フォト

最近のトラックバック

« 緊急筆洗い | トップページ | 曲がり角 »

2012年7月26日 (木)

おっちゃん大興奮!

 第3回 y. y. Day in エルおおさか 今週末開催です。要項などを記載した専用Blogも開設中です。みんなで集まって、今年もワイワイ楽しみましょう。

 今週末と言いつつ、すでに木曜の夜ですから、明日の晩には用意をして枕元に服とエプロンと万年筆を置いて早く寝なければいけません。萬年筆ってどんな感じ?っていう人に「よかったら書いてみませんか?」と差し出すのはどんなペンが良いのでしょう。旧くて新しいテーマです。たいしたペンは持っていないのですが、何本か個性的なものを持参したいと思います。百貨店などで試筆するよりもリラックスした雰囲気で、じっくり座って書けますし、「何か買わんとあかんのかな・・・」なんて気を遣う必要もないのでおすすめです。

 今週土曜日は、萬年筆で楽しく遊びましょう。家族みんなでエルおおさかへ。

20120726_205528

 遊んでもらおうとおおいに盛り上がっていた「ちち(仮名)」さん。飼い主がカメラを構えたとたん、こんな感じになってしまいました。足下に落ちている黄色いのはレモンの形をしたおもちゃ。こいつを口にくわえてケージの縁に前脚をかけ、飼い主が口の中のレモンを奪い取って放り投げてくれるのを待っては拾いに行って・・・・・という遊びの最中でした。せっかく遊んでたのになぁ・・・・・と恨めしげに見上げている眼が何とも。

20120725_181658

 危ない取り引きの現場をおさえました・・・・・ではなくて、部屋の整理をしていたら隅っこから出てきたのがこれです。左がタイプライター、右がラップトップPC、いずれも名前そのものが懐かしい代物です。同僚のお父様が亡くなった後、遺品の中から頂戴したものですが、これまで手に取ることもなく、部屋の隅っこに置きっ放しになっておりました。

20120725_181811

 オリベッティのレッテラシリーズは30番台のものがよく知られていますが、実用に関してはこれでも十分です。その昔、生徒に渡す定期テストの得点票をこいつで打っていた同僚がいて、その着想力に感心したものです。20代後半の同僚はこれを見て、初めてタイプライターの動作原理がわかった・・・などと言っておりました。キャリッヂ・リターンなんて懐かしい言葉についても説明したんですが、そもそも最近のPCキーボードにはCRなんて刻印、ありませんね。

20120726_160657

 パーソナルコンピュータは、大きくPC-ATマシンとMachintoshとに分けられる・・・・・のが今日の常識ですけれど、それ以前のマシン。日本国内で圧倒的優位に立ち、パソコンといえばこれだ、と誰もが信じて疑わなかったNECのPC-9800シリーズが天下を盗る前ですね。社会人になって間もなく、職場でパソコン買うのに何が良いか、と聞かれて、そりゃFM16βでしょ、と答えた昔を思い出させてくれます。

20120726_161629

 記憶にあるMS-DOSで最も旧いのは2.11で、この3.1というのはNEC系ではさほど評判が良くなく、割と早くに3.3に移行してしまったのではないかと思います。真っ赤なプラズマディスプレイ、当時いくらぐらいしたんでしょうか。この筐体にハードディスクも内蔵しているのです。ECHO OFFって、何回この呪文を叩いたことか・・・・・。config.sysとautoexec.batがお友達だった20数年前。とてもとても懐かしいです。

20120725_182140

 恐ろしいことに、内蔵時計が生きてました。電源を入れて待つことしばし、起動完了した画面にはその日そのときの日付時刻が表示されているではありませんか。これを見た若手の同僚は、「ネットで時刻を・・・・・」なんて言いましたけれど、こいつが現役だった時代、まだインターネットの本格的な商用利用は始まっていなかったはずです。JUNETっていう、とっても怖い人が入り浸ってるネットがあるらしい。下手なこと発言したら、日経mixよりも怖いらしいぜ、なんて言ってたのを思い出します。ちなみに私の日経mixでのIDがpanasyでした。

20120725_183232

 い、EMSです。一太郎4が出たとき、HDDとEMSがなければまともに動作しない、と7時のNHKニュースでも取り上げられた、あのEMSです。このマシンはメモリ3MBなので、EMSもたっぷりとれます。MS-DOS5.0が出たときには、UMB使ってメインメモリ空けるぜぇ、なんて徹夜でdonfig.sysとautoexec.bat書き直しては再起動を繰り返したものですが、このマシンはそういう使われ方はしなかったようですね。なんせ、キューハチじゃないのですから。

20120726_161124_2

 この起動画面を見たあたりで、同席していた57歳の同僚と私は歓喜の叫び。当時9万8千円もしたLotus1-2-3様です。黒い魔ソフト謹製のマルチプランなんて蹴っ飛ばして、1-2-3使えなければパソコン使えることにならない、なんて状況でしたけれど、四半世紀経った今でも、エクセル使えなきゃPC使えることにならない・・・って、まったく進歩してないんですね。

20120726_161521

 富士通のラップトップやねんから、あれも入ってるはずやろ・・・・・と西の方から声がします。入ってますよ、OASYS。そしてOASYSが入ってるってことは、このマシン、あぁやっぱりそうです、キーボードが変です。

20120726_161741

 奈良県民ですから、このキーボードを馬鹿にしてはいけません。奈良県生まれの神田泰典さんが親指シフトの生みの親だからです。最近では勝間何とかという女性も親指シフトを愛用しているとか聞きましたが、私はあの手の女性は怖いので苦手です。

20120726_161714

 こんなメッセイジ。けっしてメッセージではありません。ハードディスク付いてる機械はSTOPキーとかBREAKキーを押してから電源切らないと壊れるって言われてたとか、1-2-3に生徒の点数打ち込んで、ソレッて並べ替えたら、名前の列を置き去りにして合計点だけ降順に並んでしまって泣く泣く打ち直し、とか、ひとしきりPC神話時代のお話で盛り上がってしまいました。

20120726_161245

 今よりはるかに使いにくくて、しかもできることは知れてましたけれど、でも最先端でした。データの保存について説明するのに、ディレクトリっていう概念をわかってもらえなかったことなんかも思い出されますが、そういう人は今でもフォルダというものがわからないので、共用PCのデスクトップを私用のファイルで埋め尽くしています。

20120726_160639

 久しぶりにいいおもちゃを見つけました。しばらくは弄りまくって、あぁでもない、こうでもないと言いながら遊べそうです。

« 緊急筆洗い | トップページ | 曲がり角 »

コメント

ロータス123は懐かしいですね。これをカチャカチャやっていたら上司からは遊んでいるように見えた様で背後から肩をポンッと叩かれた事があります(笑)働き始めた時はワープロが全盛期でした。「書院」を愛用していた記憶があります。ワープロの演算機能であるカルクを使って作表していましたぁ。古い!

すばらしいですね。ちゃんとカレンダーが2012年を表示しているなんて!
VCRなんかだとこんなに長いカレンダーを内蔵していない場合が多くて、古い機種は使えなくなったりしました。

 すいどう さん

 ホントに懐かしいです。しかも、Lotus1-2-3 2001なるWindows版(多分最後の1-2-3)は、Windows7でも何の問題もなくインストールできて、普通に動作しています。いわゆる、マナーの良い作り方をしてあるソフトなんでしょうね。

 それはそうと、キーボードに向かっていると遊んでいると思われる、とか、仕事しないでカチャカチャやってる、とか、昔はよく言われましたよね。そう言われた連中がいたからこそ、今があると思うんですが。

 くーべ さん

 VCRって、ビデオデッキでっか?

 このマシンの元の持ち主は昨年亡くなっていますが、だからといってその直前までDOS版の1-2-3使っていたとも思えません。内蔵電池がすごいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038927

この記事へのトラックバック一覧です: おっちゃん大興奮!:

« 緊急筆洗い | トップページ | 曲がり角 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30