フォト

最近のトラックバック

« iPhoneのカメラ | トップページ | のせられる »

2012年8月 9日 (木)

馬の背

20120809_150716

 しばしの休憩中に道ばたの草を食む「なな(実名)」ちゃん。鳥取砂丘で観光用馬車を牽くのがお仕事です。駐車場に車を駐め、目の前にある階段を上ると、誰もが「わぁ~」となる大砂丘が目の前に広がっていますが、ここで左に行くと駱駝に乗る体験、すぐ右手で待っているのが観光馬車です。

20120809_150905

 おなじみ鳥取大砂丘のメインとなる部分、通称「馬の背」。夏休みは暑いし人出がすごいからどこへも行かない、というのが我が家の基本方針ですけれども、大人はともかく子供には可哀想ですので、お父さんのちょっとした用事にかこつけて鳥取まで日帰りの旅。横着にも朝の7時過ぎに家を出たのできっちりバチがあたり、中国道の吹田から宝塚まで絶賛大渋滞中。自宅から鳥取まで、ノンストップなら2時間半ほどで着くところ、休憩2回を含め実に3時間半もかかってしまいました。

20120809_151012

 馬車を引く「なな(実名)」ちゃんの手綱を握るお兄さんは実に饒舌。鳥取砂丘といえばこれでしょう、という見事な風紋の写真を見せてくれて「こんなの、年に2、3回しかできないよ。でお客さんたち運がいい。今日はね、ちっちゃい風紋みたいなのが見られますよ。」ということで、最大望遠でとらえたのがこちら。足跡がついていないところをよく見ると、砂の上に細かい皺みたいなものが見える、これが風の作った模様だそうです。

20120809_143845

 鳥取のお土産は何にしようか、と来ればすぐに思い浮かぶのが梨。それもできれば20世紀がほしいところですが、時期が少し早いことと、20世紀梨自体、生産量が減っているそうなのでなかなか手に入りません。鳥取砂丘近くのお土産物屋さんでゲットしたのはこの砂像の写真、そしてさらに有名なこのクマさんの写真だけでした。

20120809_143649

 そんな私たち一行がさる方からいただいたお土産、これがまたさりげなくすごいものでした。江戸時代から因幡地方で親しまれてきたという「生姜せんべい」、いくつか製造元があるうちでも代表的なお店、宝月堂さんが出されているものをいただきました。

20120809_231111

 こちらのお土産をいただいた時点で、お父さんは大満足。そのまま帰っても不満はない、という状態だったのですが、若い頃から身に染みついた貧乏旅行の癖はなかなか抜けません。せっかく来たのだから・・・・・ということであちらこちら回る回る。本人は満足ですけれど、同行者は疲れてヘロヘロ、というのがいつものパターンです。

20120809_144026

 しかも鳥取では今、こんなことをやっているのです。水木しげるさんは特に有名ですが、他にも谷口ジローさんや青山剛昌さんなども鳥取出身。そんなところに小学生の子供を連れて行って名探偵コナンが出てくれば、興味を持つのも当然ですね。結局はコナンのせいで、鳥取県を東から西へと横断する羽目になりましたが、おかげで20世紀梨も手に入りました。コナンについては、また明日。

20120809_234631

« iPhoneのカメラ | トップページ | のせられる »

コメント

鳥取県と聞くと最初に浮かぶのが、あの手作り万年筆の店というあたり、私もかなりの駄目人間です。見た目はオヤジ!頭脳は子ども!なものですから…。

 すいどう さん

 私も鳥取県というとそのお店と梨、砂丘ぐらいしか思い当たりませんが、当たり前のことながら、現地の人に聞くともっといろいろなものが・・・・・ですね。

 この続きは見た目は子供な名探偵のお話です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038941

この記事へのトラックバック一覧です: 馬の背:

« iPhoneのカメラ | トップページ | のせられる »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31