フォト

最近のトラックバック

« 夢と魔法の王国 | トップページ | 10分間の静寂 »

2012年4月22日 (日)

身ぃ入った

Dscf0183

 雨がシトシト日曜日 僕は一人で 君の帰りを 待っていた・・・・・雨の日、お留守番をしている犬たちの心境は「モナリザの微笑」の歌詞と同じなんでしょう。今日はシトシトどころか昨夜から続く大雨でしたので、犬たちは散歩にも行けず、女の子期間中の白い彼女はケージからも出してもらえず、本当に退屈で仕方なかったことと思います。

Dscf0212

 ペントレ会場は異様な熱気で、入場しただけで滝のような汗、という状態でしたので、まずは椅子に座ってお茶を飲み、セーターを脱いで扇子でバタバタ。とてもじゃないけどブースを見て回る気にもなれず、実際、会場中央部に置かれた椅子から見渡すと物色している人たちの背中しか見えないという状態。師匠にもご挨拶を、と思っていたのに先に声をかけていただくというていたらくでした。「おはよう、変なモン全然売れない!」って言うことでしたので、福の神属性発揮するかと変なモンをいただきました。たまたま3人ほど続いてくれたのでヤレヤレです。

Dscf0213

 限定インクの販売が始まってすぐに長蛇の列ができたので、こりゃアカンわ、と諦めていたのですが、列がなくなってからテーブルを見ると残っていたので思わずゲット。素敵なインクですが、その性質もあって使うかどうかは微妙なところ。でも参加記念の品としては最適です。

 ささやかながら限定原稿用紙発送のお手伝いをさせてもらいましたが、レターパックについている封緘用の粘着部をカヴァーしている紙を剥がすのにけっこう苦戦しました。めくろうとして爪と指の間に何枚も「刺して」しまい、今も指先が痛みます。アレを上手にめくる方法を研究しなければなりません。

Dscf0217

 先日の松山大会に行かれたBromfield氏からいただいたお土産。ミカン箱丸ごと松山から持って帰ってきてくださったことに感動。手も足も痛くなりますね。私なんぞ新幹線から京葉線に乗り換えたのと、舞浜駅からTDLのチケットブースまで小走りしたというだけで、今日は朝から脚に筋肉痛を感じています。関西の一部ではこういうのを「身ぃいった」と言うのですが、実の入ったミカン箱なんか運んだら筋肉痛でひどいことになりそうです。

Dscf0218

 しかしこれ、オモロイですね。JAえひめ南って、ホンマにあるじゃないですか。開けてみたいけれど、あまりにも良くできているので開けるのがもったいなくて、しばらくはこのまま飾っておいて人に見せびらかそうと思います。ありがとうございました。

Dscf0223_2

« 夢と魔法の王国 | トップページ | 10分間の静寂 »

コメント

阿修羅、ありがとうございました。
実はいただいた後に組み立てて、ツイスビーを販売していた机に飾ったら急に売れ行きが良くなったのです!
本当です!
二日目には「写真を撮らせてください」「これ本当にほしいんです」という方がいらっしゃって困惑しました。
阿修羅の力を再認識しました。
私の二日間の異常な物欲も阿修羅のおかげ?でしょうか、、、。

こんなに、大きなインクを持って帰られたら、身ぃ入りますよ!
もぅ、インクが大きいんだか、みかん箱が小さいのやら、分からなくなってきました。
中身のあめも見てみたいですね。

レターパックの粘着テープの紙は確かにめくりにくいです!
私もよく、刺します。
紙が、粘着部よりホンの少しでも長ければ有難いのですが、製造上むずかしいのでしょうね。。。

くまさん、可愛いです。
女優の寺島しのぶさんの飼っている犬に、くまさんぽい子がいるのですが、「オオカミみたいな犬」と子供に言われたそうですが、言われたことありますか?
模様が狼っぽいからでしょうね。

最近、空港のお土産物店でも、「ヘンなモン」に先ず目がいってしまいます。「こんなん知ってる?」と職員室に駆け込んで驚いて欲しい、中学生と同じ心境です。

今度は、ミカン箱に二本くらいしかはいならない、インクボトルさがしてきます。ところでラベルはどうしましょうか。

 ヤッター万 さん

 阿修羅のごとく売れ出した、のですかぁ。最近私の運気がそれほど良くないのは阿修羅ペーパークラフトの制作が滞っているせいかもしれませんね。

 なお物欲に関しては、阿修羅様は関係ないとおっしゃることでしょう、たぶん。

 赤いのと黒いの、並べて置くと運気上昇、かな。

 SkyWind さん

 いやぁ、うまいです。中身は私も見てみたいのですが、もう少しお預けにしておきます。開けたらすぐになくなる、ってこともありますが。

 うちのも「ハスキーですか?」と聞かれるのはしょっちゅうで、聞くどころか信じ込んで「巻き尾のハスキーっているんですねぇ。」なんて感心されたり。遠くからこちら向いて歩いてくるときの顔はデーモン小暮閣下そのものです。

 Bromfield さん

 誰もが知るようになると、それはもう変なモンではなくなります。かつて東急ハンズが全国に数店しかなかった時代には、東急ハンズそのものが変なモンであり、そこへ行きさえすればへんなモノが手に入ったものでしたが、今ではちょっとおしゃれなホームセンターと化しております。ことほどさように、変なモン道を究めることはむずかしいものです。

 ミカン箱に2本しか入らないようなインク瓶があったら、それはそれで変ですが、「あ、業務用?」と言われて終わりという危険と隣り合わせですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038829

この記事へのトラックバック一覧です: 身ぃ入った:

« 夢と魔法の王国 | トップページ | 10分間の静寂 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30