フォト

最近のトラックバック

« eo光 200M | トップページ | 防災の日 »

2011年8月31日 (水)

腐海の秘宝?

Dscf0263_2

 謎の生物と遊ぶ「ちち(仮名)」さん。この黄色いものは本来、人間が手に嵌めて犬と遊ぶマペットのようなもの。長男が遊んでやっている最中、ものの見事に奪い取られたのを果敢にも奪還したところで再び彼女に食いつかれている瞬間です。手に嵌めているときはグッと握ることで仕込まれた笛が鳴り、その瞬間だけ「ぎょっ」としてひるむのですが、こういう形になってしまうと犬が有利です。

Dscf0248

 eo光のコース変更のため室内に作業員さんが入る、というので、大慌てでPCの周りを片付けた際、とりあえずその辺に転がっていた訳のわからないものを袋に放り込んで別室へ移動させたのですが、そのまま放って置くわけにも行かないので中身を確かめてみました。ちなみに目立っているピンク色のものは「首ねっこ」という首の凝りをほぐす道具です。

Dscf0251

 まず目をひいたのがこれ。こんなものがむき出しでそこら辺に放置されていたのは理解に苦しみます。かの有名なスロット1対応のペンティアム2です。KlamathなのかDeschutesなのか、私のようなシロウトにはわかりませんけれども、私の手元にあるぐらいですからそんなに高いものではないはずで、そうなると初めてCeleronが世に出た頃のもの、つまりDeschutesということになるのでしょう。

Dscf0252

 おそらくは中古で買ったマシンにこれも中古で買ったCPUを組み合わせて性能アップを試みた結果放り出された元のCPUなのでしょう。旧いPCを快適に動かそうとすればメモリの増設とHDDの高速化。それでもまだ遊び足りないときにCPUの換装です。当時はそんなことを悟る前だったのでしょうね。

Dscf0250

 誇らしげにWindows2000対応をうたうテンキーボード。当時最新のインターフェイスであったUSB接続のものです。電源を入れたまま挿し込んでそのまま認識・使用できるようになるのはこの次のXPあたりからで、それならPS2のものでも良かったわけですし、何よりもUSB1.1が主流という時代でした。

 でも、右側のはお宝です。接続端子はPS2なんて生やさしいものではありません。これ、NECの98NOTEシリーズにつなぐテンキーボードです。思わず遠い目になりますね。

Dscf0257

 初めての自作PCは、そのほとんどのパーツをこのお店の通販で揃えました。秋葉原の駅を降りて中央通りへ出て少し歩くとこのお店のビルがあったのですが、廃業してもう2年になりますね。マウスパッドの上にのっているのはAirH”の通信カード。これまた昔話の登場人物です。

Dscf0253

 ノートPCのカードスロットに挿し込んで使う妖しい道具。ケーブルになっている方は2.5インチのHDDにつなぎます。これを使うことで、ノートPC内蔵のHDDにあるデータを別のHDDに逃がしたり、ノートPCから取り出したHDDのデータを吸い上げたりするのに使いました。こいつは実によく働いてくれました。これのおかげで諦めていたデータを救い出せて歓喜の涙、という人が何人もいたのです。

Dscf0255

 こういうものを何に使うのかわからない、という人の方が多いでしょう。こんなケーブルで2台のPC、それもNECのPC-9800シリーズまたはその互換機をつないでデータのやりとりをするのです。MS-DOSの時代というのは、インストールしたソフトウェアでさえディスク上のデータに過ぎなかったので、そのまま別のハードディスクに移せば難なく動作したのです。

 その少し後の時代、Windowsと名前はついているけれど実態はMS-DOSという時代に活躍したのが写真のケーブル。DOS/Vとか98NXなんて文字が何とも懐かしいですね。

Dscf0254

 これまたヘンタイなパーツですが、機器の構成によっては現在でも使えるものです。シリアルATAではない、IDEのHDDの場合、プライマリとセカンダリ、マスターとスレーブ、なんていう区別があって、それを結線はそのままでスイッチによって切り替えようというものです。別のハードディスク、または別パーティションにそれぞれ違うOSを入れておいて選択ブートさせるというもの。実際、トレインシミュレータというソフトがWindows2000以降に対応していなかったのでこの装置を使っていたこともありました。

Dscf0258

 来る9月3日のWAGNER神戸大会でおこなわれるじゃんけん大会に十分ご注意ください。こいつが迷惑景品として出てきます。未使用品ながらたっぷりホコリを被ったその姿には貫禄さえ感じられますが、手に取ってみるとさらに貫禄を感じるその重さ。ずっしりと重いのです。

Dscf0259

 ご覧のように、狭い机の端に取り付けてマウスオペレーションのためのスペースを産み出すというもの。かつてはこの手の商品が結構あったのですが、最近はあまり見ません。デスクトップPCを使う人が激減したのも一つの理由かもしれませんね。

Dscf0264

 大きな手提げ袋2つひっくり返してこんなガラクタばっかり、と少々がっくりしていたのですが、最後あたりにPILOTのプラスチックケースが現れて、中から出てきたのがこの2本。以前にBlogで紹介したあと、腐海の底で眠っていたようです。最後に紅白のペンが出てきて、めでたしめでたし、というところでしょうか。

« eo光 200M | トップページ | 防災の日 »

コメント

話違うけど、CPのアドレス教えて頂戴。
FEPSONのメーリングリストに新規登録したいので。
以前使っていた私のtoyocorp.comの更新を忘れていて
ロシアの誰かに取られて、3年経って、ダメで、一年経って今日調べたら1年延長されていた。。
また来年9月1日に調べないといけない。。ブブブブ
使わないアドレスと思うので早く返しいて欲しいよん。>RU
ちなみにドメイン検索は
http://www.mse.co.jp/ip_domain/
で調べることができます。
明日朝一番に糖尿の薬をもらいに行かなければ、台風なのに
嫌だなあ。
薬は昨日できれました。 ハイ

糖尿の病院に行ってきましたが、そこで測った血糖値は
250でした。 ワオ!
で、、薬を変えられました。
先日の新しい薬のジャヌビアからネシーナ(なんじゃ?
この名前は、おねしょの薬か?
 
お~~いい くーべちゃん
説明してくれ~~~
来月は超音波(腹部と頸部)だそうです。
検便は断りました。

さぁ?寝しなに服用するのでネシーナなんでは(苦笑)。
あえてジャヌビアからネシーナに変える意味は分からんけど、長期投与できるようになったんで気分的に変えたのでは?
ま、高血糖では死にませんけど、低血糖には十分ご注意めされ!

> くーべ
役に立たないコメント有難う。

また間違ってEscキー押して消えたよ。
ネシーナのほうがHbA1cに対して長期に効果があるそうです。(専門家じゃないから解らない)
薬局に行くと、わざわざ印刷された説明書ももらって、
ブドウ糖の粉末も貰いました。
まあ、タダだから良いけど、、、10gr/包なんて
カロリーオーバーでんがな。

 十分に動脈硬化しているだろうから、頸部エコーのついでにIMTの肥厚度も調べてもらって、脳卒中の危険度はどのくらいだとか。腹部エコーって肝臓かいな?検便で大腸がん?
 糖尿病は万病の素ですから、しっかり対策なさってください。

 マオぢぃ さん
 くーべ さん

 私の体がそもそも腐海であるというのはさておいて、糖尿病は本当に厄介ですね。わたしはまだまだ症状が軽いので何とか脱出したいものですが、なんだかんだいっても結局今の状態を維持して合併症を起こさないのがやっとでしょうね。

 そういえば最近、FEPSONのML見ないなぁ。今、7年前にCPからもらったアドレスにメール投げて生存確認しています。

エコーは3回目ですね。
頸部は血管の壁にへばりついたゴミ(前回はまあまあ綺麗)
腹部は肝臓(これも大丈夫)腎臓結石も大丈夫でした。
(結石は一度昔えらい目にあいました)
ウンチは、ねえ、、、たぶん大腸がん関係でしょう。
足の血管はたぶん70才くらいです。
たぶん高校の同じ学年で500人中医者50人?もっとか?
でも医者の友達に無理言ったのは娘の急な子宮外何とか症だけです。だって私の部屋の外で夜中急に倒れるんだもん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038593

この記事へのトラックバック一覧です: 腐海の秘宝?:

« eo光 200M | トップページ | 防災の日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31