フォト

最近のトラックバック

« 糾える縄のごとく | トップページ | 駄菓子屋さん »

2012年4月10日 (火)

ペン君

Dscf4050

 すまし顔の「くま(仮名)」さん、に見えますが、写真を撮られるのが嫌で顔をそらしたものの、飼い主の動きが気になるのでチラ見している、というところです。足下のピンク色の紐は小さなトートバッグの持ち手で、おそらくはケージに引っ張り込もうとしていたものでしょう。

 私にしては不可思議なことに、今年はあまり仕事に追っかけられる感じがしません。とはいえそれは、別に仕事が早くなったわけではなくて、1日のほとんどを職場で過ごしているからに過ぎませんが、例年だと「ちょっと待って,これが済んでから・・・・・」なんて言ってることがすべて終わっているというのは気分が良いものです。

Dscf4055

 私の机が見当たらない、と言われるほどに、今年はデスク上も綺麗に片付いているので、こんな郵便物が置かれているのにすぐ気づきました。思えば中学生の頃、音楽の授業中はいつも何かを書いていました。馬鹿馬鹿しい三文小説がほとんどでしたが、これはそんなものではなくてちゃんとした童話、子供に夢と希望と勇気を与えるようなお話を書いてみませんか、というお手紙です。

Dscf4057

 JX 童話の花束 と題された冊子には、暖かいタッチの挿絵とともに心温まる童話が何編か掲載されています。でも私の場合、興味が向くのがそこではないところが情けないですね。イメージキャラクターの「ペン君」が気になって仕方ありません。

 ペン君の紹介、って、家族がたくさんいるんですね。やはりぬらぬらの書き味が求められるのでしょうか、家族揃ってみんなスタブ調なのが目をひきますけれど、よくよく見ればペンポイントがないようにも思えます。生金ペンなのでしょうか。

Img

 ペン君もそのご家族も、皆さん「ハート穴」はほぼ真円のようです。しかしこのポスターのペン君は、しっかりハートを抱えてポーズをとっています。萬年筆愛好家を喜ばせてやろうということなのでしょうか。

 愛用の萬年筆を存分に使い倒す良い機会です。皆さんも素敵な童話を書いてみませんか? 最優秀だと100万円ですが、それより何より気になるのが抽選でいただけるという「ペン君グッズ」ですね。

Img_0002

« 糾える縄のごとく | トップページ | 駄菓子屋さん »

コメント

JXいうてもどこのことやらわかりませんが、れっきとした金曜会のメンバー会社ですがな。

 くーべ さん

 そう、金曜会なんです。大気汚染を引き起こす元凶ともなっている会社なんて言われたくないので、イメージアップも図らなくては、ね。因みに私は自分の車にはここの看板のあるスタンドで燃料入れてますが、まぁほんとにその系列の製油所が作ったものかどうか確かめる術がないのも事実です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038817

この記事へのトラックバック一覧です: ペン君:

« 糾える縄のごとく | トップページ | 駄菓子屋さん »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30