フォト

最近のトラックバック

« スイスから来た?般若心経 | トップページ | 修学旅行のお値段 »

2011年6月25日 (土)

チー

Dscf0586

 ダラッと寝ている「ちち(仮名)」さん。お散歩から帰ってきて疲れているのと、誰もかまってくれないので少々スネているのと、その両方が合わさってこのお姿。こんなに近くまで来て写真を撮っても起き上がろうとしません。激しく抜けた毛を吸い取ってやりたいのですが、掃除機にだけは猛烈な敵対心を燃やしてしまうので、寝ている間はそっとしておいてやろうと思います。

Dscf0588

 実によく似ている2個の充電池。下はご存じエネループのモバイルブースター(L2AS)で、上はPanasonicの新鋭Charge Padなる製品です。エネループにあるACアダプタからの入力用コネクタがミニUSBに一本化されているところや、表面の手触りがマットな感じになっているところなど、実際に手に取ってみるとけっこう違いますが、店頭で見ると同じ製品でパッケージが違うだけか、なんて思う人がいても不思議ではありません。

Dscf0566

 正しくは右の製品がチャージパッドで、左が充電式電池パック。この電池パックはUSBやACアダプタからの給電で充電することも出来ますが、右のパッドの上に置くことでも充電が出来るというのが売りです。WPCが提唱するワイヤレス充電規格Qi(チー)に対応した製品なのです。

Dscf0568

 さすがPanasonic、と思わせてくれるのがこれ。ほんと、小さな子どもでも扱える電化製品を作るというのが会社の方針なんでしょうね。メカ音痴の私には神様みたいな会社で、あまりに畏れ多いので極力この会社の製品は買わないのですが、他に選択肢が無いものは仕方がありません。

Dscf0580

 充電中の様子です。有線でつないでもこのパッドに置いても、約7時間で満充電となるのは変わりません。先ほどの保護シートを貼った範囲が充電エリアで、この範囲内であればどこに置いても充電されることになっています。

Dscf0577

 充電する機器をパッドの上に置くと、写真のような光の輪が現れ、充電対象の機器のところまで移動します。このときにけっこう大きめのブーンという音がしますが、これが充電用のコイルが移動している音なのでしょう。

Dscf0578

 この光の輪は、間違えることなくきちんと充電対象の機器の下まで移動して姿を消します。それと同時に、パッド本体に青いランプがともり、充電対象の電池パックにも充電中を示すインジケーターが点灯します。電気の基礎を学んでいれば不可能なことではないとわかるものの、実に不思議で、かつおもしろいものですね。

Dscf0584

« スイスから来た?般若心経 | トップページ | 修学旅行のお値段 »

コメント

その上に鉄板置いたらどうなるの?
ヤカン置いたら湯沸くの?
万年筆置いたらインクが沸騰するとか?

 マオぢぃ さん

 うむ、いかにも理科系らしい反応ですね。
文化系バリバリの私には意味すらわかりません。
笑かしたらへそでお茶が沸くのと同じ理屈ですか。

 冗談はさておいて、そのへん、気になりますね。
電磁波でまくりなので、こいつで携帯電話を充電
するっていうのも、iPhoneでは実現してますけど
docomoなんかはまだまだ慎重なようです。

あー、パナはサンヨーを吸収して、電池事業もいっしょにするそうですからねえ。
電磁波については、IHをとっても慎重に扱っているメーカーの人に聞いたのですが、やはりどんな影響が出るかわからないので、ちょっと怖いと。
やっぱり、少し不便なくらいが、にんげん、馬鹿にならないのじゃないかなあ。
(猫は馬や鹿にはなりませんが、わがままです)

白髪猫さん

そう、電磁波でなんの影響もないっていう方がおかしいですもんねぇ。このワイヤレス充電にしても、今に何か心配な話が出てくるんでしょうね。

あ、うちに、黒いサーフボードみたいなの上に、小型クレイドルに刺した
iPhoneを最大3つ並べられる充電器あります。

やっぱり、未知のリスクがあるんでしょうか?

ブラウンの歯ブラシはもう10年以上も前から非接触型の充電式でしたが、
固定電話の子機のクレイドルは金属接点がいくつかあって、ちょっとした
振動でズレて電話をかけるモードになってウザったくてたまりません。
なんでブラウンみたいにしないのか不思議でなりませんでした。

でも、同じ意味では、携帯はもとより、ワイヤレス子機や無線ルータもヤバいんですよね。

つばくろ さん

やはり水のかかるところで使うということから、早い時期に非接触型となったのでしょうね。ほぼ全ての電動歯ブラシがそんな感じですものね。

でも複数の機器を置いて順次充電できるとか、やはりべんりそうです。安全性の問題なんかは気になりますが、利便性だけでいったら素晴らしいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038526

この記事へのトラックバック一覧です: チー:

« スイスから来た?般若心経 | トップページ | 修学旅行のお値段 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31