フォト

最近のトラックバック

« おしぼりの日 | トップページ | オータムレイト »

2012年10月30日 (火)

もみぢふみわけ

20121028_213718

 秋が深まってきたというよりは急に寒くなってきたという今日この頃。我が家の犬たちもすっかり冬毛にかわり、それはそれはモフモフとしたさわり心地の良い犬になっております。「くま(仮名)」さんがこういう姿勢を取っているときに背後から見ると、首の後ろのあたりが何段にもなっているのがわかります。何とか痩せさせなくてはならんと長男も長い時間散歩に連れ回したりしているのですが、飼い主に似たのか食い意地が張っていて運動が嫌いという難儀な犬ゆえ、なかなかに痩せるのは難しそうです。

20121030_101655

 飼い主の方は、痩せるためにと毎日職場の中庭に石を敷き詰める作業に「興じて」います。中庭の土をならし、そこに約20センチ四方の石(タイル)を並べていくのですが、資材である土や石を運ぶのも、しゃがんだ姿勢で石を敷き詰めていくのも、なかなかに重労働で、猛烈にお腹がすきます。そのぐらいお腹がすいた日は夕食を摂ることにしていて、雨で作業が出来なかった日などは残念ながら夕食抜きとなってしまいます。写真はそんな作業の合間に立ち上がって腰を伸ばしたときに目に入ったものです。もう遠くへ行ってしまった夏が懐かしく思い出されます。

 いかがでしょうか。奈良公園で暮らしている鹿どうしの喧嘩です。奈良公園と言えば鹿、ということで、いそいそと鹿せんべいを買い込んで鹿に近づいたものの、あまりに攻撃的な出迎えぶりにトラウマを抱え込んでしまった、という方もいるようです。虎馬といいながら、実は鹿に馬鹿にされているように感じてしまうのも奈良公園ならではです。広島県は安芸の宮島にいる鹿たちは、人がそばに来ても餌をねだったりはしません。奈良公園の鹿は、人は餌をくれる、あるいは持っているものだと思い込んでいるのですね。

20121028_170637

 喧嘩をしているのは雄の鹿。角がありませんが、それは鹿の愛護会によって角を切り落とされているからです。堅い角が人に向けられては大変ですので、観光行事を兼ねた「鹿の角きり」が10月に行われています。2頭ともに見事に角を切られてしまっていますが、春になれば袋角というものが出来ます。その中には血液が循環しておりますが、次第に固まってしっかりとした角になるのです。ですから、放っておいても角は落ちてしまうわけですが、こういう喧嘩を見ると、やはり切っといてくれてくれてありがとう、と思ってしまいますね。

Images

 で、鹿というとこれです。その昔、鹿は春日大社の神の使いとされていて、鹿を殺したものは死罪と決まっていた、とよく言われます。自宅の前に鹿の死体があると死罪になるので、奈良の人はみんな早起きして自宅前を確認し、万一鹿の死体があれば隣の家の前に移動した・・・・・なんてことも言われます。

 興福寺の稚児であった三作(みのさく)が習字をしているときに紙を咥えていった鹿に文鎮を投げて殺してしまったために石子詰めになった、という伝説があります。三作は死んだ鹿と抱き合わせになって首だけ出して穴に入れられ、周囲にぎっしりと石を詰め込まれてじわじわと圧死させられた、というのです。三作の親が子の供養のためにとその場所に紅葉を植えたのがこのような図柄の起源・・・・・なんて出来すぎた話もありますが、あまりにもこじつけっぽいですね。

20121028_173057_2

 鹿の喧嘩を撮影した場所からは、こんな風景も見えます。奈良国立博物館の新館、正倉院展が開かれている会場です。並んでいる皆さんは、通常料金で入場券を買った人たちです。正倉院展はいつ行っても混んでいて、なかなかゆっくりと見ることができませんが、安く入場してゆったりと見る方法もないわけではありません。明日はそのことを記事にしてみます。

« おしぼりの日 | トップページ | オータムレイト »

コメント

奈良公園に行った時に鹿がずんずんとこちらに迫って来る様子には確かに戦慄を覚えました。
九州管内にも野性のお猿さんがわんさか居るお山があるのでが、そこの猿軍団も間近で見ると脅威でした。

 すいどう さん

 高崎山のお猿さんと大阪は箕面のお猿さん、どちらもなかなかのものらしいですが、箕面の方がより凶暴なようですね。

 奈良公園の鹿は鹿せんべいを売っているオバチャンには逆らいませんし、言うことを良く聞きます。わかってるんでしょうね。

奈良公園の鹿・・・寄ってきた覚えが無いんですが・・・何かやったのか?ワシ・・・

 mercuryo さん

 大丈夫です。別にその「半」の匂いをかぎつけて避けたわけではありませんからご安心ください。

 こいつは餌をくれそうにないとか、食べ物持ってないと見ると寄ってこないんですよ、やつらは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039023

この記事へのトラックバック一覧です: もみぢふみわけ:

« おしぼりの日 | トップページ | オータムレイト »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31