フォト

最近のトラックバック

« 老山白檀@万年筆博士 | トップページ | 備前長船・1 »

2012年8月13日 (月)

一つできたらまた次

20120813_221342

 雷鳴とどろく中、あきらめて眠っている「くま(仮名)」さん。人間でも雷が苦手という人は結構多いですが、大多数の犬も雷、あるいは花火の音なんかが嫌いなようです。割と近いところに落ちたときなど、バリバリ、ドーンという音におびえて飼い主にすり寄ってきたりしますが、それをかわいいと感じる飼い主がかまうものですから、犬は学習してしまうのでしょう。ためしに、雷が鳴っているときに部屋に犬だけを放っておいてそっと観察してみると、こんな風に静かにしていることがほとんどです。

20120813_221546

 万年筆の教科書、ペリカンのM800です。しかも地味な黒軸金トリムの仏壇仕様ですので、お盆にはぴったりです。今朝は3時に起きてお墓参りに行くぞ、と決めていたのに目覚めたのは4時。出遅れたっ、と焦りつつクルマを駆って何とか6時過ぎには高野山の奥の院にあるお墓に到着しました。お墓の周りと墓石を清めて、蝋燭を灯し、お線香をあげる、実に手慣れたものです。 私の父も同業で、お盆でも休めませんでしたから、お墓参りは子供の頃から私の仕事でした。

 お墓参りを済ませ、下界に降りて職場近くのパン屋さんに寄ると「あれっ?夏休みじゃないんですか。」という反応。毎年、教育長の名前で「生徒の夏休み中には、教員も絶対に7日休みを取ること。校長は自分ところの教師が確実に休みを取っているかどうか、しっかり確認すること。」なんて通達が来ていて、守らないとシバかれますので、提出する書類には適当に7日間、休みのところに○をつけてあるはずです。

Dscf3799

 冒頭のM800は、この日の記事に登場したペンそのものです。上の写真のようにぐにゃりとペン先が曲がってしまい、長い間放置されていたものですが、次代の調整士として期待されているカーボン先生に課題というか、教材というか、とにかく生贄だから好きにして、ということでお願いしてあったものです。

 オッサンなんちゅうもん持ってきよんねん・・・・・と開いた口のふさがらなかったカーボン先生ですが、結果は冒頭の写真の通り。どこが曲がってたんや?というほど見事に修正してくださっています。

20120813_220903_2

 このペンを託したときは、あまりのことにM800やなぁ、ぐらいの認識しかなかったカーボン先生ですが、いざペン先をいじり始めてびっくり。まずは金の品位が14C、太さの表記もどこか変。そういうヘンタイぶりにもめげず、持ち前の器用さを最大限に発揮してここまで修復してくださったこと、心から感謝です。親方も「OK!」の仕上がりです。

20120813_231300

 これで残るはペンポイントの飛んでしまったPILOT823ですが、こればっかりは直すとかそういう話ではないので、自由研究の題材にしていただこうかな、と勝手なことを考えています。そのための教材も用意いたしました。

20120813_231343

 新宿ヨドバシの前を通り過ぎて・・・・・の凶悪なお店ですね。なぜか貯まっていたこのお店のポイントだけで手に入れました。流通の都合がありますから仕方がないとはいえ、いつもながら箱ばかり大きくてもったいない感じがしますね。

20120813_231605

 ほんと、封筒に入れて送ってくれたらそれでいい、というようなものですけれど、そうすると今度は曲がったりしないか心配ですから、結局仕方のないところですね。PILOTの15号ペン先、コースニブです。ペンポイントの飛んでしまったペン先をこいつに交換して、採点用に最適(!)なペンに仕上げてください、というのが次なる課題。いつも勝手なお願いばかりしてすみません。どんな分野でも、できない人ができる人にするお願いというのは、結局、無理なことばっかりなものなのです。

« 老山白檀@万年筆博士 | トップページ | 備前長船・1 »

コメント

M800はどうにかこうにかお見せできる状態になり、安堵の息をついております。

……次回のお題、どうぞお手柔らかに……(汗

カーボン先生

いや、実に申し訳ないとは思いつつ、これも文字通り教育の一環、などと開き直ってお願いしちゃいます。もっと言えば岡山にこのペン先持って行くべきでした。あ、そうだ、送っちゃいます(鬼)。

適当なら○じゃ無くて?をつけましょう。

◯つけるのでも、萬年筆にとっては過酷なのです。はてなマークもなかなか手強そうですね。

〇は確かにどこかで引っ掛かりが出そうですね。試し書きをする時に片仮名でハヒフヘホとラリルレロがスムーズに書ければ良い調整のペン先と自己判断してます。余り良い方法とは言えないのですが(笑)

 すいどう さん

 特にラリルレロのルやレ、右上に跳ね上げるときに引っかかるペンが多いように思いますね。なのでいい方法ですよ、それ。

 永字八法といいますけれど、調整士のwakameさんなんかは泳という字を書いて試されてたりします。

 最近の萬年筆情報に疎いので、15号ニブでコースって画像に思わず興奮し、拡大しようとして何故かブラウザを閉じてしまいました。

 743用と思われるのですが、いつの間にライン・アップに加わったのでしょう?

 こんなの見せられると「こりゃウカウカしてはおられんな」と思い知らされます。

 monolith6 さん

 控えめに撮ったつもりですが、球のデカさはわかるはずです。PILOTのペンクリなどの際にお願いすると、場合によっては応じていただけることもあるようですが、普通は823にはコースニブの設定はないので、これが売られているのを知ったときには即とびついてました。

私がやりたいぐらいの課題ですが、カーボン君にOver takeしてもらう為にも今回は我慢します(笑
因みに試筆は『泳』と『光』で試しています。

 wakame さん

 まぁどなたにやっていただいても良いのですけれど、カーボン君いじめた方が盛り上がるかなぁ・・・と。

 なるほど「光」も過酷ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038945

この記事へのトラックバック一覧です: 一つできたらまた次:

« 老山白檀@万年筆博士 | トップページ | 備前長船・1 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31