フォト

最近のトラックバック

« テストを受けるのは。。。 | トップページ | はかる »

2011年11月30日 (水)

出てこんかい

Rimg0178

 お顔を隠してしまった「くま(仮名)」さん。よぉく観察してみると、どこかが痒いとかではなさそうです。それほどしんどいわけでもないのに伸びをするとすっきりする、あぁいう感じなのではないかと思います。犬も人間と一緒に生活していると人間くさく、あるいは人間の真似をするようになるのかも知れません。

Dscf0297

 ディーラーさんから電話がかかってきたので何事かと思えば、カタログ放り込んでおいたのでご検討よろしく、とのこと。現行エルグランドに乗り換えてくれませんか、というわけです。立派なカタログですが、まず白いのが表紙という時点で気に入りません。少し汚れても見苦しいとか、傷が目立つとか、夏の暑さがたまらんとか、そういうのを我慢してでも黒です。

 サードシートが床下にたたみ込めるようになったのはいいのですが、その関係で前後にスライドできなくなったのは私の使い方では大きなマイナスポイント。ラインナップを見てもハイウェイスターとライダーばっかり。要するに売れてるあの車を追っかけてるんですね。後追いしたら昔のニッサンに逆戻りです。トヨタなんか無視して、いい車を作ってほしいものです。でも結局は先立つものがないので買い換えられない、っていうのが本当のところですね。

Dscf0298

 その昔、どーむさんのところで紹介されたことのあるプラチナZ(Platinum Z)です。グッドデザイン賞にノミネートしたけれど選出されず、海外で評判になってから「もう1回出してちょ」と言われたとかいう、なかなかに凝りまくったシャープペンシルです。軸をひねると、軸の中に収納されている収納部が繰り出されるという仕掛け。ただひねっただけではフニョフニョなので、最後にグッと力を入れると「カチッ」と固定されてお尻をノックすることが可能になります。

 本当にシンプルなただの筒で、先端部を繰り出しても何の変哲もない形はそのまま。ただ、極限までに素っ気ないその形の中に凝りまくったメカを収めてある、そこのところが私なんかにはたまらない魅力です。そうは言っても、税込み10500円のシャープペンシルなんて買う人はほとんどいなかったのでしょう。3、4年ほど前に廃盤になったと記憶しています。それを持ってる私はやっぱりどこかおかしいのでしょうか。

Dscf0300

 期待に胸を膨らませつつ数学のテストを採点してみると、平均点が61点。狙い通りだったので喜んでおりましたら、近所の塾でクレームがついたという情報が入りました。「こんな易しい問題、入試には何の役にもたたへんわっ!」と偉い偉い塾の先生様(たぶん大学生)がおっしゃったそうです。いやはや、誠にもって申し訳ない限りです。

 教科書に書いてあるとおりに三角形の相似条件を覚えておいたら点数とれるからね、と教えてその通りに問題を出したのに、日本語知らない大学生のアルバイト講師が「相似条件にはとにかく【それぞれ】とか【すべて】とか、全部つけといたらマルや!」とエェ加減なことを吹き込んだので、1問2点、3問で6点のところで壊滅状態。入試の役にもたたんようなクソ易しい問題ですら、点数をとらせることのできない、むしろその邪魔をするような講師。そこの塾は、一体何を考えて、どんな基準で講師を雇ってるんでしょうか。

Dscf0304

 今時の公立の先生って、別に塾を敵視してるわけでもありませんし、「上手いこと教えてはるところ、盗んだろ。」というぐらいの気持ちでいます。そういう尊敬に値する講師もたくさんいらっしゃるはずなのですが、玉石混淆、河原の石を教卓に置いといた方がマシやで、というような講師が混じっているのも確かなことです。その辺は学校の教師も大きな顔できない部分がありますけれど、重要なことは、「子供は学校の先生より塾の先生の言うことを信じる」という点です。

 明らかな間違いであっても、塾の先生が教えたことは絶対に是正できません。教科書に「こうしてはいけない」と書かれていることをやって「×」をつけられた答案を持って、「塾の先生はマルだと言ってます。」と訂正を求めてくる生徒がいるほどです。目の前で教科書を開いて、ホレこの通り、ダメって書いてあるでしょ、と言っても聞き入れない生徒もいるほどです。

Dscf0305

 いっぺん、地域にある塾の先生とじっくり話してみたいと真剣に思っています。苦情を言う、というのではなくて、お互いがどう考えているのかを出し合いたいのです。私は地域にある塾で「危険な教師」としてマークされているのだと生徒が教えてくれました。毎回出題傾向を変えるので、私が作成した過去の問題を徹底的に練習しても点が取れないから、というのがその理由だそうです。

 おぉい、塾の先生方、よぅ聞いてくださいよ。人のこしらえた問題にケチつけるのはかまいません。どんどん悪いとこ教えてください。そやけど、あんたら、どんな問題が出てもそこそこ点とらせるのが仕事ですやろ。「今度は誰が問題作るのか聞いてこい」とか言って、その教師が作った過去の問題を徹底的に練習させて高得点狙う。それが入試に役にたつと本気で思うとるんですかっ!弾のあたらん物陰でコソコソ言うてやんと、学校へきて堂々と文句言うてくれたらえぇねん。何ぼでも相手しまっせ。

Dscf0296

 と、いうわけで、シャーペンも塾の講師も、出るとこで出ないとだめですね。待ってますから、いつでも文句言いに来てくださいね。じっくり話し合いましょう。何よりそれが生徒のため、そして生徒の暮らす地域のためになるのですから。

« テストを受けるのは。。。 | トップページ | はかる »

コメント

藤井寺の駅前で塾を開いている同級生が言っていました。
自分のところの大学生の先生はほんまにあほや!
ほとんどが自分の塾の卒業生だそうです。
結局あほが教えたら生徒もアホになり、その親もアホと
言うことですね。
ちゃんとしたアホでない学生は、寝ていても向こうから
家庭教師の仕事が入ってきます。
給料良いし、夕食付き、酒付きも、、、

学生時代には塾講師や家庭教師で生活の糧を得て、現在は次女の塾代で生活を削られている我が人生。。。

塾講師と言っても、近所の小中学生を集めて、その日の学校の宿題を何とか目の前でやらすだけの補習塾から、全国ネットの進学塾までやりましたが、自分の記憶に残っているは、やはりアットホームな補習塾ですね。目を離すとすぐに消しゴムを投げ合って喧嘩を始めると言う、、まさに学校の教室を同じような状況でした(笑)。
あいつら、今頃何やってんのかな。。。

傾向を見て勉強して点を取る、っていうのは裏技ですね。それを中学生の段階からやるのはどうなのでしょうか??

資格とかの勉強、取れば終わりの勉強と違って、中学生や高校生の勉強は今後につながっていく勉強ですよね。単にとって終わり、取りたいだけの資格の勉強とは全然異質の勉強だと思います。なのにこの段階から裏技使って点を取らせるようなら、塾としては問題だと思います。

きちんと演習し、理解して、重要なポイントをおさえて点を取らせるようにするのが塾の本来の役割だと思いますし、私が通っていた塾はそういう塾でした。危険な教師、大いに結構だと思います。中学生のうちからそんな裏技に頼って点をとったって、意味がないですから、つきみそう先生、これからも出題傾向をどんどん変えて血肉となるテストを作ってあげてください。

教育の話など、、、
面白い記事があったので
http://diamond.jp/articles/-/15049
読んでね。

ELOGRINDはもはや何の存在価値もないクルマでは。ゴーンさんが利益追求(そして儲けはフランスに持って帰る)ばかりしたせいで、すっかり生気を吸い取られてしまいましたねぇ。ホンダさんもトヨタのマネッコになってしまってとんがり感薄々。まだハチロクだ!!!と笑顔で叫んでいるトヨタの方がなりふりかまわぬ元気さがあるようです。

ハチロクは乗ってみたいですねえ。
マニュアル/FRで自然吸気なんて、そそられます。
カーブでアクセル踏むと後輪がす~~と滑って、、
私は豆腐屋では有りませんが、
昔はヒールアンドトゥを練習していました。

 マオぢぃ さん

 昨日、そういうことで職員室で暴れてたんですが、今日は別の学年の生徒が数学の答案を返してもらって「先生、塾の先生が言ってた答と模範解答が違うんですが」と言ってきたそうです。たとえば、三角形の内角の内、角Aが50度、角Bが70度。残りの角Cは何度かと問う問題で、正解は当然60度ですが、たとえばここで、塾の講師が「正解は80度や」なんてことを教えたそうです。それで担当の教師は、何度言って聞かせても「塾の先生が言ってるから」と引き下がらない生徒に往生したそうです。エグイですねぇ。その塾は真剣に人事見直した方が良さそうです。

 foolsbook さん

 保護者にもよく、子供に会った塾に行かせなさい、と話しています。塾に行かせなきゃダメ、と保護者が思うのは学校の責任。私らが努力不足と言うことですから現状では仕方がない。ならばせめて、子供が幸せになれる塾を選んでやって欲しいですね。

 実際には、そのこの実力を遙かに超える超難関校を目指すのでもなければ、塾なんて必要ないはずなんですが、その子にあった指導法っていうものがありますから、塾の存在意義は認めているつもりです。共存共栄したいものです。

 達哉ん さん

 基礎基本をきちんとおさえて演習した上で、傾向「も」みて対策するというならわかりますけれどね。そればっかり,っていう塾なら、行かない方がマシだと思います。

 なので、これからも頑張ります(何を!?)

 マオぢぃ さん

 橋下さんはあきまへん。教育現場がしっかりせんかい、っていうのはわかりますけれど、シッカリできないようにもって行こうとしてる。針葉樹ばっかり植林した山が少しの雨で土砂崩れを起こすのに対して、材木にもならない雑木山が崩れもせず、水を蓄え、水を出していることを考えるべきです。学校は雑木山でないといけません。

 くーべ さん
 マオぢぃ さん

 スカイラインとかZとかの名跡もってるニッサンなのに、安物の86という名前振り回すトヨタにまた負けるんですよね。だいたい、86は足回りがしょぼすぎてケツが滑りまくるのがかえってオモロイ、となったクルマ。適度なスピードで滑るからそらオモロイですけど、最近のタイヤは昔より踏ん張るし、もう滑らせて遊ぶ時代でもないと思いますけれどね。

 そう、それより、最近ホンダのクルマに乗ってる人がトヨタ化してきてますよね。もっと恐ろしいのが、スバルまでトヨタ化しつつあるということ。気がついたら、人を馬鹿にしてしまう車づくりの本家トヨタの車が一番ましだった、ってことになってるかもしれません。

いやいや 林学の徒であったからには 反論せねば。針葉樹を目の敵にせんといてください。キチンと手入れされた植林地は、そんなに簡単に崩壊しません。でも、材価の低下と共に手が入らなくなってきたので、針葉樹林が荒れました。今は里山が藪化して、崩壊しやすくなっています。

そんなどうでも良いことは横に置いておいて、どうぞ塾に嫌われる教員であり続けて下さいね。キチンと教育の本道を行かれていると思います。小手先の技にもならないいい加減な塾をふるいわけてくださいね。

つきみそうさん

ほっほっほっ!
そこですよね。だからハチロクにはプリウスと同じショボくて細めのタイヤを履かせております。

 きくぞう さん

 これはいいことを伺いました。根が深く入らない針葉樹だから、というのは浅いですね。むしろ田舎の方では、植林はしたものの跡を継ぐ人がいなくて山が荒れ放題、というのが増えているように思います。かく申す私の持ち山も荒れるにまかせておりますが、その裾の方を削って砂防ダムが造られたのは皮肉というか何というか・・・。

 くーべ さん

 うむ、細めのタイヤ履かせたハチロクでなくても、そちらではこれからの季節、なんぼでも滑らせて遊べると思うのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038684

この記事へのトラックバック一覧です: 出てこんかい:

« テストを受けるのは。。。 | トップページ | はかる »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31