フォト

最近のトラックバック

« うらがわ | トップページ | 白衣は? »

2011年5月10日 (火)

阿修羅09

Rimg0706

 眠っている「くま(仮名)」さんの前脚が、何ともいえない曲がり具合です。大型連休が明けて通常の生活に戻ると、とたんに阿修羅像の製作が滞り始めました。仕事を終えて帰ってきたらヘロヘロ。1ページ分ほどパーツを切り出したところでダウン、という日が続いておりますが、今日は志を強くもって(そんなたいそうな!)2本ほど腕を作りました。

Rimg0747

 切り出したパーツをくるっと丸めて管状にしたものをつないでいくと腕になります。こう書いてしまうと簡単ですが、「くま(仮名)」さんの前脚のようにカクッと曲がった形状に仕上げなければいけませんので、不器用な私にとって、貼り合わせる作業は困難を極めます。

 上の写真で180、195と番号のあるところに糊を塗ったら、ググッと曲げながら接着します。糊が乾くまで、管状のパーツの中と外から糊しろの部分をおさえていなくてはいけませんが、太い指ではなかなか思うようにいきません。

Rimg0750

 うまくいくとこんな感じです。このパーツの仕上がりは、肩からもげたお人形さんの腕のような感じですが、次第にそれらしい形になっていくほどに作業の難易度も上がっていくのです。

 どんどんパーツをつなげていくうちに、管状のパーツの中に指が入らなくなるので、糊しろをしっかりとおさえることができなくなります。

Rimg0755

 この写真はヤラセの1枚。管状の腕の中に入れたアートナイフの柄と左手の親指とで、糊しろの部分をぐぐっとおさえてしっかりと貼り付けようとしている、そんな作業のイメージです。左手の薬指のあたりを見ればわかるように、このパーツはまだ完全に貼り合わされていませんから、こんなややこしいことをする必要はありません。

Rimg0756

 同じパーツを反対側から見たところ。人差し指と親指とで挟んでいる部分がしっかりと接着できたら、他の糊しろ全てに糊を塗り、一気に接合してしまいます。そのとき、前の写真のように腕の中に棒のようなものを挿し込んで内側から糊しろを押しつける必要が出てくるのです。

Rimg0754

 指を糊でベトベトにしながら悪戦苦闘すること小一時間、ようやく何本かの腕が出来上がってきたところです。左右合わせて6本ある腕のうち、本日完成したのは右腕2本だけ。この調子でいくと、今週末までに6本の腕が出来上がれば御の字、という感じです。

 腕が出来上がったら次はいよいよ頭、そして最後に手を作って完成となりますが、この調子では今月中の完成は難しいかもしれません。

Rimg0761

« うらがわ | トップページ | 白衣は? »

コメント

物体Xか原発のパイプでしょうか(笑)
この工作は難しそうですね〜。ご苦労様です。

 mercryo さん

 物体X、まさにそんな感じです。腕は6本ですが
作り方が基本的に同じなので、手数は多いのに説明
はたった1ページだけ。けっこう試行錯誤です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038479

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅09:

« うらがわ | トップページ | 白衣は? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30