フォト

最近のトラックバック

« 専用コントローラ | トップページ | あのキャラ »

2011年9月20日 (火)

阿修羅12

Dscf0564

 手、というか、前脚をぴぃ~んと伸ばして寝る「くま(仮名)」さん。人間が寝床の中で伸びをするのと同じもののようです。飼い犬なのだから飼い主を喜ばせてなんぼ、という考えからでしょうか、寝方が可愛いなどと話題にしていると決まってこんな風に派手な寝方をしてくれます。飼い犬が飼い主のツボを心得てくすぐってくる、なんてことがあるものかどうか、私は「ある!」と思っております。

Dscf0671

 照明付きヘッドルーペをかぶって作業し始めたところ、そばにいた娘が仰天、さては親父殿ご乱心、とばかり母親の元へ報告に走っていったのには参りましたが、報告を受けた妻はといえば至って冷静に「ま、いつものことや。気に入ってるんやろ。」と一言。確かに気に入ってはおりますが一過性のものではなく、ルーペを通すとこの写真のように文字まで読めるので助かります。実際にはLEDで照らしていますので、もっとくっきりはっきり見えているのです。

Dscf0672

 これが難儀な指先です。同じ色の星印の部分どうしを糊付けしてドーム型に作り上げるのですが、普通の大きさでもうまく作れないのにこの小ささですので、まずは折り目をカッターナイフの背で軽くこすっておいて、ピンセットで折り込んでから糊をつけ、最後はまたピンセットでググッとおさえて1分待ち、という感じです。

Dscf0673

 実に汚い手で済みません。指先に鼻くその如くくっついているものは糊のなれの果てです。不器用な人が工作をすると手に糊がつきまくり、そのせいで余計にうまく組み立てられないので更に糊を盛って・・・・・という悪循環に陥ります。私がまさにそれなので、非常に先の細い容器に入った糊を使っております。この状態で、赤い星のところに糊をちょんとつけて接着し、ピンセットでグッと押さえ込むのです。

Dscf0680

 阿修羅像の正面、合掌している左手の指です。この3つをつなげると指が1本出来上がります。この手はまだ指がストレートなので作りやすいのですが、他の手はきれいに指が曲がっているので接着する際の難易度が上がります。開口部からピンセットを入れて糊しろの部分をグッとおさえる、ということがやりにくくなるためです。

Dscf0683

 親指以外の4本を土台となる部分に貼り付けて、更に手首に近い部分とつなぎます。これはその部分で、親指がついています。内側に折れ曲がった部分をしっかりと接着するためにピンセットでおさえているところです。実は指を作るよりも手を組み立てることの方が難しく、なかなかはかどらない工程です。

Dscf0686

 ようやく完成した右手その3。阿修羅像の持つ3組の手のうち、最も高く上げられている手です。手首のところで手の甲の側に曲げられている形です。もう少し指の形や並び方を揃えて優美な感じにできれば良かったのですが、そんな余裕などどこにもなく、何とか手らしき形にすることができました、という感じです。

Dscf0692

 腕に取り付けてみるとこんな感じ。間近でルーペを使ってのぞき込む、なんてことさえしなければ、まずまず見られるできです。これでようやく右半分、3つの手が完成。現在、左手の方に取りかかっておりますから、この週末にはなかなか出てこないと御不興を買っている頭部の製作に入れそうです。

Dscf0689

 手が着くとなかなかいい感じです。ここまで来れば、謎の宇宙生物になる可能性はかなり低くなってきたと思えるのですが、手を作るぐらいで難儀しているのですから頭部、特に顔がうまく作れるのか不安です。右手を作るために使った糊は結果として失敗。左手から導入した新しい乗りがいい感じですので、しばらくはこの糊で頑張ってみようかと思います。

Dscf0691

« 専用コントローラ | トップページ | あのキャラ »

コメント

大変お疲れ様です。
確実に上達のあとが見られますね。手の表情にも余裕が感じられます。顔がますます楽しみになってきました!

 ヤッター万 さん

 ありがとうございます。右手は水性ボンドのような糊を、左手はそれとは違う糊を使ってみました。どちらも一長一短ですが、作業効率は多少上がったようです。残りの手を作る際にもう一種類の糊を試して、一番良さそうなやつを顔に使おうと思っています。

おお、確かに最初の頃よりずっと綺麗な仕上がりですね。
折り目にスジ入れるの、インクのでないボールペンありませんか?わりと曲げやすいスジ入れることが出来ますよ。
接着の度にピンセットで押さえんならんのは難儀ですね。
模型塗装用や半田付け作業用のヒートクリップがあれば楽ちんなんですが。
ってどんどんセンセにいらん工具薦めてるみたいでorz

まあそんだけウチも工具の山ゆうことです、ハイ。

 ardbeg32 さん

 あかんあかん、そんなに工具ふやしたら、ほな、もう一体、とかいうことになりまんがな。

 インクの切れたボールペンだと、少し線が甘いんですね。大きなパーツだと良いのですが、このあたりは狭いところにピシッと線を入れて折る必要があるので、アートナイフの峰打ちです。

薄くて硬そうな紙やし、ぴしっと線が入った方が楽に曲げられるんですな。
しかし娘さんが走ってご注進っていうのはまいりましたなw
もしどっかで会う事ありましたら、「ほら、あのオッチャンが変なモン紹介しよったやっちゃで」いうて指差されそうでorz
しかしルーペはともかく照明は具合良さそうですね。今ウチの手元に来たモンブランの3桁の首にヒビ入ってまして、プラリペアいう樹脂で埋めてまおう思てるんですけど、
表からやったら不細工やから内側からしたろ思うても暗くてorz
なんやセンセの仕事お伺いしてたら私も欲しなってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038613

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅12:

« 専用コントローラ | トップページ | あのキャラ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31