フォト

最近のトラックバック

« バスまつり2012 | トップページ | 今月のちょこちょこ »

2012年9月25日 (火)

Never Give Up

20120925_221806

 今日もヤラセの1枚です。ビーズが詰まったヒヨコのぬいぐるみに魅せられて、思わずガブッと食いついた「ちち(仮名)」さん。写真右下に写っているレモンなんかとは食感? が違うので嬉しいのでしょうか、いつもよりしっかりと食いついて離れません。

 今朝一番に顔を合わせた同僚の女性が「3キロ痩せた!」と報告してくれたのですが、いえいえ、これからですよ、このあたりで停滞しますよと腰を折るようなことを言ってしまいました。気立てが良くて可愛らしい彼女には、ぜひ健康的な痩身に成功していただきたいものです。

20120925_174405

 女生徒が高圧洗浄機で洗っているのは、正方形のタイルを並べて作られたNever Give Upというメッセージ。緑豊かな中庭の一角にあって、たしか5、6年前に並べられたものだと記憶しています。文字列の上半分を見るとわかるように、もともと白っぽい色のタイルが黒く汚れてしまい、一体何が書いてあるのかさっぱりわからない状態でした。

 この写真を撮る前は、文字以外の部分に煉瓦色のタイルがはめ込まれていたのです。写真からもわかりますように、その煉瓦色のタイルを取り除いて文字を引き立たせ、さらに綺麗に洗ってよくわかるようになったところを3階から撮影したものです。

20120925_174929

 すっかり綺麗になったところで地上の文字と記念撮影。この生徒たちは私が顧問をしている文化系の倶楽部、「科学園芸部」の諸君です。本日はもともと活動日ではなく、この生徒たちも放課後すぐに下校しようとしていたのですが、私がこのタイルをめくって洗ったりしているのを見て、「先生がやってるんだし・・・・・」と自主的に手を貸してくれたのです。

 なんて言うか、これこそ教師冥利に尽きるってやつでしょうか。この文字はこのあと分解されて、煉瓦色のタイルとともに別の場所に敷き直されることになっています。その際には別の文言が書かれることになっているので、Never Give Up、あと数日の命です。でも、私がこの生徒たちを誇らしく思う気持ちは死ぬまで残るのです。

20120925_222627

 学生は何も産み出さないので、世の中のお荷物です。ですから馬券も買えません。でも、それが未来の国を支えるのです。さらに言えば、老後の私を養ってくれるのです。それだけでもありがたいのに、先生が仕事してるから手伝おう、なんて、ホント、涙が出てくるほど嬉しいです。

20120925_222531

 学生用の萬年筆って、安もんばっかりですね。でも、それでいいのでしょう。日本の公立学校なんて、先進国の中では最悪とも思える劣悪な環境です。そこで一生懸命勉強して、すごい勢いで追い上げてきつつあるアジア諸国を振り切ってください。そして、共存共栄する道を見つけてください。一息ついたら、ちょっと上等な萬年筆を買って、ゆったりと楽しんでください。私は個人的に、学生がえぇもん持ってるなんて状況には反対です。

20120925_222346

 昨夜、親しい友人が逆風に立ち向かおうとする決意を聞きました。泣けてきました。私の人生、無茶苦茶順風です。ここまで半世紀、何の努力もしないで運だけでやってきました。すばらしい女性に拾ってもらえたので結婚することも出来ました。なのに、何となく満たされないものを感じていた自分。だめです。まるでだめです。楽な人としんどい人。しんどい人の方が圧倒的に多いのでしょうけれど、そのまだ上を行くしんどい人がいます。そのことを忘れないで、残りの人生、出来るだけ地味に頑張りたいと思います。今日の私、いつもより多めに壊れております。

« バスまつり2012 | トップページ | 今月のちょこちょこ »

コメント

Never Give Up いいっすね、傍目には参ったと思わせておいて、なになにこれからですなぁ~と密かに頑張りやがては、大したことないですわと勝つ。そんな若者が大勢いたら楽しいのになぁ~(笑)それと本日なにやら多少お壊れてみえるとか、私なんぞ日々ぶっ壊れておりますが、これが自分だと開き直って生きております(笑)

個人的な意見ですが、
ギブアップなど考えなくて、無理しなくても良いよでも
良いのかなあと、思いますけど。。。。
(障碍児教育では特に)

 夢待ち人 さん

 若い人にはホント、すぐに腐ったりせずにしたたかに生き抜いてほしいですね。若いってことだけで一財産なんですから。壊れてますので、修理をかねて29日にお邪魔します・・・・・って、余計に壊れるかな。

 

 マオぢぃ さん

 激しく同意です。生徒に対して、がんばれよ、っていう声かけは最近あまりしませんね。しんどそうにしてる人は、がんばってしまったからしんどそうにしてるわけですから、それを余計に追い込んでどうする、ってことですよね。

 幸いなことに、うちの中学生たちは、カタカナとか英語にすると、軽く受け止めやすいようです、なので、あえて英語にしてるんですね。しんどいときは、やぁめた、と大の字になるのが一番です。

(ノンナンセンスの親戚とも言える?)シェーファーのデルタグリップを使ってみてビックリ!なんじゃこの潤沢なインクフローは!こりゃあ上位金ペンモデルだったら何処まで凄いか想像もつかんっ!…ってな事ですっかりシェーファー(但しオープンニブモデルのみ)に嵌まってしまいました。また冥府への入口が一つ増えた気がします(笑)

 すいどう さん

 そうでしょ、えぇでしょ、シェーファー。ですのでここはひとつ、勢いに乗ってヘンタイニブの反り上がり反則書き味もご堪能ください。ヘンタイへの道、まっしぐらです。

思わずうるっとしてしまいました。
そんな風に思ってもらえる生徒も、奥様も、しあわせですね。

 大阪のオバチャン さん

 そこが私の運のいいところで、周りにはいい人ばっかりなんですね、これが。妻に拾ってもらってなかったら、今でも独身でしょう。両親が他界し、妹も片付いているので、きっと乱れた暮らしをしていたことでしょう。ホームレスやってたかも知れませんね。にもかかわらず、大阪のオバチャンみたいな綺麗な女性を見ると目がハートになるという、もうどうしようもない悪いオッサンなのです。困ったもんですね。いずれバチが当たることでしょう。

日本語にすると「負けるもんか!」でっしゃろか。運の善し悪しにゴタクを並べてもしょうがないので、甘受しましょう。能力のなさに嘆いてみてもしょうがないので、甘受しましょう。
そ~のうちなんとか、な~るだろう♪

 くーべ さん

 いいお言葉です。おし抱いて頂戴します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038988

この記事へのトラックバック一覧です: Never Give Up:

« バスまつり2012 | トップページ | 今月のちょこちょこ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31