フォト

最近のトラックバック

« 李炳憲 | トップページ | 捨てがたい箱 »

2011年5月22日 (日)

触発される・2

Rimg0850

 飼い主が帰ってくると大騒ぎしておやつをねだり、それが一段落するとこうして爆睡モードに移行する「くま(仮名)」さん。よく寝てますが、脚がこんな風になっていて疲れないのでしょうか。おっぱいも少し見えておりますが、犬の場合、そこは別段恥ずかしいところでもないようです。

 人間の場合、寄生虫たくさん持ってたりしませんよ、というアピールとして腰のくびれが強調されたり、しっかりあなたの子を育てます、というアピールとして乳房の位置がお腹から胸に上がってきたりしたのだ、などという説を目にしたことがありますが、そんなとき思い出すのが「利己的な遺伝子」という本。目の当たりにするととても読む気にはならない本なので要旨を紹介していたのを読んだことがあるだけですが、生き物の体ってそれ自体がタイムカプセルのようなものなのかもしれませんね。

Rimg0851

 ヘンタイエプロンの上に整列した、少し古めのPILOT萬年筆。上の2本がスーパー500、いわゆるウルトラスーパーというやつで、1959年発売といいますから私より年上です。一番下の1本は1995年に創業77周年記念として復刻されたもので、これはPILOTウルトラ、で良かったのではないかと思います。

 これ、3本とも現役です。こんな貴重なペンを使うなんて、という声もありますけれども、萬年筆は使ってこそ、です。とはいえ、いちばんよく使うのは3本目のウルトラ。軸が重く、書きやすく感じられるためです。

Rimg0852

 みずうみのほとりに生息している「静かなる悪魔」さんのブログに触発されて、そういえばスーパー500の方は最近使ってないから洗わなくては、とキャップを抜いてびっくりです。

 インナーキャップが首軸にくっついて出てきてしまいました。こういうのは珍しいので、この際、じっくりと観察してみることにしたのですが、事態はそれほど楽観的でもなさそうです。

Rimg0854

 細い金属部分がもともとこういう構造なのか、破断しているのかは不明ですが、長さの短いものもあるので、金属疲労で折れてしまったのかもしれません。べっとりとインクがついているあたり、洗ってもこすっても落ちませんし、少し盛り上がっております。

 樹脂製と思われるインナーキャップの先端が「みぞ」になっているのは、凝ったスプリング式のクリップを逃げるためでしょうか。滅多に見られないものを見せてくれてありがとう、というべきなのでしょうね。

Rimg0855

 正しい抜き身の整列。ある程度萬年筆を知っている人が初めてこのペンを見ると、ペン先に続くように巧い具合に「描いて」ありますね、などとおっしゃることが多いのですが、ペン先に見える部分はすべてペン先です。

 首軸を作ってからペン先の分だけ削った、とか、射出成型する機械の中にペン先を入れ、そこに樹脂を射出した、とか、時代ごと、部位ごとにいろいろな作り方がされたようですが、その辺は工場の人に聞いてみないとわかりませんね。

Rimg0860

 スーパー500の方は、この時代のPILOTらしく、レバー式の吸入機構。金色の筒の中にはゴムサックが入っていて、お尻のレバーを90度倒しては起こすという操作を2、3度繰り返してインクを吸入します。

 ウルトラの方はCON-70相当の吸入機構。このこともあって、ガシガシ使うならウルトラの方に軍配が上がります。ただ、金属製の軸がやや重たい上にツルンとしていますので、汗をかくとよく滑ります。娘が高校受験の年、父の喪中で神社にお参りに行けなかったので、安倍文殊院にお参りし、般若心経を写して奉納するのに、このウルトラを使いましたが、気合いを入れたので良く滑りました。おかげで、本番の方は合格となりましたが・・・。

Rimg0862

 自動車業界でいえば間違いなくトヨタなPILOT。トヨタ車はもらっても乗らない、というほど嫌いな私がPILOTをたくさん集めてるなんていうのも、おもしろいものですね。

« 李炳憲 | トップページ | 捨てがたい箱 »

コメント

今元町のお店に素敵なペンケースを頼んでおります!ちょうど細身の万年筆が2本入るとのことなので、ウルトラスーパーに久しぶりにインクを入れて使ってみようかな〜と思っております!

まーた、トンデモナイペンを三本もお持ちで~!
しかし、金色の筒のモデルがあったのですな。

「謎の宇宙生物」かと思ってしまいました。

 たがみ たけし さん

 いいですよねぇ、ウルトラ。ところで素敵なのって
カンダミサコさんですか?

 二右衛門半 さん

 そう、とんでもないです。しかもオリヂナルが
2本というところが二右衛門半(普通名詞)して
ますね、我ながら。

 すーぱー500と揃いのシャープペンシルが
手に入ると嬉しいですが道は遠そうです。

 ヤッター万 さん

 今日あたりから、謎の宇宙生物になるのを
回避できた阿修羅像、再開の予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038491

この記事へのトラックバック一覧です: 触発される・2:

« 李炳憲 | トップページ | 捨てがたい箱 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30