フォト

最近のトラックバック

« 大仏プリン | トップページ | 焼き付ける »

2012年8月18日 (土)

夏の終わり

Img_0919

 今日もまたお医者様へと連れて行かれて、ドナドナ状態の2頭。最近はワゴン車でも床の低いのがエラいということになっていますので、先代のエルグランドみたいに地面から床まで結構な高さのある車は古くさい、ということに決められております。実際ワンコたちもその意見には賛成のようで、おうちに着いたから早く降りてゆっくりしたい、とは思いつつ、この高さ、はたして飛び降りられるのだろうか、と逡巡しているのです。

Img_0973

 大気の状態が不安定だとかで、午後になるとお約束のように雷鳴がとどろいて大粒の雨が落ちてくる、ということが続いています。そうなる前のひととき、職場の中庭に出て、吹き寄せる風に雨が近いことを感じながら、パシャパシャと写真を撮っておりました。

 奥の花壇で大きな花を咲かせてくれていた向日葵ですが、役目を終えて引き抜かれてしまいました。花の部分はきちんと乾かして丁寧に種を取り、来年へと命をつなぎます。

Img_0960

 盛夏と呼ばれる季節であれば、もっと派手に、もっとたくましく見えるはずの向日葵。秋が近づいてきたこの時期、花こそ保っているものの、もうそろそろ秋の草花に花壇を譲る時期だというのがわかります。

Img_0959

 派手さでは負けますけれど、まだ朝夕は肌寒い頃から秋と呼ばれる季節まで、次から次へと交代で花をつないでくれるのが朝顔。枯れていく向日葵のすぐ隣で、まだまだしっかりとした花を咲かせ続けてくれています。

Img_0958

 生き急いだゴーヤ。緑色のしっかりした実はオレンジ色になり、弾力性も失われて、やがてこのようにはぜてしまいます。これはまだゴーヤの実だったことがわかる形をしていますが、もうすぐ、誰かがミカンを食べて皮をそこらに捨てていったのか、と思うような姿になります。

Img_0971

 夏(休み)が終わる、というだけでも猛烈に寂しいのに、こんな風に朽ちていくものたちを見ているとなおさらに寂しさが増してしまいます。でもこういうはかなさ、寂しさがあるからこそ、四季の移ろいが味わい深いものになるのでしょう。

Img_0967

 暑かった夏が過ぎ去ると、やってくるのは実りの秋。こちらではコットンの実がなっています。クリーム色の花がピンク色に変わり、このような実になります。実は緑色から茶色へと変色し、やがて外側が枯れてはじけるように中から真っ白な綿が顔を出すのです。

Img_0969

 こんな時季外れなものも・・・・・と思ったら、見えないところはカラスにつつかれておりました。早速取り上げて食べてみた人の話によると、とっても甘くておいしかったということです。鳥たちはいつが食べ頃かというのを実に的確に見抜くものですね。

083

 などと感傷的になっていた土曜日。我が家にもこんな本があるのを発見してしまいました。個人的には表紙にある「興福寺の修羅場像」なんてのがお気に入りです。

 おもしろいのは、この本を長女が買ってきたということ。テンネン度400パーセントの彼女のこと、こんな本読まなくても、師匠をうならせるような珍回答を大量生産する力を持っているはずなのですが・・・・・。

« 大仏プリン | トップページ | 焼き付ける »

コメント

ヒマワリの種と言ったら当然ビールのアテでんがな。
昨日今年最後(だと信じている)の苦瓜が食卓に
出ていた。
もずく酢のキュウリの代わりに入れたら結構美味しい。

夏が過ぎれば実りの秋ですね。梨や栗など味覚には事欠かない時節ですが、如何せん高価なので賞味することさえ中々叶いません
柿喰えば金が無くなり法隆寺…おそまつ。

 マオぢぃ さん

 私はやっぱりお子ちゃまなので、ニガウリがどう形を変えようとも口に入れられません。沖縄へ行くとゴーヤ茶なんかガンガン呑んでるのにねぇ。

 向日葵の種がうまいとは聞きつつ、未だ試したことはありません。やっぱりお子ちゃま。

 すいどう さん

 梨も嫌いだし、柿も食べられない、となれば栗とかサツマイモとか、そのあたりでしょうか。夏を越して実るものというとやはりサツマイモ。この夏の終わりにジャガイモを植えると、11月頃においしいのがとれますし・・・。

 奈良県は柿の名産地で、安いのもありますから、法隆寺まで行く必要はなさそうです。


太陽の花。。。
日まわり。

大好きなお花です。

ひまわりの季節が終わるのが毎年とっても淋しいです。

 fami さん

 ヒマワリは、それが咲き誇っているときには周りを圧倒する迫力、そして「夏っ!」というオーラを出して、周囲を皆夏にしてしまいますね。ソフィア・ローレン出演の名作映画「ひまわり」ではそんな感じを受けませんが、日本の夏に咲くヒマワリはやっぱり「暑苦しく」て、そして「夏」そのものです。だからこそ私(たち)は、ヒマワリが少しずつ衰え、枯れていくのを見て夏の終わりを意識するのでしょうね。寂しいけれど、でも、秋の始まりですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038950

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり:

« 大仏プリン | トップページ | 焼き付ける »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31