フォト

最近のトラックバック

« なぜか名古屋 | トップページ | 腐海の秘宝? »

2011年8月30日 (火)

eo光 200M

Dscf0226

 半眼にみえる「くま(仮名)」さんですが、しっかりと寝ているようです。白目が目立たず、目の上には続に「四つ目」といわれる部分があって、起きているのか寝ているのかすぐにはわからない、というのは、動物にとっては大切なことなのでしょう。人通りの激しい場所に頭を突き出して寝ているので、もう何度か睡眠中に蹴り飛ばされている彼女ですが、それでもこうやって寝るのがお気に入りのようでやめようとはしません。

Dscf0232_2

 今の家に越してきたとき、引っ越しってアンテナまで外していくんやなぁ、と思っていたのですが、家の中に入ってよく見ればケーブルテレビの設備があったので大喜び。契約するついでにインターネットも申し込んでブロードバンド環境に移行しました。当時、一般家庭ではADSLでブロードバンドっていう状況でしたから、光回線というだけで大満足でした。全国的には田舎として名高い奈良県ですが、今から30年以上前に社会実験が行われたHi-Ovisと近鉄があるおかげでケーブルテレビや光回線に関しては結構先進的な土地なのです。

 その後、さらに速度の出るフレッツ光などが一大攻勢をかけ、焦ったADSL系の会社が駅前でモデムを配りまくる時代になりました。もう少し速くなるんならとフレッツ光に申し込んだものの、工事が出来るまで半年待ちという状況が我慢できずに契約したのがeo光。関西電力の保守用光ファイバー網を活用したインターネットサーヴィスでした。最大100M、というのがうたい文句ですが、100Mの線を各家庭に引き込む手前で最大32ユーザに分割するというものですから、そんなに速度が出るわけでもありません。

Dscf0233

 今回これを、キャンペーンを利用して200Mコースに変更してみました。変更に伴う工事費が無料で、しばらくの間は月々の利用料も据え置きというおいしい話。おそらくは元の100Mのアクセスラインが旧くなっているか、あるいは容量がいっぱいになってきているのでしょう。

 工事といっても、予約した日に技術者が来てくれて光回線終端装置を交換するだけ(と思えます)。写真はこれまで活躍してくれた富士通製のユニットです。この装置までは光ファイバーが入り込んでいるわけですので、線の取り回しもそれらしい感じになっています。

Dscf0236

 実際には、宅内で回線終端装置を交換しているのと平行して宅外でもアクセスラインの切り替え工事が行われています。パケットで作業しているところまで来ている最大1Gの線を最大32ユーザで供用するわけです。もし、近所に誰もお連れがいなければすごいスピードが出るのかと言えばそうではなく、最大200Mまでに抑えるように制御されているようです。

 今から工事に行きます、という電話をもらったところで、ふと思い出して回線の速度を測定すると、下り速度 84.60Mbps、上り速度 40.40Mbpsという結果。回線が切り替わったあとで同様に測定してみると、下りが134.40Mbps、上りが132.10Bps。切り替えキャンペーンが功を奏しているのか、旧回線の方が空いていたような感じです。ちなみに、ヘヴィなネットユーザが活躍する深夜から早朝にかけての時間帯ですとほぼ確実に100Mを割り込みます。

Dscf0237

 新しい回線終端装置は日立製。あとはネットワークケーブルを替えたり、ルータも速そうなものが出たら取り替えたりすることでもう少しマシにはなるかもしれませんが、体感で変わるほどのことはないでしょう。この先、リヴィングルームで使用しているPCまでの無線区間が相当に隘路になっているようで、そちらではコース切り替えの恩恵は全くありません。

 今回の切り替え工事で一番のメリット、それは宅外からの引き込み線がいつの間にか宙ぶらりんになっていたのをきちんと固定してもらえたことでしょうか。台風シーズンを控えて、これが一番ありがたかったです。ちなみにその工事も、パケット車を使って我が家の屋根に上り、タイラップで何カ所か固定するというもの。ハシゴを使って屋根の上る時代ではないのですね。

« なぜか名古屋 | トップページ | 腐海の秘宝? »

コメント

私の家では70Mと50Mくらいでしょうか?
(NTT光です)
設置した当初は両方共85位でした。
まあMicrosoftから巨大なデータをダウンするくらいで
不便を感じませんので、今のところ変更は無しです。
NTT光は電柱までは1000Mだそうです。

 マオぢぃ さん

 工事さえ早ければうちもNTTになっていたかもしれません。そのかわりこのBlogはやってなかったでしょうからおっちゃんやくーべさんとの再会もなかったかも。そう思うと選択ってのは大事ですね。後から考えると身震いします。

これを拝見し、ようやくADSLから光ファイバーにする決心ができました。200Mだそうです。ややこしいことがありそうなのですが、日に数回ダウンするADSLと、ついに決別の時が来ました。

当方は工事まで、5日待ちです。

 Bromfield さん

 提供する会社によって実効速度は違うようですから、そのあたりの事前調査は必要かと思いますが、200Mとうたっているのでしたら100M程度は出るのが普通でしょう。

 ルータをお使いでしたらギガビットLAN対応のものに変更する必要があります。レンタルという手もあります。それ以前にPC搭載のネットワークアダプタがギガビット対応であるかどうか。これは最近新型を導入されたようですから大丈夫でしょう。

 これだけデータ量が多くなると、もはやメタル線ではしんどいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038592

この記事へのトラックバック一覧です: eo光 200M:

« なぜか名古屋 | トップページ | 腐海の秘宝? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30