フォト

最近のトラックバック

« WAGNER名古屋・崩壊編 | トップページ | エリザベス »

2012年6月17日 (日)

WAGNER名古屋・再生編

20120618_001003

 おやつを前にして真剣な表情でおすわりをしている「くま(仮名)」さんを撮ったのですが、じつはこれ、相当不自然な姿勢で撮っていまして、写真右側に私の体がありました。その関係で、私めの見苦しい足が写り込んでしまったので、はぁと型に型抜きしてみました。奥の机の上も整理しておけば良かったのですが、犬の写真は一瞬が勝負なのでこれは仕方ありません。

 宴会本部長が説明中ですが、それとは関係なしに分解が進められております。時折、部品が割れたんじゃないかとも思える「パキッ」系の音がするのですが、親方の言葉にもあるように、一つの部品も破損していないので、これは十分に再生可能です。分解している向かいから手を伸ばして興味深そうにパーツを見ているのは名古屋の黒い人。また何かインスピレーションを得て発明されるかもしれません。おすわりになっている頭上にはこんなメニューが。

Img0618005750

 壁の色と同化している、とまで言われてる人のうしろに貼ってあるメニューがブラックペペロンなんて、まさしくブラック効いてます。ちなみにこのご夫妻、おうちで良く名古屋名物のあんかけスパをお作りになるそうで、これがまた絶品なのだとか。名古屋近辺ではスーパーなどに「あんかけスパのソース」なるものが普通に置いてあるそうですが、こちらでは見かけないのが残念なところです。

20120616_171331

 なんてことを言ってるうちにもどんどん組み立ては進み、いつの間にかこんな状態に。某師匠が宴会で何も食べていない、っていうのもすごい光景ですが、その向かいで呆けたように組み立ての様子を見守っている某店長、二右衛門マスター、そして名古屋の黒い人。ちなみに宴会本部長的には、箸袋に試筆されたりおしぼり使って調整されたりする方が難儀なので、ルービックキューブの組み立てぐらいなら、いくらでもやってください、なのだそうです。

 そんな克明に記録残さんでも・・・・・という声をよそに、こちらのテーブルでは宴会そっちのけでキューブの修復を見守っておりました。やや遅れて宴会場に着いた私が、某師匠と宴会本部長との間に残った空席に座ったことが諸悪の根源。某師匠に宴会でものを食べさせないなんて、何とも罪深いことをしてしまいました。

20120616_173836

 組み上がったキューブを試す某親方。激務が続いているせいか、はたまた持病のゆえか、手が痛い!を連発しつつも、ルービックキューブが一世を風靡していた時代に先頭を走っていた某師匠をして、出来るな!と言わしめるほどの実力。私のように脳に論理回路がない人間にとっては、ルービックキューブが出来る人というのは異星人かと思うほどなのですが、調整を究めるような人はルービックキューブもすごい、のかもしれません。

20120616_170953

 2時間ほどの宴会中、ルービックキューブの組み立ては2回行われました。一度組み上がったものを試すうち、はかなくも崩れ去ったからなのですが、設計はなかなかいいところを突いていながら、どうにもガタつきが多く、動かすときはきちんと角をそろえてからでないと簡単に崩壊してしまいます。自宅に持ち帰ると、機械専攻の長男がさっそく弄くり回しておりましたが、今のところ綺麗な形を保っております。

20120616_174349

 そんなこんなで、ルービックキューブに関するいろいろなお話を伺いながら、間近で組み立てを拝見できるという、なんともいえない宴会でした。ネタを提供してくださったsu_91さんにも、あらためてお礼を申し上げます。遊んでいて崩壊したら、またWAGNERに持って行かなくては・・・・・。

« WAGNER名古屋・崩壊編 | トップページ | エリザベス »

コメント

文系人間にしてみたらルービックキューブって結構脳に厳しいのではないでしょうか?少なくとも私には無理です。昔から苦手でしたねぇ。チノーシスーの低さが露呈してしまいます(笑)

ブラックな壁の前ではそれほど黒くないですね。
黒い人を目指してもっとがんばります。
あんかけスパのソース、
今度お持ちします。

 すいどう さん

 理系で文章書くのが苦手な人に言わせると、毎日文章(Blog)書くなんて信じられない、のだとか。因数分解を優しく教えてやると涙をポロポロ落としていた我が娘は嫉妬してしまうほどの文才の持ち主。

 してみると、師匠やfoolsbookさんみたいな、理科系にして文章力も優れる、なんて人は怪物ですな。

 てらくろ さん

 肉眼で見るともうちょっと黒かったんですけれどねぇ。

 あんかけスパ・・・・・未知の食べ物です。

親方の指にはまっているのは、新型のメリケンサックでしょうか?

 pelikan_1931 師匠

 わずかに見えている突起がミソです。戦闘時にはこの部分がおよそ5倍に膨張するのですが、相手がしげおちゃんの場合には489倍に膨張します。

まさかあのような盛り上がり方を見るとは、思いもしませんでした。
ネタを持参した者としては、最高に嬉しかったです。

su_91 さん

もう、完全に宴会を喰ってしまいましたね。凄い威力でした。現状、まだ形を保っています。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038887

この記事へのトラックバック一覧です: WAGNER名古屋・再生編:

« WAGNER名古屋・崩壊編 | トップページ | エリザベス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31