フォト

最近のトラックバック

« 谷間 | トップページ | そして、謎が、残った »

2011年5月 3日 (火)

阿修羅07

Rimg0581

 あぁ何と可愛い姿で寝ているのだろう、と写真を撮りに近づいたら、ささっと顔を上げてしまう「ちち(仮名)」さん。現在の獲物はRICHOのCX3ですが、パッシブAFもついているCX5に換えたらちょっとはマシなのかな、などと思いつつ、やはり安定して動いているカメラは手放せません。

 デジカメ用にとEye-Fiカードなるものを買ったのですが、なぜかアカウント登録でハネられまくり。けっこう環境を選ぶようです。カメラに入れる前にこれですので、動作検証もされていない新しいカメラで使うのはちょっと怖い、という事情もあります。

Rimg0564

 阿修羅像の下半身を上からのぞき込んだところです。赤いラインが見えますが、このラインにあわせて「矯正パーツ」なるものを入れなくてはならないのだそうです。要は、阿修羅像の下半身がきれいな形(本来の形)になるように、出るところは出して、へこませるところはへこませるということなのでしょう。

Rimg0565

 これが矯正パーツです。もし難しければ、オレンジ色のところを切り取ってからはめ込んでみるように指示されているのですが、そう言われると切り取らずに入れてみたくなるもので、無謀にもそのままはめ込む道を選んでしまいました。

 このパーツの下端を、胴体内部に見える赤いラインに合わせて接着します、とあるのですが、上からこんなリングを入れて、どうやって赤いラインに合わせるのでしょうか。このパーツに隠れてラインなんて見えないのですから。

Rimg0566

 とりあえず、無理矢理はめ込んでみたところです。矯正パーツの高さがおよそ2センチですので、あらかじめ赤いラインから2センチ上に何カ所か印をつけ、そこに矯正パーツの上端を合わせます。でもこれ、このペーパークラフトを作った人がやってくれていたらもっと楽だったはずですので、もし改訂版が出るならば改良していただきたいところです。ちなみにこの本の表紙には、Ver1.2という表示があります。

Rimg0569

 で、そこから5月1日の記事の最後に登場したこの写真の状態になるまでの間、それこそ一心不乱に製作していて、写真を撮っておりません。ちょうど腰のベルトあたり、段がついて出っ張っていますが、その部分の造形が非常に複雑で、糊付けが異常に難しかったので、写真を撮る余裕がありませんでした。

 この先、胴体、手、顔といくわけですが、ざっと見る限り、この下半身が一番難しい工程、トンネル工事でいえば破砕帯にぶち当たって大出水、という感じでした。近づいて見ると、あぁここも、そこもという感じで、あちこちに破綻した部分がありますが、ありがたい阿修羅像、離れて拝むべきものですから大丈夫、ということにしておきましょう。

Rimg0598

« 谷間 | トップページ | そして、謎が、残った »

コメント

ご無沙汰しております
 暫く見ぬ間にスカイツリーの製作ブログのようになっておるではありませんか(笑)
 今、ウチではありえない細かな(ぜーったい娘が何個か部品を食べる(苦笑))製作は、テキトーをモットーとする僕には尊敬の念を思い浮かべるより他はありません
 完成した際のカタルシスは、きっと今の困難さの何倍にもなるんでしょうね!

デジカメですが、私は最近は娘から結婚式の父親へのお礼の時にもらったピンクのパナの小さなDMA-S1を持って歩いてますが結構暗いところでも写って気に入っています。
Eye-Fiですかあ?
私日本で売り出す前に買いましたが、結構いけまっせ。
(GX200でも動いているからCXでも大丈夫だと思うけど)

 ともぞー さん

 そうそう、何かに似てると思ったらスカイツリー
ですわ。下から上へと伸びて行ってますのでね。

 あと少しで胴体が完成したら、いよいよ手の製作
に入るのです。

 マオぢぃ さん

 悲しかったのは、時期FX本命のCASIO機
がEye-Fiまったく対応せず、だったことですねぇ。

 集合写真とか、引きのないところで大きなもの
撮ったりするので広角が必須。今28ミリですが
歪んでもいいので24、5ミリスタートのものに
したいなぁと思ってます。長い方で300超える
のが普通に出てますものね、えぐい時代です。

そういえば先日の娘の結婚式の時はGX200を使っていましたが広角に不便は感じなかったですね。
24mmだったからでしょうね。

書き忘れましたが、Eye-Fiの初期の中古では登録では問題が起こるようです。(今の製品では知りません)
新品で自分のアドレスを登録するとカードが覚えてしまって変更は効かないようです。
これを解する手段は無く製造元に送り返す必要が有ります。
あくまで最初のバージョンの製品についてに知識ですけど。

 マオぢぃ さん

 やはりGX系はCX系よりもしっとりと写る
感じがしますね。とっさのスナップにはあまり
向かない感じですけれども。

 Eye-Fiカードですけれど、初手からいきなり
「このパスワードでは登録できない」などと、
条件に合った和すワードを入れているのにも
かかわらずハネられております。どうしたら
解決出来るのか、いろいろ弄るのもおもしろい
ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038472

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅07:

« 谷間 | トップページ | そして、謎が、残った »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31