フォト

最近のトラックバック

« よこどり | トップページ | 阿修羅10 »

2011年9月 5日 (月)

ペンの鎖

Dscf0324

 晩ご飯を食べながら、これも晩ご飯を食べている飼い主の方を見上げる「くま(仮名)」さん。私のよりおいしそうねぇ、なんて言い出しそうな表情をしています。実際これは朝ご飯の残りで、朝、少しだけ食べて放置してあったもの。この時間になると、まずはお布団を整えて体を横たえ、しかる後に餌鉢を咥えて引き寄せ、それからおもむろに食べ始めるのです。その様子を見た「ちち(仮名)」さんは半狂乱になって吠えたてますが、ケージの中なら安心よ、とばかり悠然と食べ続ける彼女、実はとっても性格悪いのかも知れません。

Dscf0320

 PILOTグランディーの鎖模様軸。軸とキャップの素材は銀ですので、勝手なルールに従って青インクを入れてあります。ペン先に少し段差があったので親方に診ていただいて、とってもすばらしい書き味になった1本。見た目からは想像できないような柔らかな感じがするペン先はFですが、下手なM以上に滑らかに紙の上を滑ります。

Dscf0321

 ぐるりと巻きペンです。これで柔らかいはずがないのですが、実際手に取ってみると柔らかさを感じます。こんな形状ですし、物理的にはほとんど撓っていないはずですが、撓っていてもこれより堅く感じるペンはいくらもあります。調整というのは実に奥深いものですね。

Dscf0319

 で、調整していただいたペンを「えぇぞえぇぞ」と広島の二右衛門半さんばりにみせびらかしておりましたら、N御大の手に見覚えのある模様が。蝕刻の黒いところが色落ちしているのは残念ですが、ペアになるシャープペンシルに出会ってしまったのです。

Dscf0317

 このシャープ、模様だけでなく機構も文字通りひねったもので、胴軸をツイストすると口金の部分が飛び出してくるというものです。その状態でお尻を押しても動く部分がないということはこれ、紙にペン先を押し当てると芯が出るというものでしょう。

 それにしても、ペンが仲間を呼ぶっていうのは本当にあるのかも知れませんね。

Dscf0323

« よこどり | トップページ | 阿修羅10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038598

この記事へのトラックバック一覧です: ペンの鎖:

« よこどり | トップページ | 阿修羅10 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30