フォト

最近のトラックバック

« 湖国漫遊・1 | トップページ | 湖国漫遊・2 »

2012年2月 5日 (日)

播州漫遊

Dscf3270

 ニャンコ先生にも臆することなく水を飲む「くま(仮名)」さん。昨日と同じ切符を使って、今日は夫婦でJR乗りまくりの一日でした。フリー区間のほぼ西端である播州赤穂を目指したのですが、例によって無計画に電車に乗って、神戸市内まで来てからその先の接続が悪いことに気付いて途中下車。先日、WAGNER関西大会の2次会が開かれたお店、ブラートブラストさんに飛び込んでランチをとりました。

Burusuto_img

 実はこのお店、単独店舗ではなくて結構大きな精肉・外食関連の会社の一部なのですね。日曜日のお昼時でしたが、男性がたった一人でお店を回してらっしゃいました。どのランチにも看板商品であるソーセージが入っているのですが、やっぱりジューシーでおいしかったです。3月の2次会もまたここでやれるといいですね。

Dscf3265

 敦賀も遠いですが播州赤穂も遠い。姫路のまだ少し先なのです。途中の相生駅あたりまで来ると、「普通 広島行き」なんて列車がホームにとまっておりますし、播州赤穂駅からは「普通 岡山行き」なんて電車が出ていきます。そういうのを見ると、どぉんと西へ来たなぁという感じがいたしますし、その昔、某オリヂナルインクおぢさんが在来線普通列車で関西から岡山入りしたという話も現実的なものに思えてきます。

Dscf3259

 大石内蔵助が赤穂城を明け渡した後、名残を惜しみつつ退出した、そのときに通った門がここにあったのだそうです。もともと天守閣が作られなかった赤穂城、今は御殿などもなく、遺構が残っているばかりですが、播州赤穂駅から赤穂城跡までの間はそれらしく町並みが整備され、なかなかいい雰囲気です。

 午後の遅い目の時間に訪ねたせいでしょうか、メインストリートらしき通りはさながらシャッター通りで、人通りもまばら。義士まつりの時をのぞくとこんなものでしょうか。やはり、地方都市というのはいろんな意味で大変なのだなと実感させられます。奈良も人のことは言っておれませんけれど、それこそ過去の遺産でなんとか、という感じで助かっておりますね。

Dscf3271

 元町でお昼ご飯を食べて、さぁ電車の時間にもちょうどよいし、と駅に向かう途中でゲームセンターに吸い寄せられ、暇そうにしていた店のお兄ちゃんに遊んで貰って、結果、ゲットしてしまったのがこのにゃんこ先生。いなかっぺ大将にも同じ名前の、そちらは本物の猫が出ていた記憶がありますが、こいつは斑という妖怪なので、怒らせると怖いのですね。今日一日、ずっとこのでっかいぬいぐるみを持ち歩いていた次第です。

Dscf3249

 さすがは塩で大きくなった街です。角砂糖ならぬ角塩を並べて作られた「絵」が、播州赤穂駅そばの商業ビルに飾られておりました。暖かいところだと聞いておりましたが、人通りが少ないこともあって本当に寒々とした街、という印象でした。今日一番の収穫は、帰途、姫路から京都までの列車内で本当にぐっすりと眠れたことでしょうか。

« 湖国漫遊・1 | トップページ | 湖国漫遊・2 »

コメント

夫婦でJR乗りまくり

奥様が回復された御様子、何よりです。安心いたしました。

 Bromfield さん

 ありがとうございます。この日も朝から病院へ行って点滴を受け、その後遊びに出るという不埒な行動に出たわけですが、要は働き過ぎなので無理矢理遊ばせた、ってなところです。

つきみそうは遊びすぎなので無理やり仕事させた。
と書こうと思ったが、無理矢理でも仕事するわけはない。
あっ、私のことか? ⇐ 不埒な事が大好きな人間もどき

せっかく播州赤穂まで足を伸ばしたのですから、塩味饅頭買ってこなアカンやないですか!!!
塩分取り過ぎご注意ですけど・・・。

 マオぢぃ さん

 バブルの頃にハリマオさんとかいうお兄さんに不埒なことをして遊び回ることを教え込まれました。それ以来ロクに仕事もせずに遊びたくっております。

 くーべ さん

 それ、土産物屋でしっかり見ましたがおいしそうに思わなかったのでパスしました。塩味は好きなんですが饅頭が嫌いなので・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038751

この記事へのトラックバック一覧です: 播州漫遊:

« 湖国漫遊・1 | トップページ | 湖国漫遊・2 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30