フォト

最近のトラックバック

« 収まらない | トップページ | とろ~ん »

2012年3月30日 (金)

寒いとダメ

Dscf3922

 寒い時期には丸くなって寝ているワンコ達が、ドテ~ッと伸びて寝ることが多くなると、暖かくなったんだなぁ、と実感します。ほとんど窓を開けることもなく、ずっと暖房を入れて生活していて、外出する際にはクルマに乗って・・・・・という生活をしていますと、まだ寒い、少し暖かくなった、などといっても、微妙な変化を感じ取ることができませんが、ワンコ達はそのあたりを良く感じているようです。「ちち(仮名)」さん、実に気持ちよさそうに伸びております。

Img0331004138

 寒い朝、冷え切ったエスカルゴくんの車内で威儀を正し、キーをONにして一呼吸。おもむろにアクセルを床まで踏み込んで放し、祈りを込めてスターターを回すのです。うまく始動したらアクセルペダルに足を載せ、靴の中で指を折り曲げるような感じでじわっと踏み込んで、そのまま水温計の針が動き出すのを待ちます。そのうちにエンジンが大きく胴震いするので、少しアクセルを踏み込んでやります。エンジンがかかったからといって放置するとここでストールしてしまい、その日は2度と始動できなくなります。冬の朝、10分ほど時間をかけて儀式を行うのは正直辛いので、結果として冬の間はエスカルゴくんの出番が少なくなってしまいます。

 職場に到着すると、職員室には行かず別室へ直行。そこで私を待っているPCに火を入れます。電源ボタンを押す指に祈りを込めてグイッと押し込み、しばらく待って「ピッ」というPOST音を聞くことができればOKなのですが、冬は無音のまま、ということが普通です。通電してますけれど起動しない、ディスプレイにBIOS画面すら表示されない状態です。

Img0331004207

 こういうときは、何度か電源を入れ直してみるのですが、それでもダメなときは筐体を開けて内部を確認し、電源ケーブルを挿し直したりしてみます。そのことに何の意味もないのですが、そういうことをやっている間に流れた電流で内部が暖まるのでしょうか、そのうちウソのようにすんなりと起動するのです。ひどい朝はこの作業に10分近くかかります。

 手間がかかりますし、そんな起動不良のPCを運用しているのは実に不安です。授業に行って帰って来てみると再起動していた、なんてこともちょくちょくありましたので、作業中にそういう悲劇が起こることも想定されます。早いところ手を打たないと悲惨な目に遭いそうです。実際、突然の再起動で外付けHDDの論理情報を飛ばした記憶もまだ風化しておりません。

Img0331004216

 で、CPUファンを取り替えました・・・ではなくて、そっくり同じ構成のPCがオークションに安く出ていたのを落札しました。ベアボーンキットから組んだものですので、マザーボードあたりに問題があるとすればこれが一番安上がりな修理方法です。まともに動いているマシンに現在のマシンからHDDを移設すれば、今までと変わらぬ環境でそのまま使い続けることができる、というわけです。

 手に入れたPCは光学ドライブが不調ということなので、それも現在のPCから移設します。メモリスロットが4本あって、現在のPCには1GBのメモリを4本挿しているのですが、手に入れた方には2GBのメモリが2本。ここはちゃんこにして合計6GBというおいしい結果になります。

Img0331004240

 で、なんだかんだやってみた結果、元のマシンのメモリ、あるいはメモリスロットがくさいのではないか、という感触を得ています。しばらく電気を流していると起動するというあたりも臭います。ただ、メモリはすべてテストOKなので、テストに出ないメモリ不良、なんていうややこしいことがあるのかも知れません。2台からいいとこ取りをして組み上げたマシンは実に快調で、年度当初の猛烈な業務量をしっかりこなしてくれそうです。そうなると残る問題は、そのマシンのオペレーターがしっかり動くかどうか、ということだけですね。

« 収まらない | トップページ | とろ~ん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038806

この記事へのトラックバック一覧です: 寒いとダメ:

« 収まらない | トップページ | とろ~ん »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31