フォト

最近のトラックバック

« 賢いっ! | トップページ | 周遊忌 »

2012年2月25日 (土)

道眞忌

Dscf3495

 いつもアップばかりなのでたまには「くま(仮名)」さんの遠景です。撮影者である長女は、玄関ホールに寝そべって、あるいはカメラを床に置くかギリギリまで近づけるかして撮ったのでしょう。人がそこにいて何かしているとき、こうして静かに見守っている、それが彼女らしいところです。「ちち(仮名)」さんではこうはいきません。

 今日は道眞忌。903年に菅原道眞が亡くなった日です。道眞は土師氏(はじし)の末裔であるといわれ、ここ奈良市菅原は土師氏が住んでいた場所であることから、ここを道眞生誕の地であるとする説、というよりは伝承があります。有名人についてはうちで産まれたんだと名乗りを上げる土地が多く、ここ菅原の他、京都市内の各地、あるいは滋賀県、とんでもないところでは島根県松江市などにも道眞生誕の地であるという話があります。

Mon1

 写真のお寺は喜光寺といい、奈良県道1号線、いわゆる阪奈道路に面して建っているので見たことがあるという人も多いでしょう。かの有名な行基が創建した「菅原寺」でしたが、聖武天皇が参詣された際に本尊から光が出た、ということで天皇の命により喜光寺となったのだそうです。奥にある本堂は乙大事大仏殿の10分の1の大きさで「試みの大仏殿」と言われておりますが、行基が生きていた頃の東大寺大仏殿は今のものより大きかったので、どれを基準に10分の1なのか、そのあたりが今ひとつはっきりしません。

Dscf3529

 似たようなアングルで撮ってみましたが、深夜のことゆえ本堂は写りません。写経勧進によって再建された南大門は、お寺を守る金剛力士像がライトアップされているので何とか写っております。ここ数日、2月にしては温かいので、冬が苦手なエスカルゴ君も元気に動いてくれています。

Dscf3531

 このお寺が行基終焉の地であることは確かなようですが、お墓は生駒市にあります。ここ喜光寺が薬師寺の別格本山であるのに対して、行基のお墓がある生駒市の竹林寺は唐招提寺の末寺であるのもおもしろいところです。奈良時代のことですけれども、行基の遺体は火葬にされたと記録に残っています。

Dscf3528

 しかし、身近に色んな文化遺産があるのに、せっかくの休日、雨が降っていたこともあってお昼寝をして過ごしてしまい、目が覚めたら日が暮れておりました。こうなったらものはついでですので、平城宮跡に復元された大極殿がライトアップされている様子なども撮ろう、と思ったら、そちらは午後10時で消灯でした。何事も計画性が大切です。

« 賢いっ! | トップページ | 周遊忌 »

コメント

藤井寺の土師ノ里とは関係有るの?

 マオぢぃ さん

 関係あると思います。だからそばに道明寺天満宮がある、と。

ほいほい、Wiki(道明寺)の説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E6%98%8E%E5%AF%BA%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE
高校の時日本史は欠点というか、卒業後みんな必要時間を
履修していないことが判って、本当は卒業していないことが
判って問題になりましたが、、、
なんか最近日本史に興味が出てきたので色々勉強しようと
思う今日この頃です。
と言いながら今SQL Server Accessを再度勉強中。

 マオぢぃ さん

 ありがとうございます。やはり30年ほど暮らした場所、懐かしいですね。

 アプリの勉強、データベース系はおろか、まずはワードやエクセルを普通に触れるようにならないといけない、コンピュータに弱い私です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038771

この記事へのトラックバック一覧です: 道眞忌:

« 賢いっ! | トップページ | 周遊忌 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31