪しいんではないか、などと思っておりました。つい最近、吸入機構のねじの部分が折れて尾栓が外れてしまったAuroraの85周年REDも、同じく色彩雫の「月夜」が何か悪さをしたのでは、と疑いました。今回のビッグトレドは、奇しくも東西ドイツ統一記念と同じ20Cのペン先を持つモデルですが、こちらは石丸さんに作っていただいたオリヂナルインク「古黒」を入れておりました。どうもこれ、インクがどうのこうのよりも、樹脂のあたりが悪かった、ということなのかもしれません。

20121001_005710

 これを修理に出しますと、キャップ丸ごとの交換になります。前回、東西ドイツ統一記念のときには、新品で現行品(今のものの一つ前。俗にプリント天冠と言われているもの)に交換するか、中古出で傷ありだけれども同じタイプ(メタルが入っているとか旧タイプとか言われるもの)にするか、と尋ねてくれたので、迷わず「中古で」とお願いしたのですが、果たして今回はそんなにうまくいくのかどうか。旧タイプのキャップの在庫があることを祈るしかありません。

 今回は、仕事が終わってから行ってもお店が開いている、ということで、大阪心斎橋の-Ir Sunrise-さんにお願いしてみようかと思っております。明日火曜日は定休日ということですので、 3日の水曜日に持ち込んでみるつもりです。

20121001_005935

« 月は見ず、恥を見る | トップページ | オクリン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038994

この記事へのトラックバック一覧です: 哀しきトレドの日:

« 月は見ず、恥を見る | トップページ | オクリン »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30