フォト

最近のトラックバック

« 名古屋へお散歩 | トップページ | 忘れてはいけない »

2012年9月17日 (月)

誰もいない

Dcf00170

 リードを噛むのはいけないことで、飼い犬には絶対させてはいけません、なんてことは、犬を飼う前に読む本、なんてタイトルの参考書にはたいてい書かれていることです。鳴き叫ぶからと言って要求に応えてもいけないし、第一、鳴かせることがよくない。何にも言わず、ただただ飼い主のそばにじっと座っているような犬が理想、というのが一般的な考え方でしょう。そういう犬が実際にどれだけいるのかわかりませんが、我が家の犬たちは飼い主が馬鹿なのでうまくしつけてもらえなかった可哀想な犬、ということになるのでしょうね。

20120917_133144

 土日を含む3日間、近鉄全線が4000円で乗り放題という近鉄週末フリーパス、三連休の最終日も貪欲に乗り鉄しようと身支度をしながら、つい「一緒に行くか?」と次男に声をかけてしまいましたら、「行く!」という返事が返ってきました。

 親戚に言わせると、次男はとても私に似ているのだそうです。我が家の教育方針は「父のようになってはいけないよ!」なのに、その父に似ているなんて不憫でなりません。だらだらと電車に乗り続けている長閑な時間を、ゲームなどしながら過ごすというのは、iPhoneからシャッフルで流れる音楽を聞きながらうとうとと電車に揺られている私と同じパターンです。

20120917_131317_2

 そんな可哀想な次男と電車に揺られてやってきたのは、大阪方面からは最も行きにくい遊び場所、東青山四季のさとです。新青山トンネルが開通するまで、近鉄大阪線の青山峠越えは単線区間で、しかも山を避けて蛇行しておりました。新線開通後、以前の線路敷きを再利用する形で作られたのがこの施設です。入園無料で,広々としたなだらかな丘にローラー滑り台が一つあるだけ。西隣の西青山駅からここを通って東隣の榊原温泉口駅に至るハイキングコースのほぼ中間地点にあたります。

20120917_131518

 誰もいません。この青草の上に寝転がってぼぉっと過ごすには暑すぎますし、何より花がありません。花が咲き乱れる季節には何ともいえない美しさなのですが、つぼみすらありません。管理事務所を兼ねた売店におじさんが2人いるだけ。東青山駅自体、改札口に駅員さんはおらず、ホームにある運転管理用の部屋に助役さんが一人詰めているだけです。この駅の存在意義は、西隣にある西青山駅(おそらくは近鉄全線で一番乗降客の少ない駅)とともに、新青山トンネルで何らかのトラブルがあったときの前線基地、ということなのだろうと思われます。

20120917_134956

 あんまり誰もいないので、そそくさと引き上げて川合高岡駅へ向かいます。以前調査した謎のピラミッドですが、状況はさらに悪化しているようです。角をぶつけた車、セメントミキサーなどが見えますが、ピラミッドの中は以前にも増して物置化しており、内部の間取りなどがわからないほどにものが詰め込まれておりました。おそらくはどこかの建設会社が管理、あるいは所有しているものなのでしょう。

20120917_135154

 前回はたせなかった近鉄特急とのツーショットを撮ってピラミッドを後にします。年に1度か2度、このピラミッドでお祭りのようなことが行われる、と近所のガソリンスタンドで聞いたのですが、今回、あちこちで聞き込んでもそういう情報は出てきませんでしたし、「どこにあるの?」なんていう近所の人もいたほどです。普通の人はこういう変なモンには目が向かないのでしょうね。

20120917_215150

 で、帰宅して気づいたのですが今日は敬老の日。祖父母4人も両親もこの世の人ではありませんし、自分自身がもうまもなく老人の域に突入するので、今後ともお年寄りを敬うどころではないのですが、とりあえずお年寄りの萬年筆に座布団をあててもらって記念撮影をしました。せっかく出てきてもらったので、明日から3日連続で1本ずつ、現状確認をしつつ再度ご紹介していくことにします。

« 名古屋へお散歩 | トップページ | 忘れてはいけない »

コメント

人間も万年筆も歳を経たものは若いモノに比べると何だか尖った特徴がある様に思います。(逆を言えば今時の若者も現行の万年筆も目立った特徴がないのか?)明日からの紹介を楽しみにしてます。

 すいどう さん

 思うに、昔はそういうとがった部分を味として楽しむ余裕があったのではないかと。効率を考えたら、そんなものは真っ先にどこかへ追いやられてしまうものです。特徴がないという現行の萬年筆は、何十年も先にはどんな評価をされているのでしょうか。

 自分自身はもうちょっと味のあるオッサンになりたかったのですが、見た目はオッサン、中身はチャラい若者という現状を我がことながら情けなく思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038980

この記事へのトラックバック一覧です: 誰もいない:

« 名古屋へお散歩 | トップページ | 忘れてはいけない »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31