フォト

最近のトラックバック

« 変な社長に会いに行こう! | トップページ | 馬の背 »

2012年8月 8日 (水)

iPhoneのカメラ

20120805_103506

 iPhoeのカメラは高性能で、とってもきれいに撮れると言われています。実際、私の周辺にいる人たちはデジタルカメラで撮る以上にきれいな写真をiPhoneで撮っていますが、一人私だけはこんな風に、どことなくぼけたような暗いような、見ていて目が痛くなる写真を撮ってしまいます。何かこう、決定的な間違いを犯しているような気がしてなりません。ちなみにこの写真は、お医者様へ行く車中で信号待ちの間に撮られたもの。すっかりおびえておとなしくしている「ちち(仮名)」さんです。

413

 この写真を見ていると、涙が出てきますね。感情の話ではなくて、実際に目が痛くなって涙が出てくると思います。カメラの方でピントを合わせられていないのを目が何とかしようとがんばるからでしょう。

 この白い箱は、モリソンファクトリーの「おまけ」です。舶来の万年筆などを買おうという場合、モリソンファクトリーの「おまけ」が気に入れば、お願いするのも一つの手です。鉄ペンがおまけについてくることも多いのですが、今回は金ペンです。

414

 かつて製造したものが大量に倉庫に眠っているから、ということでの「おまけ」ですが、一応インクが出るかどうかのチェックを通過したものが添付されてきます。今回はプラチナのインクカートリッヂもついてきました。

415

 ステンレス製のつるんとした軸とキャップ。大変にシンプルな万年筆です。実用品としてポケットに挿して持ち歩くような使い方ですと、結局この辺のサイズが一番具合が良いように思います。

416

 キャップは落とし込み嵌合のような、バネかつら嵌合のような、あまり経験したことのない感じです。すなわち、キャップを外すときには明確な「カチッ」という感触があるのに対して、キャップをはめるときには、最後まで押し込んでも「カチッ」とはなりません。非常にスムーズに、スゥ~っと定位置までキャップが移動しておしまいです。

417

 首軸先端の金属部分は大丈夫でしょうか。カートリッヂで使っていくのであれば心配する必要もないでしょう。このショットでペン先の様子まできちんと写し込んだつもりだったのですが、ボケボケでよくわかりませんね。

418

 これで何とか、14K Morison という刻印が読み取れるようになりました。もともとマクロ撮影のできないiPhone搭載のカメラですから、この程度まで写れば上出来でしょう。いろいろと試してみましたが、やはり明日の鳥取、普通のカメラを持って行くしかなさそうです。

« 変な社長に会いに行こう! | トップページ | 馬の背 »

コメント

後ろのRealforceのほうが気になります(^^;

よく判らんなあ~~
どうも、知っているくせに知らないふりして、あほな
文章書くからなあ、つきみそうは
まあ、それは置いといて、
ピンボケ写真は、ピントが合う前にシャッター押したか
真ん中の箱ののっぺり部分でカメラの合焦部分が
そこなので、ピントが合わしにくかった。
まあ、始めのほうでせう。
ちち(仮名)がちゃんとカメラの方向いてるやん
昼なので補助光が光ってなかった?
これもどうもなあ?
余り民主党みたいな答弁されても???

アメリカの動物園。驚いたことにカメラよりも,iPadで撮影している人の方が多かったです。暗い所でも,比較的大きい画像で対象を確認できることが良いのでしょう。ただ、ホールド感が良くなく。画像がブレブレになる心配があるように思います。

 達哉ん さん

 実はこのRealForce、めっちゃくっちゃ汚いのです。なので近いうちに完全分解・洗浄しようと思っております。

 マオぢぃ さん

 まず一つ目に考えた理由。レンズの部分に手が当たるので、知らず知らずにレンズの前玉(またはその外のガラス?)を汚してしまっていて、画像がぼけてしまう。

 次に考えた理由が、誰もがやっている撮影方法を自分だけ知らずに、ボケて当然、という撮り方をしている。

 あまり考えたくないけれども、私のiPhoneのカメラユニットが微妙に壊れている。

 この3つを並べると、やっぱり、自分がへたくそ、っていうのが一番それらしい理由だと思いませんか?

 Bromfield さん

 彼の地の人々は体格もよく、したがってお手々も大きいのでがっしりホールドできるのではないでしょうか。日本でも、京都などではiPad構えている外国人をよく見かけますね。

これはジャパニーズスクイッドペン!!
その昔は面白いペンが多かったんですねぇ。モリソンもオマケじゃなくて単体で販売してくれないかなぁ??

全部却下だなあ。
撮影時のブレに関しては、シャッターを外側にある
ボリュームをシャッターに代用か、短時間のタイマーを
使ってぶれにくくするだな。
レンズの汚れは私が以前持っていったマイクロファイバーの
布を使って常に拭いているだな。(まだ一箱ある)
マクロ機能を使わずに後でトリミングも可だよん。

 すいどう さん

 要するに修理や調整といった生産者義務を果たすことができないからいくら在庫があっても販売できない、ということのようですね。結局、おまけがほしいばっかりにモリソン萬年筆でペンを買ってしまう、と、まんまと販売戦略に乗せられてます。

 マオぢぃ さん

 ボリュームボタンをシャッター代わりに使って写真を撮ると、上下逆さまになるのですよね。まぁあとで加工したらよいのだけれども。それに、ブレるのはボリュームボタン使っても変わりません。手が震えるというか、しっかり構えられないんですね。構図とかピントとか、そういうこと以前の問題ですな。

それは撮る時の姿勢じゃ!
腕を伸ばさずに脇を締めてじゃな。

 マオぢぃ さん

 姿勢・・・・・子供の時から姿勢が悪いと親には怒られっぱなし。姿形の姿勢のみならず、物事に取り組む姿勢も良かったためしがない私。あきまへん・・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038940

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのカメラ:

« 変な社長に会いに行こう! | トップページ | 馬の背 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30